好きなモノ「だけ」に囲まれて暮らしたい、買い物好きなミニマリストの雑記ブログ

殿堂入りの愛用品

左右独立型インナーイヤーイヤホン「Senzer Q20 pro」を熱量増し増しで語ります。

投稿日:2018-09-14 更新日:

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

 

あなたは現在、どんなイヤホンを使ってますか?

 

私はこれまで、iPhoneに付属されているイヤホンを愛用してきました。

「いやいや、愛用?たまたま付属品持ってたから使ってただけでしょう?」

そう思われるかもしれません。

 

ですが、私はこれまでに1万以上するイヤホンだったり、SONYの有名なノイズキャンセリングヘッドホン「MDR−1000x」を使用してきました。

でも結局、全て手放してiPhoneの純正イヤホンに戻ってきました

 

その理由は、

・インナーイヤー型で閉塞感がない
・装着部分が金属じゃないので、静電気が起きない
・Bluetoothイヤホンじゃないので充電要らず
・軽くて持ち運びやすい

 

「使い続けるのに面倒がないこと」と「閉塞感がないインナーイヤー型」。

この二つが、私がiPhone純正イヤホン使い続けている最大の理由でした。

…逆に言うと、Bluetoothイヤホンは面倒そうだから避けていたんです。(興味はあったんですけどね!)

 

そんな私がとうとう、買ってしまったのです…。

左右独立型の、Bluetoothイヤホンを…!

 

ということで。

 

今回は、私が最近購入した「Senzer Q20 pro」について書きたいと思います(^^)

今回はちょっと長いので、商品だけ気になる!という方は、上のリンクからすぐにチェックできますので、よろしければどうぞ(^^)

 

それでは、始まりますー

 

     スポンサーリンク




今まで「左右独立型Bluetoothイヤホン」を購入しなかった理由

ガジェット大好きな私が、どうして今まで近未来的な「左右独立型Bluetoothイヤホン」を購入しなかったのか。

 

…それは、先程もちらっと書きましたが、興味がある以上に使うのが面倒そうだと思っていたこと。

その為、ずっと購入を見送ってきました。

バッテリーが少ない?連続使用時間が2、3時間?

ワイヤレスイヤホン(特に左右独立型)というのは、イヤホンの中にコンパクトなバッテリーが内蔵されています。

小さなイヤホンに内蔵されているということは、バッテリーの容量も同様に小さいわけで…。

ということは、

必然的に、こまめに充電しなければならないわけで…。

 

通勤時間程度なら、1、2時間の連続使用でも十分事足りると思いますが、

私の場合は、家での長時間の使用も視野にいれていたので、その程度の時間だと不十分だな…と感じていました。

 

(※以下、引きこもりの軽い妄想シチュエーションが始まります)

例えば…

ちょっと寝坊してからキーボードを叩き始めたとして9時…そのまま集中してて作業するとして、お昼ご飯時までバッテリーがもつのかどうか…。(そわそわ)

「今日は夜更かしするぞ!」と決めて、夜な夜なイヤホンを取り出してはユーチューブを再生…0時頃から見始めたとして、頑張っても3時か4時まで…?オールナイトできるのかどうか。(もやもや)

自分の世界に浸りたいから、何かに集中したいからコードレスなイヤホンを使用するのに、バッテリーを気にしながら使用するなんて…

なんだか本末転倒じゃないですか?

 

だから私は

「最低でも5時間は連続再生できるものじゃないと買わない」と、決意しました。

5時間連続再生のイヤホン?あるよ!カナル式でよければね。

連続再生時間が長いものは、探せば簡単に見つかります。

でもどういうことか…どれもこれも、高確率でカナル式イヤホンばかり。

…なんで?泣

 

何をそんなにぴーぴー嘆いているのかというと…

実は、私はカナル式イヤホンが苦手なのだ…!

 

…理由はいろいろあるのでまとめると、

・私の耳にフィットしないからよく取れる
・耳栓のように、ぐっと耳穴に押し込む時の閉塞感が苦手
・金属削り出しのイヤホンだと、数秒に一度、耳穴に静電気が走るからちょー痛い(←えw)

という感じです。

 

最後の文に関しては、「わかるわかるーw」って人はあまりいないと思いますが…。笑

 

とにかく、なんかフィットしないんですよね、カナル式。

それなら、耳に引っ掛けるインナーイヤー型の方がしっくりくる。

カナル式に比べると遮音性はないのかもしれませんが、耳に負担がかからない気もするし、使用感は断然インナーイヤー型の方が好みです。

 

…私はね!

インナーイヤー型のイヤホン?あるよ!お金さえ出せればね。(Airpods)

そこでバッテリー持ちのよい、インナーイヤー型のイヤホンを探すわけですよ。

するともう…お察しのとおり。

極端な話、天下のappleの純正Bluetoothイヤホン「Airpods」しか選択肢がなくなってくるんですね。

調べてみると、「耳からうどん」というレビューが多いですが(w)さすがはapple!評判がとてもいいんです。

 

いいんですが…

値段が16800円なんですよね。

 

日雇い派遣ワーカー(しかも閑散期で収入減w)の私が気軽に買えるお値段&代物ではありません。←

 

仕方がないので、3000円ちょっとの似たようなデザインのものを一つ購入してみましたが、片方が何も聞こえず、初期不良…。

そっこーamazonで返品しました。(←何やってるの私w)

 

まぁ…

amazonでの返品は初めてだったので、手順は勉強になってよかったけどね!

…。

別にあんまよくないけどね!(←ちょっと強がった私w)

とうとう見つけた!個人的に現状で最高のイヤホン「Senzer Q20 pro」

それからも諦めずに色々調べていった結果、私の条件にあうイヤホンが見つかりました!

 

その名も「Senzer Q20 pro」

では、さっそくおすすめポイントをまとめてみます(^^)

ずっと探してたインナーイヤー型!

私が購入する際に絶対に譲れないところとは、まず「インナーイヤー型であること」です。

そうそう、これこれ!

この形がなかなかなかったんですよね…!

 

インナーイヤー型のイヤホンって、お手入れをする時もアルコールをつけたティッシュなんかでさっと表面を拭えばいいので楽チンですよね。(カナル式は高確率でぷよぷよしたのがついてるので、外さなきゃならない…)

 

水転写技術が施された、世界に一つだけのデザイン!

そして、このデザイン

めっちゃ可愛くないですか?

白ベースにカラフルな模様が施してある「Blooming」というカラーです。

 

iPhoneやiPadのベゼルが白かったので合わせてみましたが、今までこういう感じのデザインってなかったですよね。

女子受けしそうな華やかなデザイン♪

 

しかもこれ、水転写技術で作り上げられているんです。

どういうことかというと…つまり、2つとして同じ模様はないということです。

 

私のイヤホンは青系の色が多めで、ところどころピンクが入っていますね。

パッケージを確認したところ、こんな感じでした。

パッケージの方は黄緑や青、水色、ピンク、オレンジなんかも入っててカラフルな印象ですね(^^)

こういう個体差が出るアイテムって、見ていて楽しいですよね。

自分だけのデザインというのは、特別感があって愛着も一入(ひとしお)というものです。

うんうん。

連続再生時間6〜8時間!なっが!

お次は再生時間ですが…

パッケージの裏に表記されていたので、撮影しました。

なんと、最低6時間もの連続再生が可能だそうです。

しかもamazonの方で確認してみると、最大で8時間も連続再生できるんだそうですよ!

 

さすがに私もそこまでの連続使用は試してませんが、充電なしでもこれだけ使えるのであれば、十分ではないでしょうか?

ケースは安心の充電機能付き!

「生ぬるい。私は引きこもりの御山とは違って、主に外出先で使用したいんだ!

8時間以上外にいたら、イヤホンのバッテリーはどうするんだ!」

 

なんて方も、安心してください。

持ち歩いてる最中に継ぎ足し充電することも出来ます。

 

その方法とは…

このケースにしまうだけ!

…ってもはや、昨今では目新しさはないですね。笑

 

このケースの中はマグネット式になっていて、イヤホンを近づけるだけで「すちゃっ!」という小気味のいい音とともに、スタイリッシュに収納することができます。

収納することでランプが赤く光ります。

この状態でもう充電が開始されています。(最大約4回フル充電可能)

 

収納すると充電ができる仕組みなので、このケースにしまうということが自然と習慣づけられる…

つまり、「小さいからどこに置いたか忘れた!」ということが起こりにくくなるため、無くすリスクが下がります。

 

そして、ケース自体もとてもコンパクト。

小さくて軽いので、いつでもどこでも気軽に持ち運べます。

ケースごとポケットにぽい!しましょう。

ペアリングしたら、自動同期してくれる!

使用方法はとても簡単。

一度ペアリングしてしまえば、ケースから取り出すだけで自動ペアリングしてくれるんです。

さっと取り出したらすぐ使えるのは、想像以上に便利!

 

…ただ、私はiPhoneとiPadの2台を使い分けているので、切り替える際はちょっと面倒です。笑

ちなみに

複数台を設定している場合は、最後にペアリングした方を優先的に接続する仕様になってます。

ご参考までに(^^)

操作は、左右のボタンをクリックするだけ!

ペアリング後の基本的な操作ですが、左右についてるボタン一つずつで全てを行います。

クリックの回数だったり、押す長さを変えることで、さまざまな操作が可能なんです。

音楽を聞く場面

再生、停止 …   RかLを1回クリック

音を上げたい …  Rを2回クリック

音を下げたい …  Lを2回クリック

一曲戻る …    Rを3回クリック

一曲送り …    Lを3回クリック

電話に出る場面

電話に出る …   RかLを1回クリック

電話を切る …   通話終了後、RかLを1回クリック

Siriを起動させたい

RかLを2秒長押し

電源をオフする

RかLを4秒長押し

電源をオンする

(電源オフの状態から)RかLを2秒長押し

 

操作は以上です。

 

また、このイヤホンは片方だけでも使用することができます。

特に

電話の待機にイヤホンを使ったりする人は、片方ずつ使用することで連続使用時間を伸ばすことも可能かもしれません。

 

可能性があるって、素晴らしい…。

「Airpods」より安い!

私は、この値段も購入の決め手の一つでした。

「Airpods」よりも1万は安いということ…!

たしかにこのアイテム、そこまで「破格だ!」という価格帯ではないことは認めます。

 

でも…

・連続使用時間が6〜8時間
・世界で一つのデザイン
・数少ないインナーイヤー型
・左右独立型ワイヤレスイヤホン

 

これだけのスペックなら、ちょっと高くても購入する価値があるなぁと感じたので、私は見つけたらすぐ購入しました。

 

ちなみに私はこのイヤホンのレビューがまだ2つしかない頃に購入を決めましたが、たった1ヶ月で現在は高評価のレビューがたくさんついてました。

それだけ、「これは買いだ!」と思っている方が多いということなんでしょうね(^^)

 

客観的にみても、高コスパなイヤホンであることは間違いない…!

 

…まぁ、私の場合は完全にひいき目なんですけどね。笑

 

スポンサーリンク

最後に

ということで、今回は「Senzer Q20 pro」の紹介でした。

「左右独立型のイヤホンが欲しいけどどれを選んでいいのかわからない」

「どれも似たような感じで決めてがなく、迷ってる」

そんな方に、全力でおススメします。

 

ちなみに私が見た時には黒ベースの宇宙的なデザインのものもありました。

気になる方は下記リンク先のAmazonでチェックしてみてくださいね!

 

 

最後に、私のイヤホンの使用例を書いて終わりたいと思います。(まだ書くんかい…)

 

寝る前のリラックスタイムにヒーリング音楽を聴いてみる。(これがヘッドホンだと、横になれなかった)

運動不足なのでYouTubeでヨガを流してポーズをとる。(運動する時はコードが邪魔になるけど、気にならなくなった)

作業の合間に飲み物が飲みたくなって、イヤホンをつけたまま席を立ってノリノリでコーヒーを淹れてみたりする。(いちいち外す手間もないし、キッチンまで行っても音楽が途切れない)

誰かと動画や音楽をシェアする時、片方のイヤホンをさっと渡してさくっとシェアする。(今まではコードの長さ次第では、引っ張り合いになってた。笑)

着信やライン電話がきたらイヤホンをつけて、ハンズフリーで長電話してみる。(両手が使えるって素晴らしい!)

 

こんなところです。

 

このように、私の生活には切っても切れないくらい浸透してしまったこのイヤホン

断捨離好きな私ですが、こればっかりは手放せる気がしません。

…未来のことはわからないけどね。笑

 

ということで

世界にひとつだけのデザインのBluetoothイヤホン、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね♪

 

ではでは〜(^^)


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前:御山 宮(おやま みや)
東京都在住。1990年生まれ。

最近の興味:
Kindleで読書、通販、断捨離、低血圧と塩、干し梅、メイク、カモミールティー、100均、ウール、ほうじ茶ラテ。

私を一言でいうと?:
「低収入でいいから時間が欲しい人」
「アファンタジアの人」
「とても低血圧な人」