夜ココアを辞めただけで、すんなり朝型生活に戻れました!
スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

 

先月中旬あたりからどうしても夜型のサイクルが抜けなかった私でしたが…

 

やっと、やっと…!

朝型のサイクルに戻れました…!

 

いやー、夜眠れないの本当に辛かった!直って良かったよ〜…!泣

 

スポンサーリンク

寝付けない原因はやっぱり「純ココア」だった

一ヶ月前までは

「私の夜型生活が直らないのは、きっと生まれながらにして夜型人間だからなんだ…!」

なんて嘆いていたんですが

 

もっと冷静になって(←笑)考えてみた結果

「もしかして、昼夜関係なく純ココアとハイカカオチョコを摂取していたからじゃ…?」

という結論にいきつきました。

 

この記事を書いた後、テオブロミンの摂取量を減らすべく

・純ココアを飲む場合は午前中に1杯だけ
・ハイカカオチョコを食べる量を減らすor低カカオなミルクチョコに置き換える

ということを実践したんですが…

 

なんと、翌日からすんなり眠れるようになりました…!

 

やっぱり私が眠れなくなったのは

・カフェイン(コーヒーとか)
・テオブロミン(ハイカカオチョコとか純ココア)
・テオフィリン(緑茶とか)

などの覚醒作用のある成分が原因だったようです。

 

とにかく、原因がわかって良かった…!(T_T)

 

最後に

テオブロミンの量を減らせば眠れるということがわかったのですが

「純ココア一杯じゃ物足りない…」と思ったので、杯数を増やしてみました。

 

その結果

私の場合は夕飯以降にテオブロミンを摂取しなければ、純ココアは2杯飲んでもOKっぽいことがわかりました!

 

なので現在は

・純ココアは午前中と15時(おやつ代わり)の2杯までならOK
・チョコを食べたくなったら、ガムで代用する
(それでも食べたかったら数粒食べる)

というところに落ち着いています(^^)

 

「我ながらゆる〜いルールでやってるなぁ」と思いますが(笑)、

この方法を実践してから眠れなかったことはこの2週間で一度もないので、体にあっているんだと思います\(^o^)/

 

やっぱり、食べ物って大事なんですね〜^^;

 

「カカオ」一つでこうも体調に変化が出るなんて…俄然食べ物に興味湧いてきたぞ…!

 

今後の私の食生活が、ガラッと変わる予感です(^^)

 

おわりっ。

スポンサーリンク