オフスキンケアの考えを元に、手持ちのコスメを徹底的に手放しました!
スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

 

大好きな家に引きこもることができて、かつてないほどストレスフリーなはずなのに…

数ヶ月前からひどい肌荒れに悩まされています(T_T)

特にフェイスライン…今流行りのマスクの擦れや蒸れによるニキビでしょうか?

 

「なんとかしなければー!」と思って某有名なビタミン系の化粧水を購入して、肌に使用してみたら…

も っ と 荒 れ た…!orz

 

口コミでいいと言われたどんなコスメを試してみても、皮膚科に通っても(←短期間だけど)、肌断食をしてみても…

物心ついた頃からさんざん悩まされてきたこのしつこいニキビは、完治したことは一度もありませんでした。(どこかにニキビ跡があったり、小さな吹き出物があったり…)

 

自分の肌にはどんな美容法やコスメがあうのかわからない!それにどんな成分が合わないのか、自分でちゃんとわかるようになりたい…!

 

そう考えている私に一番ヒットしたのが、かずのすけ先生の本でした。

 

スポンサーリンク

どんな敏感肌でも美肌になれる!オフスキンケア

かずのすけ先生は化粧品評論ブロガーとしてブログを書かれていたり、YouTubeなんかもやっておられるんですが…

それはそれはもう、肌がキレイなんです…!

アトピー体質というのが信じられないくらい、透明感があるんです。 

しかも私と同い年ときたもんだ。

 

私もあんな肌になりたくて、貪るように読んだよね…。笑

 

で、実際に読んでみた感想は…

求めていたのは、いういう本だー!

って感じです。

私が知りたかったことがぎゅっと詰まっていた!

 

ということで

個人的にヒットしたところや、面白かった部分をざっくりあげてみますね(^^)

・現代人の7割は敏感肌と言われ、敏感肌とアトピー体質の差は曖昧
・石鹸は肌に優しい洗剤じゃない(でも市場の洗顔料の9割は石鹸)
・オイルクレンジングや界面活性剤は必ずしも悪ではない。見極めが大事!
・医薬品を使い続けるうちは美肌になれない
・やっぱりセラミドは正義!
・オーガニック、天然、精油などは刺激になりえる
・「防腐剤無添加」はむしろ肌荒れの元
・化繊の衣類による静電気も肌荒れの元
・保湿剤より洗浄剤にこだわるのが◎
・ニキビ肌にはグリセリンや油分は✕

…などなど。

 

これでもほんの一部しか書き出してないんですが、どんな肌質の人が読んでも参考になる部分はありそうだなーという印象でした(º﹃º )

敏感肌、アトピー体質の方にはもちろんおすすめなんですが、特に読んで欲しいと思うのは「宇津木式美容」や「肌断食」に失敗した人です!(つまり私。笑)

 

Kindle Unlimitedでも読めますので、興味があったら是非実際に読んでいただきたい…!

私は面白くて、すぐ読み終わっちゃいましたよ〜

 

手持ちの化粧品で手放したモノ

ということで、早速この本を参考にして化粧品を手放していきます!

成分の見方は以下の通り。

・化粧品の全成分表示を見る
・1行目に注目し、主成分を見極める
・保湿成分、○○エキスなどは無視でOK
・刺激がある成分も下の方に書かれていれば無視でOK
・防腐剤は気にしない

私の場合は「敏感肌」「慢性的なニキビ肌」という程で、手持ちの化粧品の中に苦手な成分がないかどうかを基準として手放していきます。

 

ちなみに私の肌が「敏感肌」で「慢性的なニキビ肌」だから刺激となる可能性があるものを手放すだけであって、

今からあげるものが「悪いコスメ」とかでは、決してないですからね〜!

 

では、いきます\(^o^)/

 

メディコルの洗顔パウダー

メディコルは肌に優しいイメージだったので購入したんですが、成分を見ると

パルミチン酸K、ステアリン酸K、ミリスチン酸K、ラウリン酸K

という、すべて液体石鹸の成分でした。

「石鹸」はアルカリ性なので、洗浄力は「強」ということになります。

 

しかも防腐剤無添加なのにお風呂場で使用していた為、品質も変化している可能性があります…!(でもこれは完全に私のせい。笑)

 

これを機に脱石鹸し、より洗浄力の弱い洗浄剤に変えようと思います。

 

ハヌルホス クレンジングパウダー

韓国の漢方スクラブです。

最近は肌が荒れっぱなしで使用していませんでしたが、敏感肌にスクラブは大きな負担になるそう(そりゃそうだ。笑)なので、これを機に手放します。

残量が多かったので、メルカリにてドナドナ!

 

アンレーベル ミセラークレンジングウォーター

大容量だし安いし、刺激も特に感じずに使いやすい印象だったんですが

コットンで拭き取るタイプのクレンジングは肌を擦って刺激を与えることになるそうです。

「ひたひたにすれば問題ないんじゃ…?」とは思いつつも、「やるなら徹底的にやりたい!」ということで手放すことにしました。(欲しがってた妹に譲りました)

 

バニラコ クレンジングバーム

これは肌に伸ばした時に摩擦が生じにくく、角栓なんかも面白いようにぽろぽろ取れるのでかなりお気に入りだったんですが、脱脂力が強いとされるエステル系のクレンジングでした。

肌が荒れるとか、特に不満があるわけではなかったのですが、油脂系クレンジングを試してみたかったこともあり、今回は一度手放すことにしました。

でも…本当にこのクレンジングバームはかなり好き!

バーム系の中でも安めなので、気になった方はチェックしてみてくださいね(^^)

 

アルジタル グリーンクレイペースト

毛穴汚れやニキビ肌にいいと話題の泥パックですが、ニキビ肌は避けたいグリセリンや敏感肌には刺激になりそうなエタノールが入っていました。

すぐに洗い流すものなのでそこまで気にしなくてもいいかなぁ…とは思いつつも、やっぱりやるなら徹底的にやりたいので一度手放すことに決めました!

 

アルジタルのグリーンクレイペーストって香りが強めでかなり好き嫌いが分かれるんですが、ラベンダーみたいなハーブ系の香り…嫌いじゃなかった…!(どうでもいい情報w)

 

ウィラードウォーター(原液)

約一年前に購入したウィラードウォーターの原液…ですが、多分開封してからの使用期限が切れたので処分します。(理由がオフスキンケアに関係してないけれど…w)

ちなみに荒れたりはしませんでしたが、定期的にスプレーボトルを購入したり水で希釈して使うのが面倒に感じたので、多分もうリピはしません…。(←ズボラw)

 

アルブラン 日焼け止め

これまで化粧下地兼日焼け止めとして使用していたんですが、実はよく肌がチクチクして痒くなってました…。

成分表示がかなり多いので、素人目にはどの成分が合わないのか特定が難しかったのですが、とりあえず「紫外線吸収剤を使用しているから合わなかった」でいいのかなという結論に至りました。

「肌が弱い人は紫外線吸収剤を避けたほうがいい」ということは知っていたのですが、「もしかしたら私、肌弱くないかもしれないし」という謎の自信のせいで手放せなかったけど…(笑

いいきっかけなので、これを機に「紫外線散乱剤」のものに買い替えようと思います(^^)

 

モアリップ

働いていた時によくリップクリーム代わりに使用していたんですが、これ、医薬品(お薬)なので常用してはいけないんですね^^;

これまでは医薬品・医薬部外品・化粧品の違いについてはあまりよく理解していませんでしたし、正直あまり関心もなかったんですが…

本を読んでからは、かなり意識が変わりました!

 

これからはパッケージに「医薬品」の文字がないかよく確認してから購入しようと思います。(買う時は、明らかに症状がある時だけ!)

 

最後に

私はこれまで様々な化粧品に手を出してきては、失敗してきました。

 

その理由は

有名な美容家さんがおすすめしてたから、本にいい成分だと書いてあったから、エビデンスがあると言っていたから…間違いないだろう。

と、私以外の別の誰かの基準でいいとされてるモノの中から選んでいたから。

 

「自分に合うものは自分で選ぶしかない。

…でも何を基準に、どんな風に選んだらいいのかわからない。」

 

…つい最近までこんな感じだった私ですが

かずのすけ先生の本やブログを読んだり動画を見たりしているうちに、自分にとって何が必要で何が不要なのかが、ある程度は判断できるようになってきました(^^)

 

「肌断食」はなるべく何も付けない美容法でしたが

「オフスキンケア」は、ある程度『化粧品を楽しむことができる』のが魅力の美容法です。

 

まだ使い始めて間もないんですが

この本を読んでから選んだコスメは全て使用感や感触が好みのものばかりで、スキンケアがものすごく楽しくなりましたよ(^^)

 

近いうちに買った化粧品をまとめて紹介しますね〜!

 

おわりっ。

スポンサーリンク