お香を灰の上で焚くのが、とても合理的!

Ads by Google

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

少し前に、ずーっと気になっていたフランキンセンスのスティックタイプのお香

能作の「香の器」を購入しました。

この「香の器」というのは、「お香立て」です。

真鍮と錫の組み合わせというのが、なんとも神々しくて…

最初のうちは眺めているだけで嬉しかった…

けど!

…次第に、ズボラな私は思ってしまった。

「あれ?スティックタイプのお香使うのって…結構面倒…?」

…と。

(¯﹃¯*)

Ads by Google

お香の「面倒だな〜」と思うところ

「家で過ごす時間がもっと穏やかになるといいな!(浄化や芳香も兼ねて)」

そう思っていつからか始めたお香生活ですが、根っからめんどくさがりやの私は度々「面倒だ」と思うことがありました。

それは、「お香の燃え残った部分や灰のお手入れ」です。

お香を焚くと、お香立てに触れている部分や(灰に立てて使用する場合は)灰の中に埋まっている部分が燃えずに残りますよね。

灰に立てて焚く方法であれば灰を捨てる頻度も少ないし、灰に埋まっている燃えカスを取り除くのは専用の茶こしのようなモノ(しかも100均でも買える)があるので比較的楽にお手入れができますが…

私が使用しているようなタイプのモノだと、一度焚くごとに「燃え残った部分」を取り除かなくてはなりません。

これがね〜…

まぁ、地味に面倒といいますか。(そんなこと言う人がお香焚くなよ!って感じですがw)

もっと楽にお香を楽しむ方法はないの?

「お香を楽しむにはマメさが必要なのかもしれない。

…けど、

灰を受ける器が小さくて灰がテーブルにこぼれるのは不便だから、もう少し大きな香炉でも探してみようかな…」

と、色々検索していると…

香炉の説明欄に「灰に寝かせて焚く」という記述があるのを発見!

「へぇ!お香って灰の上でも燃えるんだ!?」

全く知りませんでした。笑

お香を灰の上で焚いてみた!

ということで、近くのヨーカドーで蓋付きの陶器の器を購入してきました。(彼が食器コーナーで「これがいい!」と掘り出してきたモノ。なかなか渋い…。笑)

ここに、コーン香を焚いた後に出た灰を敷き、その上でコーン香を焚いてみました。(お香の灰を使ってるので新たなコスト0なのが嬉しい!)

灰:(ちまっ)

…。

下に敷いた灰の量が少ないけど、大丈夫か…?

〜数十分後〜

↑ おぉ?ぱっと見、最後まで燃えきってるっぽい?

灰を崩して確認してみると…

底までしっかり燃えきってた…!

前は(コーン香に付属していた)金属製の受け皿の上で焚いていたんですが、毎回燃え残りが出来てたんですよね…。

でもこの方法で焚くと燃え残りが出ないので最後までしっかり使い切れる!

ちょっと得した気分になりました。笑

スティックタイプのお香の場合

コーン香は灰に接してる部分が少ないので、途中で火が消えるような心配はあまりなかったんですが…

スティックタイプの場合は、燃えてる部分が常に灰に触れてるわけで

途中で消えたりしないの…?

ということで、ある程度灰がたまった段階でスティック香も試してみました。

お香が長くて器、ギリギリ!

器に触れたらそっこーで火が消えてしまいましたが、再度気をつけて器の中に配置したら、スティック香は順調に燃え始めました。

〜数十分後〜

燃 え き っ た …!

正直、灰の上で最後まで燃えきるのか半信半疑だったので、結構感動しました…。

お香を灰の上で焚くことのメリット!

この方法でお香を焚いてみたら、たくさんのメリットが感じられました(^^)

・横に寝かせて焚くので、長さのあるお香を焚いても灰がテーブルにこぼれることがない
・火が消えたかどうかの確認がいらないので、寝る時も気軽に焚ける
・燃え残った芯が出ないため、普段はメンテンナンスいらず
・灰がためられる大きめの陶器があれば、専用の香炉を買わなくてもすぐお香が始められる
・蓋付きの陶器(香炉)を買えば、「灰が見えるのが嫌!」という時も隠すことができる

ざっと書き出してみるとこのくらい。

ちなみに器に収まらない位長いスティック香は、ポキっと半分に折って焚けば全然OKでした。(短くなった分燃焼時間も短くなるけど)

とにかく。

「灰の上で焚く」方法を知ってから、前よりも柔軟にお香が楽しめるようになりました♪

Ads by Google

最後に

「この楽さを知ってしまったら、もう元には戻れないよね…(¯﹃¯*)」

ということで

あんなにときめいていた香の器は、早々に手放してしまいました。

でも、短い間だけでも使う経験が出来てよかったです(^^)

「今までメンテナンスが面倒そうでお香に手を出せなかった」という方でも気楽に始められるこの焚き方、かなりおすすめですよ!

気になる方は是非試してみてくださいね♪

それでは\(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました