最近の手放し方)すぐに捨てる決心がつかないモノは、「とりあえずボックス」にまとめて入れておく
スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

 

これまで多くのモノを手放してきましたが

未だに「使っていないとわかっていても、すぐに捨てる決心がつけられないモノ」が出てきます。

 

そういったモノが出てきた場合はそのまま元の場所に戻すのではなくて…

種類(服、食器、本、コスメなど)を問わず、一箇所にまとめておくようにしています(^^)

 

スポンサーリンク

空いた収納ボックスを「とりあえずボックス」として活用する

少し前に、洋服を押入れにしまおうと思って天馬のフィッツケースを購入しました。

その際にキャスター付きのチェストが空いたので、これを「使用頻度が少ないもの&捨てるかどうか迷ったモノ入れ」として活用しています。

長いので「とりあえずボックス」とします。笑

今回は主に押入れの整理がしたいので…

ゴロゴロ…

「とりあえずボックス」を押入れの前へ!(キャスター付きって便利。笑)

 

ということで早速

使用頻度の少ないモノや、捨てようか迷っているものをポイポイ詰め込んでいきます♪

派遣をしていた時に使っていたスープジャーや水筒、妹が欲しがるかも?と思った化粧品の試供品や香水のサンプルを詰め詰め…

最近使用していない食器やインテリアライトなんかも、種類問わず無差別に詰め詰め…。

お片付けの途中に見つけたガジェットの空き箱などは、そのまま処分します!

…。

結構出てくる。笑

売るかもしれないスマホなどの箱ならまだしも、充電ケーブルやモバイルバッテリーの箱は残しておいても使わないですもんね!

捨てましょう。うん。

とは言いつつも、キレイな箱だとついつい一定期間とっておきたくなる私…。笑

 

さて。

気を取り直して、お次は洋服を詰め詰め。

手放すまではいかなくても、最近着用頻度が低い…というレベルの洋服も、一度こちらに移しておきます。

 

…よし、完了!

この時点ではほぼ何も捨てていないにも関わらず、各収納スペースからノイズとなるものを取り除いたので使いやすさが上がり、見た目もスッキリしました!

 

「とりあえずボックス」に入れたモノは随時チェックする

ノイズが集約されたこの「とりあえずボックス」の中身は、出来るだけ高頻度でチェックするようにしています。

 

すると、

少し前まで処分できなかったモノが、時間がたつと意外とすんなり手放せるようになったり

「どうして私はこれを使わない(捨てられないor捨てたい)んだろう?」と何度もモノと向き合うことで、だんだん使わない理由が見えてきて納得して手放せるようになったりするんです。

予め一箇所にまとめてあるおかげで、気が向いた時にすぐ「要る要らない」の判断に取り掛かることが出来る!

 

他にも

妹や両親が遊びにきたタイミングで「欲しい物があればお好きにどうぞ〜」と貰ってもらうこともあります♪(メルカリで手放すことも!)

 

…とまぁこんな感じで、 

その場では「手放す!」と即決出来なかったモノは、時間をかけてちゃんと向き合ってから手放すようにしています(^^)

 

「とりあえずボックス」に頼らなくてもバシバシ取捨選択できるようになるその日まで、しばらくはこの方法で手放しを続けていこうと思います♪

 

最後に

ちなみに

「とりあえずボックス」に入れたものは必ずしも捨てる!とは決めず、やっぱり必要だな〜と感じた場合は再度活用しておっけー◎

というゆるいルールにしています。

 

一番大切なのは「捨てること」ではなくて

使わないのに捨てられない理由は何なのかをよく考えることで、モノを通して自分の本心に気づくことだと思っているからです。

 

自分の軸や基準が明確な人の場合、「要る要らない」の判断や白黒が早く付けられるのでしょうけど…

私はまだまだ優柔不断なので…!ԅ(º﹃ºԅ)

 

あえてグレーゾーン(ここでいう「とりあえずボックス」)を設けて、よ〜く考えて、悩みに悩んで、じっくり向き合って…

コツコツと自分軸をつくっていこうと思います♪

 

向き合った分だけ自分軸が鍛えられる…まるで筋トレのようだ!頑張ろ…!

 

おわりっ。

スポンサーリンク