スポンサーリンク

水筒を手放して500mlペットボトルをまとめ買いしたら、色々楽になった

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

実は私、ついこの間まで愛用していた水筒を手放しました

手放した理由は、水筒のパッキンが行方不明になったからです。

私が使用していた水筒にはパッキンが2つついているのですが、どうしてもその内の片方だけ見つからない…。

無理矢理使おうと思ったのですが(往生際が悪いw)、蓋がかぱかぱゆるゆるで全く閉めることができず…

手放さざるを得ない状況となりました。

…ぐすん。泣

スポンサーリンク

コンビニで水を購入したが、高かった

私は仕事がある日は

ケトルでお湯を沸かし、暖かいよもぎ茶を作って水筒に入れ、それを職場に持っていく…

というのが、朝の習慣になっています。

その日も例のごとく、この水筒によもぎ茶を入れていたのですが…

蓋を閉める段階でやっとパッキンがないことに気づいたんです。(遅いわw)

ほんと焦りました。笑

朝から新たな水筒を購入しにいくわけにもいきませんし、

仕方がないので当日はコンビニでペットボトルの水を100円で購入しました。

その時に思ったこと。

「水、たっか…。笑」

水筒生活に慣れていると、一本のペットボトルの水が異様に高く感じてしょうが無いんです。

自宅で入れてくれば、(手間こそかかりますが)よもぎ茶だってコーヒーだってルイボスティーだって、初期投資や電気代を含めても数十円で飲めます

まぁ…今回は間に合わせだから仕方ないんですが。

毎朝ペットボトルを買い続けるのは、コンビニに寄る時間もお金も勿体無い…!

「うーん…なんとかしなければ…。」

買ったお水をちびちび飲みながら、今後どうするか私は考えました。

スポンサーリンク

私が選んだのは、「水筒」ではなく「ペットボトルの箱買い」

新たな水筒を購入して今まで通りの生活をしても良かったのですが、これから段々と暖かくなってきます。

「わざわざ沸かしてまで、夏まで熱々のよもぎ茶は飲みたくないかも…」

かといって

氷を入れてキンキンに冷えた飲み物も飲みたくないんです。

「冬さえ越えてしまえば、もう常温で十分!だとしたら、今は水筒、要らないか。」

という結論に至りました。

そこで…

水筒を購入せず、試験的にペットボトル生活を取り入れてみることにしました。

もちろん水は毎朝購入するのではなく、予め通販でまとめ買いしています。

スポンサーリンク

ペットボトル生活のメリット

水筒を使わずにペットボトルで過ごすことのメリットについて、ちょこっと考えてみました。

これから「ペットボトル生活」を試したい方の参考になれば幸いです。

時間の節約になる

水筒生活の時は

「今日は睡眠不足だからコーヒーにしようかな、寒いからよもぎ茶にしようかな。」

という選択の楽しさがありましたが、何を入れるにしても手間と時間がかかっていました

ですが、今は

「ペットボトル一本を取って、バッグにぽい。」

ほんの数秒で支度が終わりますので、飲み物の準備に関してはこれ以上の時短はないはず…!

しかも

予めまとめ買いしてあるので、毎朝コンビニやスーパーに寄って行列に並ぶ必要もありません

駅前のコンビニって朝、地味に混んでるんですよね…。苦笑

水筒を洗う手間がない

水筒は使ったら、毎晩分解して、それぞれのパーツを洗って、乾かして…という手間が発生します。

正直、面倒ですよね。笑

ですが

ペットボトルであれば飲みきったらゴミ箱にぽい!です。

夜洗う手間がないだけで、管理がぐっと楽になります。

衛生的

水筒であれば、万が一洗い残しがある場合、雑菌の心配があります。(暖かい時は特に心配…)

ですが

ペットボトルであれば毎日新しいものを持ち歩くことになるので衛生的

水筒より手間がかからないのに安心して飲むことが出来ます。

まとめ買いで100円→約49円(3月22日/Amazon)に

一回一回買うと料金も高くついてしまいますが、

1ケース(24本)や2ケース(48本)をまとめて買うことでかなり安く購入することが出来ます。

私は簡易包装されてるエコペットボトルのクリスタルガイザー(500ml✕24本)を購入しました。

このペットボトルは柔らかくて潰しやすいので、ゴミに出す時ももかさばりにくく、しかもお値段も安く購入することが出来ました。

おすすめします(^^)

災害時の常備水として

災害時などのいざという時、お水が確保できているかどうかで安心感が変わってくると思います

普段からこのペットボトルの水を飲むことで、わざわざ非常時専用の水を用意していなくても災害時の備えに使うことが出来ます

しかも

基本的に毎日一本ずつ飲んでいくのでストックが古くなることもありませんし、

特に意識することなくメンテが完結するのはメリットであると言えると思います。

スポンサーリンク

デメリット

今度はデメリットについて考えてみたいと思います。

「そもそも非エコだ!」

という意見もありそうですが…

一旦そこは置いておいて、それ以外でいきたいと思います。←

コストがかかる

数ヶ月に一度水をまとめて購入するので、水筒を使用している時よりはコストがかかってしまいます

ちなみに私の場合は(現状では)1ヶ月15日労働なので、24本入りですと2ヶ月しないうちに追加購入することになります。

週5日労働の方ですと、ほぼ1ヶ月で1箱飲みきる感じになりますね。こっちのが計算しやすい!

しかし

一度1000円前後で購入してしまえば約2ヶ月持つんだなー」と思えば、私はそこまで高いと感じません。

仮にコンビニで毎日買ったとしたら、最低2400円はかかる計算になりますしね…

うん。これはでかい。

ゴミが増える

水筒の時は容器を使い回せるのでゴミが出ませんでしたが、ペットボトルは毎日飲み切りで捨てる為、確実にゴミが増えます

ただ

私はエコペットボトルを選択しましたので、飲み終わった後は簡単に小さく潰すことが出来ます。(いろはすのような感じ)

ゴミが増えることは避けられませんが、コンパクトにしてから捨てることで対策していこうと思います。

嵩張るのでストックを置く場所が必要

1ケースだけ購入したとしても500mlペットボトルが24本届くので、それなりの保管場所は必要になります。

ただ、「災害時の常備水も兼ねている」と割り切ってしまえば、それはそれで妥協できる気もします。

ちなみに

我が家は台所に収納スペースがあまりありませんので、押入れにて常温でひっそりと保存しています。笑

スポンサーリンク

最後に

ということで、

パッキンの無い水筒を手放して、しばらくの間はペットボトル生活に切り替えてみることにしました。

最初の方で「試験的に」と書きましたが、

それはもし途中で

「やっぱり職場でコーヒーも飲みたい…」

とか、

「寒くなってきたから暖かいものが飲みたい…」

という欲が沸いてきたら、きっとまた私は水筒を導入することになると思いますので…

ね、そういうことです。笑

ちなみに候補としては強炭酸水を導入することも考えました。

水に飽きたら、その時検討します。笑

水筒がないうちに「水筒無し生活」を、存分に楽しんでみたいと思います(^^)

ではでは〜

コメント