「たった1ヶ月で子株が…!?」1年前に購入したサンスベリア・ハーニーのその後。

スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

昨年の3月17日に、ずっと欲しかった観葉植物「サンスベリア・ハーニー」を母からプレゼントしてもらったことがきっかけで、ハイドロカルチャー(水耕栽培)を始めました。

サンスベリアでハイドロカルチャー、始めました。

その後は全然記事にしていなかったものの、影ではひっそり愛でてまして…現在も大事に育ております(^^)

ということで、今回はサンスベリアが主役の記事を書こうと思います。

ハイドロカルチャーに興味がある方や、子株の扱いが気になる方の参考になればな、と思います。

スポンサーリンク

私が1年間してきたサンスベリアのお手入れ(超簡単)

冒頭に書いたとおり、私はハイドロカルチャーでサンスベリアを育てています。

「ハイドロカルチャーに興味があっても、何をどうすればいいかわからない方」のために、まずはハイドロカルチャーの始め方をざっとご説明します。(知ってるよ!という方は読み飛ばしてくださいね!)

まず中身が見えるグラスを用意して、底にミリオンAをぱらぱらっと敷きます。

その上に植物を埋めるように、ハイドロコーン(←私は無印良品で購入しました)を優しくかぶせて、植物を固定します。

植えるのは、これでおしまい!

あとは水やりですが、冬はほとんどあげません。

気温が10℃を超えてきたら、ハイドロコーンの表面が乾いてきたタイミングでグラスの3〜4分の1程度の水を与えるだけです。

うちではこれを繰り返していただけで、元気に育ってくれましたよ(^^)

スポンサーリンク

1歳記念として、サンスベリアにビアマグをプレゼント

そんなこんなで、今年の3月で(私の元にきて)1歳になったサンスベリア

1歳になる直前、実家から新居に運び込む際に根がほとんど切れてしまった(本当に髭根っこが1本しか残ってなかった)んですが、それにもなんとか耐えてくれ…

一年前のこの状態から

5月時点で、こんなに猛々しく育ってくれました。(枯れずにいてくれて本当に感謝…!泣)

1歳記念のお祝いと、アクシデントを乗り越えてくれたご褒美として、新しいグラスをプレゼントすることにしました。

色々と考えた末、どっしりと安定感があって見た目も可愛い、背の低いビアマグにすることに。(ビール好きな私の趣向がわかるチョイス…。笑)

5月2日。いよいよサンスベリアの植え替え!

サンスベリアの植え替え時期は5月位からがいいとのことでしたので、(記念日は3月だったけど)5月2日のゴールデンウィーク中に植え替えることにしました。

植え替える前はこんな感じ。

なんか…かなり苦しそう。汗

それが、ビアマグにしたらこんな感じになりました!

安定感と貫禄がMAXに。笑

水道へ持っていくときもがっちり握れるから安心だし、なんならこのまま飲みたい位可愛いビジュアル…。(?)

ビアマグ、いい。

流行って欲しいのでオススメしときますね。笑

植え替えてしばらく眺めてましたが、1週間ほどすると目に見えるほどぐんぐん根を張り、葉の色艶も良くなっていきました。

植物の言葉はわからないけど、これは確実に喜んでいる…!(と、思う。)

そうか…。この子もビール好きだったか。(違

…まぁ、単純に器が大きくなって喜んでいただけかもしれないんですけどね。笑

6月に入った瞬間、事件は起こった。

日に日に色艶のよくなっていくサンスベリア。

「こんなにわかりやすく元気になるもんかね…不思議だなぁ。」と、ビアマグをぐるっと回してみてみると、なんと…

…ん?

ばぁーーーーーん!!

「い、いつの間にか子供いるやんけ!!」(゜o゜;

なんと、植え替えから1ヶ月足らずで子株が出てきてました

しかもこの子株も、親に負けず劣らず成長速度が早い早い。なんなら、あと数日で親の脇腹を突き刺す勢いです。笑

嬉しいやら、植え替えのタイミングいつにしようか焦るやら…。汗

6月16日。子株も植え替え完了

子株を切り離すのは初めてだったので調べつつやりましたが、意外とあっさり終わりました。

まずは親と子供の真ん中をハサミで「ちょきん」と切り離し、もじゃもじゃになった根っこもほとんど切ってさっぱりさせました

ちなみに…この子株の姿を彼と見た時、発した言葉が「この子の名前は『ネギ』だな」とシンクロしたのは、いい思い出になりました。(どうでもいい情報)

数日切り口を乾燥させたら、いつもどおりに植え替えて終わりです。

親の方は元通りでこんな感じに。

ネギちゃんは、キャンドゥで手に入れたプラントビーズを使用してみました。(底にミリオンAを入れてます)

1つの袋に複数の色が入っているというのが嬉しい。これ1つで簡単オシャレ!的な(^^)

我が家は水色系のモノを選びましたが、他にもパープルっぽい配色があったので、可愛いお部屋にはそちらが似合うかもしれません。

最後は親子でぱちり。

安定するまでの1〜2週間は、このまま日陰でのんびりして貰おうと思います(^^)

また、すくすくと成長しますように!

スポンサーリンク

最後に

ということで、サンスベリア・ハーニーのその後でした。

実家にいる時もじわじわ成長しているな、という感じはあったんですが、引っ越してからの環境がよほどいいのか、ここ数ヶ月で「切れた根っこ完全回復」から始まって、最終的には子株まで誕生したのには驚きました!

室内で育てることが出来る観葉植物の魅力は、その育てやすさ以上に、「植物の生命力のすごさを、間近で観察することが出来る面白さ」にあると思います。

サンスベリアを育てる前の私は「枯らしたらどうしよう」「お世話続くかな…」なんて不安に思ってましたが、いざ挑戦してみるとそこまで難しくなかったことがわかりました。

ハイドロカルチャーなら用意するモノも少ないし、虫も湧きにくいし、日々のお手入れも簡単

ズボラな私にも、できました。

これを読んで観葉植物&ハイドロカルチャーに興味が湧いた方は、是非是非挑戦してみてほしいなーと思います!

育てられた達成感も得られるし、ちょっとした自信みたいなものもつきますし…何より、部屋の片隅にちょこんと緑が置いてある生活っていうのがね、なんか、いいですよ!(^^)←語彙力w

ハイドロカルチャー、あなたも始めませんか?

ということで、今回はこの辺で!

ではでは〜♪

コメント