好きなモノ「だけ」に囲まれて暮らしたい、買い物好きなミニマリストの雑記ブログ

雑記

高級下着を辞めることで私が得られた5つのメリット

投稿日:2017-09-18 更新日:

ご訪問ありがとうございます。かるめです。

本日は、今までずーーーーっと頑なにこだわってきたブラを辞めてみて得られたメリットについて話したいと思います。

 

下着にこだわっていた過去の私

20歳位の頃、たまたま寄った古本屋さんで見かけたブラジャーに関する書籍が目に止まりました。それまでの私は「つけられたらいいんじゃないの?数が必要だから安いほうがいいんじゃないの?」位にしか考えていなかったので、興味から読み進めました。

そこには「下着にもこんなにブランドがあって、こんなにレースを使っててオシャレで。着心地もイイ物なんだよ!」という私の知らない世界がありました。
「目に見えないところにオシャレしたりお金をかけるのは、素敵な大人の女性の嗜みなのだ!」。私の脳内にはそうインプットされました。
それから私の運命の下着探しが始まりました。

 

 

私の下着の履歴書

最初は下着屋さんで500円位で買ったものを身につけていました。でもこれがなかなか私の体にフィットしてたんです。お店がなくなってしまってて同じ形のものが買えなくなってしまってから、適当なものしか持っていませんでした。そこからドンキホーテで2000円、若い人が一度は身につけるような国内メーカーの下着4000円、ちょっと調べないと知らないかも?というブランドで7000円、そして最終的には海外の育乳ブランド20000円。ここまできました。
その都度イイかも!と思って購入するのですが、フィット感もデザインも一生これがいいな!という定番ブランドがなかなか決まらず、単純に価格帯を上げることでアップデートしてきたのでした。

 

高級下着にはお手入れも一手間

安いものを使っているときにはあまり気にしていなかったのですが、少しずつ高いものを使っていくごとに「下着は手洗いが常識!洗濯機はワイヤーが歪むし、せっかくの繊細な生地を摩耗させる原因になる」とう言葉を多く聞くようになりました。「なるほど、そういうものなのね」と、いつしか私も手洗いが当たり前になりました。型くずれしないように手洗いで、それ専用の洗剤もきちんと購入して、夜お風呂に入るたびにせっせと手洗い。それが日課でした。

 

手間がかかるものほど可愛い?

最初のうちは「内側にお金をかけてる自分って大人♪」って思ったり、自分でお手入れしているという満足感があって素直に楽しんでました。
ところが今年4月から手ぬぐい生活がしてみたい!と思い立って手ぬぐいを導入したのです。すると、これも手洗いがおすすめだという…
更に同じ時、来たる夏を涼しく過ごすべくユニクロでお試しで買ったエアリズムのインナーも導入しました。お試しで買ってみたので枚数が少なく、これも手洗いすることに…あれ?だんだん負担が増えて手洗いが楽しくなくなってきたぞ…

 

何の為の断捨離?優先順位は何?

私が断捨離を始めたのは時間が欲しかったから。好きなことを見つけたかったから。余裕がある中でも毎日の生活を楽しみたいから。だけど最近、毎日のお風呂の時間が…手洗いが多くて忙しい。楽しくない。本当はリラックスの為にまったりお風呂の時間をとりたい。…これは何かを辞めなくてはならない!自分の中の常識をアップデートする時がやってきました。

 

・てぬぐい
自分の中では手洗いしてて一番楽しいもの。バスタオル代わりにもなるし、洗顔のときにも顔を拭えるし、ハンカチの代わりに毎日持ち歩けるし、文庫本の即席ブックカバーにもなる!汎用性も高く、柄もお気に入り。見ているだけで楽しくなるモノ。

・ブラ
見た目はもちろん可愛い。でも最近は億劫だと思うことの方が多い気がする…。専用の洗剤を用意したり、つけ心地も私の柔らかすぎて小さな胸にはしっくりくるようなこないような…育乳なのに成長する気配もないし(私の付け方が悪いだけかもしれないけど。笑)装飾がある分薄い洋服にはラインが響いてしまう。今の私には手洗いの時間と手間をかけるほどのメリットやときめきがないことにだんだん気がつく。

・エアリズム
さらっとして肌はとても快適!でもこれはブラあってこそのインナーなのです。だからブラに付帯するものとして、2つで一つと考える…すると

はい。もう結果は出てますね。

「そうだ。下着辞めてみよう。」

手洗いするほどの愛がないなら、いっそずっとこだわってきたブラを辞めてみよう。私にとっては大きな決断でした。
そこで代わりに検討したのがカップ付きのタンクトップです。どうして今まで使ってこなかったのか理由をあげると、

・女性をサボっているような気がしたから
・胸が垂れると聞いたことがあるから

そんなに多くはないけど、こんな感じです。

 

・女性をサボっているような気がしたから

前に読んだ書籍によって下着に対する価値観が高まっていた私は、「洋服にオシャレをするように下着もイイモノをつけていなければ」という絶対的な思い込みが強かったのです。
誰に突っ込まれるわけでもない下着は、基本的には自分にしかわからないモノです。自己満足できていれば、内側から満たされてますオーラが出たりするのでしょうけど、私の場合は見栄のような部分が大きかった気がします。
「最低限この位の値段のモノを付けていなければ、私は大人の女性失格…?」という風に。
自分に自信がないからブランド物で身を固める、と言った心情と似たような感覚で、イイ下着を身につけない=女をサボってるという方程式が自分の中にあったのでした。

 

・胸が垂れると聞いたことがあるから

支えとなるものがなくなれば、垂れてくる。そして一度垂れた胸は、元に戻らなくなる。靭帯は一度伸び切ったら、そのまま…と、どこかで読んでから「一度ブラを辞めてしまったら、二度と靭帯が戻らないの…!?」という恐怖心から辞められませんでした。

これらを大きなマイナスと捉えていましたが、見方を変えてみればイイことの方が多いんじゃないのか?と思ってきました。さて、カップ付きタンクトップの攻撃のターンです。←?

 

スポンサーリンク

 

カップ付きタンクトップにするメリット

 

・ブラの肩紐対策する煩わしさから開放された!

下着を着用するにあたって肩紐対策は必須です。見せブラなるものも一時期流行りましたが、結局は見えないことの方が都合がいいわけです。
しかし、最近のファッションはオフショルだったり首周りが広く空いたバレエネックだったり…絶対肩紐見えますやん。笑

ブラの肩紐が見えてる方がマナー違反…そこで肩紐を外すことを考えますが、そうするとブラの安定感がなくなるのでつけていてもずり下がったり…
でも!カップ付きのインナーであれば見えるのはブラではなくタンクトップです。
いやらしさ0(ゼロ)。安定感は抜群!私はデザイン性があるものをよく使っていますが、これならむしろ見せたい。もはやおしゃれの一部ですね。

GU ブラフィールバックレースキャミソール
↑私はこれの白と黒を持ってます!何にでも相性抜群。

 

・収納スペースが減る

今までブラとタンクトップが別だったので、仮に4組必要だったとすると8枚収納することになるわけです。
ところがカップ付きタンクトップの場合はタンクトップだけのスペースだけでいい…!
高級下着はコンパクトに折りたたんで保管する方法はご法度なので、それを踏まえても省スペース化が捗ります。ミニマリスト歓喜ポイントです。

 

・値段が安い!節約になった。

ブラは数千円のものもあれば何万円のものまで、値段がピンきりです。上下セットで合わせたらそれなりのお値段になることでしょう(それに加え私は専用の洗剤まで購入してました)。しかし!カップ付きタンクトップの場合、1000円から3000円で買えてしまいます。昔私が購入していた下着1セットで、4枚分は余裕で購入できます…むしろお釣りが来ます。

この値段で毎日を快適に過ごせるとなると、昔の金銭感覚がだんだん恐ろしくなってきます。苦笑

 

・面倒な手洗いから開放された

カップ付きタンクトップはワイヤーが入っていません(入ってるものもありますが、ユニクロなどの有名店ではノンワイヤーが多いと思います)。なので、ワイヤーが曲がる心配もないので手洗いは不要。安いことも相まって、気軽に洗濯機でぐ~るぐ~るできちゃいます。なんて楽なんでしょう…!

 

・胸が垂れる?ことなど気にならない。自分には快適

これは私の場合ですが、骨格のタイプでいうと多分ウェーブタイプ。簡単にいうと胸元が薄く、お尻の肉付きがいいタイプです。なのでどう足掻いたところで元々下重心、垂れてるのかもわからない。むしろ締め付けがなくて快適だし、ふんわり寄り添うカップのおかげで形が整って見えます。元々そんなに質量もないしね…ふっ。私には失うものなどなかったのだ…!書いてて悲しくなるなこれ

 

結果、辞めてよかった!

とまぁ、今の私にはメリットのほうが多かったわけです。
将来的にもっと垂れたりするのかもわかりませんが、昔に比べたら今のほうがオシャレが楽しいです。真夏に下着のラインを気にしながらTシャツを着ることもなくなり、ブラのズレからくる不快感もなくなり、時間をかけずにさっと着替えられるのですぐにお出かけ出来るようになりました!ストレスフリーです。もっと早く導入するべきでした。

将来的にお手入れを楽しめる余裕が出来てきたらまた運命のブラ探しなるものを再開するかもしれませんが(笑)今の私はこれで十分満足です。結局自分に一番しっくりきたブラも500円だったわけですし、世の中の基準なんてあてにならないものです…

モノの価値観は世間体の常識や値段で決めるのではなく、自分が本当に快適かどうかだけにフォーカスして選ぶ事が大事だなーと再確認しました。

全部のコトやモノが自分基準で選べるのであれば、それはとても贅沢で、幸せなことです(^^)
見栄や思い込みを少しずつ捨てていって、自分の中の常識をどんどん改善していくことを楽しみながら毎日を過ごしたいな、と思うかるめでした。

…いつか悟りを開きたい。笑

 

長らくお付き合いくださりありがとうございました!

ではでは。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前:御山 宮(おやま みや)
東京都在住。1990年生まれ。

最近の興味:
Kindleで読書、通販、断捨離、低血圧と塩、干し梅、メイク、カモミールティー、100均、ウール、ほうじ茶ラテ。

私を一言でいうと?:
「低収入でいいから時間が欲しい人」
「アファンタジアの人」
「とても低血圧な人」