スポンサーリンク

その発想はなかった)ケースごとコロコロ!?アズマのぱたぱた粘着ローラーが合理的!

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

今回は掃除用具の「コロコロ」について。

コロコロって、音を気にせずいつでも使えるので一つあると便利ですよね。

特に、掃除機がない我が家には必需品!

…で。

最近この「コロコロ」を新調したのですが、とても快適な使い心地のモノを見つけたので、紹介したいと思います。

…ちなみに「コロコロ」の正式名称は、粘着カーペットクリーナーっていうらしいですね。←どうでもいい?笑

でも私は、以下も親しみを込めてコロコロと呼ぼうと思います。笑

スポンサーリンク

元々使用していた「ワイドタイプのコロコロ」

家には元々、彼が実家から持ってきてくれたコロコロがありました。これです。

そのコロコロにはちょっとした特徴があったのですが、使い勝手がいいような悪いような…「正直、ビミョー」と感じた部分がいくつかありました。

ちなみに特徴というのはこんなところ。

・持ち手部分が伸縮する
・粘着シート部分が通常のモノよりワイド

以下、私が感じたメリットデメリットをあげてみます。

持ち手部分が伸縮する

【メリット】
・かがまなくていいので、楽な姿勢でコロコロが出来る。

【デメリット】
・力の入れ方によっては本体の伸縮する部分がゆるむ。
・粘着シートを剥がす時に結局かがむ(もしくは、長い柄を手繰り寄せる)ことになる。

粘着シートが通常のモノよりワイド

【メリット】
・粘着シートの幅が広いので、一度で広範囲を掃除することが出来る。

【デメリット】
・粘着シートを切り取る時、幅が長くて切り取りにくい。
・各社対応サイズではないので、ワイドタイプの粘着シートを手に入れる場所が限られている。(しかもシートの値段もちょっと高い気がする)

以上が私が感じたメリット・デメリットです。

個人的には「ワイドタイプの粘着シートが手に入れにくいし、あえて幅広を使い続ける理由はないな…」と感じたので、ワイドタイプの粘着シートを使い切ったタイミングで買い替えることにしました。

スポンサーリンク

アズマ工業 ぱたぱた粘着ローラー

そんなこんなで手に入れたコロコロがこちらです。

今回私はAmazonで購入しました。

以前まで使っていたモノと比べたら、大分小さく感じますね。

包装らしい包装は紙が巻かれているだけ。すぐに使えます(^^)

早速剥きます。

うん。

各社対応サイズです。柄の部分も伸びません。

デザインは白くてシンプル。なんの変哲もないただのコロコロ。

…と、思いきや!

横から見てみると、持ち手部分とケースがくっついているじゃあーりませんか…!

スポンサーリンク

ケースとコロコロが一体化してる…!?

このケースをどうするかというと…

左右からバンザイさせます。

シャキーン\(^o^)/

すると…

なんと、ケースごとコロコロがかけられるんです!画期的!

「ケースごとコロコロすると重いんじゃないの?」なんて思いきや、重心は中心から下の方にあるので、掃除中も安定してます。

ふむふむ。なかなかいい感じ!

スポンサーリンク

一般的な組み合わせの「コロコロ本体」+「ケース」より優れているなーと思うところ

「ただコロコロ本体にケースが合体しただけでしょ?それのどこがいいというんだい?」

と思ったあなたに、私が感じたメリットをお伝えします!

「ケース置き去り」問題

コロコロで掃除する時って、意外とケースの存在が厄介だったりするんですよね。

例えば、コロコロを使い終わったらその場に「ぽん」と置きたい派の人がいたとします。

すると、いざ掃除をした時に「スタート地点でケースを外して、部屋の反対側までコロコロしたとする。その終点でコロコロを置きたくても、ケースはスタート地点にある…ので、結局スタート地点まで戻る。」というような、二度手間が発生してしまう…。

しかし!

このコロコロであれば使い終わったその場所に「ぽん!」と置くことが出来ます(^^)

「コロコロはいつも定位置に置くことにしてるから、別にそんなことで困ったことはないわ!」という方もいるかもしれませんし、実際、私もコロコロを置く場所は大体決まってます。←

でも、「気が向いたらすぐにコロコロしたいし、終わったらその場にさっと置きたい派」の人にはもう…この上ないくらい相性抜群です。笑

「コロコロ本体」+「ケース」よりも安定して立てられる

このコロコロの好きなポイントの一つに、「安定して床に立てられる」というのがあります。

一般的なコロコロは、ケースとコロコロ本体は別モノになってますよね。しかも、ケースの多くはプラスチック製で比較的軽量につくられています。

「別にケースにはこだわりないし、本体が収納できればそれでいい」という方もいるかもしれませんが、ケースを使用する大半の人は立てて収納したいと思うはず。

そんな時に軽量のケースだと、コロコロ本体を収納した際にバランスが崩れ、簡単に「パタン!」と倒れてしまうんですよね…。実際、私が実家にいる間は結構倒してました。

そしてそのうち、倒れるケースに嫌気がさしてむき出しのまま壁に立てかけたりしてましたw

アズマのコロコロのケースも軽量なプラスチック素材ではあるんですが、本体と一体化しているので床に置いても全くぐらつきがないんです。

私は大きな音が苦手なので、よくバランスを崩してバタンバタン倒れるコロコロは大嫌い(笑)なのですが、このコロコロなら安心して使えます(^^)

スポンサーリンク

最後に

ということで、最近見つけたお気に入りのコロコロについてでした(^^)

大抵の人は「たかがコロコロ一つで何を大げさな…」と、御山を生ぬる〜い目で見ていることと思うんですが(笑)、

私がアマゾンでこれを見つけた時は「これ思いついた人天才か!」と興奮しつつ、そっこーポチりましたからね。

あ。もちろんその後、実家の分もポチりました。←御山の興奮ポイントが謎

…とまぁ、散々褒めに褒めまくったコロコロですが、コロコロの本体の使い心地自体は至ってふつうです。笑

あと白くてシンプルではありますが、スタイリッシュな見た目かどうかは…賛否両論あると思いますが、個々の判断に委ねるとして。笑

しかし…

個人的にはワイドタイプのものから各社対応サイズの粘着シートが使えるようになったということが一番のメリットです!(そこはカバーじゃないっていうw)

ワイドタイプの粘着シートとは違って、通販や100均に寄ったついでに購入することができるというのが本当に楽!

買い替えて良かったです(^^)

アズマのぱたぱた粘着ローラーは、コロコロにしてはお値段はちょっと張りますが(私が購入した時は700円ちょっとでした)、ケースの取扱いに煩わしさを感じている人にこそおすすめしたいアイテムです。

ちなみにロングタイプもありました!

ロングタイプでもしっかり自立するのかどうか、気になるところ!

この記事を読んで異様にコロコロが気になったあなた、是非「ぱたぱた粘着ローラー」をチェックしてみてくださいね(^^)笑

ということで今回はこのへんで!

ではでは~。

コメント