スポンサーリンク

【セリア】大容量のワセリンをアルミコンテナに詰め替えると持ち運びに便利

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

…ワセリンって便利ですよね。(急になんだw)

ちなみに私は普段の保湿ケアはワセリンのみです。

肌が荒れている箇所には精油(使っている精油はこちら)を使ったりもしますが、基本は「肌断食」を実践しているのでワセリン以外は肌につけないよう心がけてます。

スポンサーリンク

ワセリンはなかなか減らないのに大容量で販売されている

そんなワセリンですが、使えど使えどなかなか減りませんよね。

私も最初、「肌断食するぞ!」と気合を入れてわざわざ純度の高いワセリンを購入したわけなのですが、これがとても大きい…。笑

↑不純物が一番少ないのはサンホワイトのワセリンといわれていますが、私はこちらのパケが気に入って購入しちゃいました。笑

肌断食に使うならこちらの方が良さそうです。↓

スポンサーリンク

一度の使用量が少ないのにボトルがでかいのがちょっと嫌だった私

私が参考にしている「宇津木式」では、一度に使う量は米粒一粒くらい。

そのワセリンを手のひらに伸ばし、その手のひらで顔を抑えるようにしてつけるというもの。

そんな使い方なのでなかなか減らないんですよね。

一応その他の活用方法としては、夜寝る前のリップケアや、乾燥してはねている髪の毛の毛先などにも使用し、多様性を持たせて消費するようにはしています。

…まぁそれでも、結局は一度にちょびっとしか使わないじゃないですか?

なのに毎回あんなに大きなチューブを手に持って使用する…。

うーん…(-_-)

つまり何が言いたいかというと、

「どうせならもっとミニマルサイズにして、もっとスマートに使いたい。」

ということで私はこんな感じに詰め替えています。

スポンサーリンク

セリアのアルミコンテナ

使い古しのモノですみません…!

結構前に購入したので数は定かではありませんが、確か複数入ってました。2個か3個だった気がします。

私はこのアルミコンテナにワセリンを詰め替えて使用しています。

これに入れるとかなりコンパクトになって、ポケットやバッグやポーチなどどこでも入れられるのでかなり便利なんです!

詰め替える方法はとってもカンタン

1.チューブからアルミコンテナにぶちゅーっと適当に絞る。

2.バスタオルなどで手を保護しておいてアルミコンテナを持ち、ドライヤーの温風を当ててワセリンを液状にする。

3.たっぷり液状のワセリンを詰めたら、常温にするか冷やす。

以上です♪

ちなみに完成品はこちら。

今の季節は寒いので、ちょっと廊下に置くだけで固まってくれました。

ナミナミにいれたので、すごく綺麗な仕上がりになってますね。笑

ちなみに熱源はなんでもよいよー

ちなみに詰め替える際にワセリンが暖まって溶けてくれればいいので、ドライヤーの温風である必要はありません。

なんならドライヤーで強風にすると溶けたワセリンが飛び散る可能性もあるので、風量の調節が難しいと感じるかもいらっしゃるかもしれませんし…。(私は過去に飛び散らせた1人ですw)

ちなみに私は今回、ストーブを活用しました。

ストーブの近くに置いておくと、ワセリンがすばやくに「しゅるしゅる」と溶けていくので見ていて面白かったです。

ストーブを利用している方は是非お試しあれw

他には「電気毛布」や「使い捨てのホッカイロ」の余熱なんかでもいいかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

今回は大容量のワセリンを小さく持ち運ぶ方法についての記事でした!

チューブから直接使うよりは衛生面では劣るかもしれませんが、アルミコンテナの方のワセリンの老化が気になった場合は表面だけごっそり取り除いてしまえばまた新しい状態のモノが使えますし、使い勝手は良くなると思います。

最悪の場合、セリアで購入したものですから一度使い切ったらアルミコンテナごと処分しても良さそうですしね。

大きなワセリンを買ったは良いけど持て余しているというそこのあなた!

「使ってないから捨てようかな…」と諦めずに、セリアでアルミコンテナをゲットして毎日のリップケア、ハンドケアなどに活用してみては如何でしょうか?

今回はこのへんで!ではでは〜(^^)

コメント