スポンサーリンク

割と安いよ)私の不眠症が改善した寝具とパジャマ、大公開!

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

私はいわゆる不眠症でした。

今年の3,4月位まではもう本当に、寝ないか、3時間睡眠で仕事に行く…みたいな感じでした。ですが…

最近になって、ふと、長年悩んでいた不眠症が緩和していることに気が付いたんです。

どういうことかというと、それこそ「眠いな」と思ったらコテン、と眠れるようになったんです。自分の中では本当に信じられないこと…!

「眠れるようになったのは、やっぱり寝具を変えたのが大きいかな」と思ったので、これを機に私の寝具をまるっと晒したいと思います。

スポンサーリンク

私が使っている現状最強の寝具

・マットレス
・羊毛掛布団
・リネン掛け布団カバー
・ウェーブ型低反発枕(+α)
・トランクス

ツッコミどころがある箇所が見受けられると思いますが(笑)、一つずつ順番に解説していきますね(^^)

硬めのマットレス

これは夏頃(8月)導入したモノです。

それまでの敷布団は…確か、昔ドンキで購入したっきりせんべいのようになっている布団を2枚ほど重ねたモノだったと思います。(←そんな環境で寝てるから眠れないんじゃんか。笑)

この頃の私はちょうど腰痛がピークにきてて、ヨガやらマッサージやら、片っ端から色々と試していました。

で、腰痛について調べているうちに「腰痛の原因は柔らかすぎる布団が原因の場合がある」ということがわかったので、楽天で評判のいい、硬めのマットレスを選んで購入してみたんです。

これが(睡眠改善的には)大正解!

今まで柔らかい布団に沈み込むように寝ていたのですが、正反対の硬いマットレスにすることで、腰あたりがぐっと持ち上げられて、体の重さが分散されている感じの寝心地になりました。

私には合っているようで、高反発のマットレスに横になると、体が軽くなったような(大げさにいえば体が浮いているような)感覚になるんです。おかげで布団に入るのが楽しくなりました(^^)

腰痛自体はまだ少しあって完全に改善されてはいませんが、寝付きが良くなったという事だけでも買った価値があったと感じています。

ちなみに私は横向きで眠ることが多いので、厚めの10cmの方を購入しました。

カバーは近所で1000円で買ったサラサラした綿100%のシーツをかけているだけですが、私にはこれで十分でした(^^)

羊毛掛ふとん

私が布団にこだわりだしてからまず最初に変えたのが、掛け布団でした。

軽い布団が好みの方は羽毛布団の方がいいのかもしれませんが、私は適度な重みがないと眠れないので羊毛布団一択でした。

にしても、ウールはいいですよ!自浄作用があるので衛生的に使えて、湿気を吸ってくれて、もふっとした厚みがあるので、抱きまくら代わりに脚で挟んでも気持ちいい(?)。

ちなみに私は夏も冬も、この羊毛布団一枚で過ごしています。

夏のクーラーが効いた部屋では、風が直に当たって体が冷えすぎるのを防いでくれますし、冬寒いときも電気毛布と併用すれば十分暖かいです。

一時期は電磁波問題も心配していましたが、低収入の私には背に腹は変えられません。

一晩4〜5円で暖がとれるのであれば、活用しない手はない…!

↑シングルサイズのマットレスに敷く分には、この大きさで全然足ります。私は実際にこれを敷いていますが、とても快適です(^^)

あなたも是非。笑

リネン掛け布団カバー

↑これは無印ではありませんが、リネン100%です。

先程「羊毛布団は脚に挟んでも気持ちいい」と言いましたが、肌触りを良くしてくれてるのは掛ふとんカバーの功績が大きいです。

ちなみに私は無印良品のリネンの掛け布団カバーを使っています。理由は…ただ、近所で買いやすかったので。笑

でもリネンはいいですね。洗濯しても乾きやすいし、頑丈だし、生成りは落ち着いた色だし。シンプルに好きです。

カバーなのに羊毛布団と同じくらいの価格はしますが、その価値はあると思います(^^)

ウェーブ型低反発枕(+α)

枕に関してはここ最近までかなり試しまくってました。

ここ半年くらいの間で5個…?くらい。(軽く忘れるほど)

・頚椎サポート枕 ※特殊な形
・ホテルスタイル枕 大判(ニトリ)
・首をしっかり支える 低反発ウレタンチップまくら
・ウェーブ型低反発枕(ドンキ)
・モッチリッチ枕(ドンキ)…etc…

で、色々使っているうちに自分に合う枕の傾向がわかってきました。

首や背中が強張っている私の場合は…

・高さ 低め〜普通くらい
・硬さ 普通〜硬め
・首を支える部分に硬さがあること

以上の特徴の枕が合うようです。

で、買った中ではドンキホーテの「ウェーブ型低反発枕」が一番安定して眠れている感じがします。

Amazonでいうとこういう形状です。探せば結構見つかる、ベーシックな形(^^)↓

ウェーブ枕は「低め」、「硬め」、「首を支える部分に適度な硬さがある」ので、普段使いしやすいです!

…ちなみにウェーブ枕を使う前は特殊な形状の枕を使っていまして、現在も気分によって使ったりしてます。枕がたくさんあるってなんだか贅沢w

ちなみにこの枕は父も気に入ってるので、我が家にはこのへんてこな形状の枕が2つあります。笑

Amazonでの評判もなかなかいいので、変わった枕が使ってみたい方は是非試してみてください!仰向けと横向きに眠る人にはおすすめです。

ちなみに…

反対に、私が一番合わないのがニトリのホテルスタイル 大判枕でした。

大判にした理由は、「海外の枕のように背中部分まで支えてくれる枕があったら、背中のコリまで楽になりそうだなー」という適当なイメージがあったからです。(あくまでイメージw)

この枕の特徴としては、「中(枕の高さ)」、「柔らかめ」、「首を支える部分の硬さはなし」といったところです。

ホテルスタイルの普通サイズの枕の評判は結構良いので、私の意見を見て「えっ」てなる人もいるんじゃないかなーとは思うんですが、この枕はあまりにふわふわすぎて首根っこがこわばって固まっている私の首だと、支えがなくて逆に力が入ってしまうようで…翌日首が痛くなってしまいました。

ほんと、羽根枕のようにふわっふわなので、もう少し綿がぱんぱんに詰まってて反発感があれば…もしくは自分で首部分に何か詰めれば使えそうなのに悔しい。そんな感じです。

ただ、触り心地がかなーりいいので、抱きまくらとして愛用中です。常に横に置くくらいお気に入り。笑

気になる方は店頭で触ってみてくださいね!(^^)

ちなみに、他の枕は私の周りの人に配りました。笑

トランクス

(↑サイズ一番大きくしたら、流石にでかすぎた…)

多分、今回一番突っ込みどころがあるアイテムがあるとしたらこれじゃないでしょうか。

そうです。

トランクスとは、あの男性が履くゆるっとした下着のことです。(※私は女子です)

ちなみに、私は元々夏だろうが冬だろうが、基本的にはショートパンツ型のパジャマ(+下着)で過ごす人間です。(あまりに寒い時は稀に長ズボンの時もあるけど。笑)

でも、次第にトランクスのみになりました。

元々ショーパンパジャマだったのがどうしてトランクスになったのか。その経緯は、こんな感じです。

当時の回想

「ショーパンパジャマとトランクスの形って似てるよね」

「でも、トランクスの方がはるかに安く買えるよね(3枚1000円以下とか)」

「じゃあトランクスでいいじゃん!」

(しばらくはトランクス+女性下着で過ごす)

「…思ったけど、トランクスって下着なんだよね」

「(今私はトランクスをショーパンとして履いているけど)わざわざ女性下着を合わせて履かなくていいんじゃないか…?」

…という感じです。

で、今では晴れて家では禁断のトランクス一枚生活に…!

…あまり大きな声じゃ言えないけど。笑

でもトランクスをパジャマにしてから、メリットがたくさんありましたよ!

・値段が安いから気軽に購入できるようになった
・鼠径部の締め付け0で脚の冷えが劇的に改善
・体への締め付けがないのでリラックス→安眠できるようになった
・前はパジャマ+下着を洗濯していた→下着1枚洗濯すれば良くなったから管理が楽に

ほんと、書き出したらメリットしかないです。笑

最初は落ち着かなかったけど、慣れてしまうと…もうこれじゃないとくつろげません。

一部の女子の間では鼠径部を締め付けない下着として「ふんどし」が流行っているようですが、トランクスもなかなかいいですよ!安く手に入れられるので挑戦する敷居も低いですしね(^^)

ということで、トランクス女子、増えちゃえ!笑

…。笑

いや、冗談抜きで本当におすすめです。ハイ。

スポンサーリンク

最後に

最後のトランクスの話題に全部持って行かれたような気がしないでもないですが(笑)、今回は「私が快眠できるようになった寝具の紹介」でした。

人によって合う合わないが大きく異なってくる寝具ですが、よければ参考にしてみてくださいね(^^)

ということで、長くなりましたが今回はこのへんで!

ではでは〜(^^)

〜追記〜

後日、上に着るパジャマも良いの見つけました!これで寝具はもう死角なし!…多分!

ウール大好き)ユニクロで990円のファインメリノをパジャマにしたら快適過ぎた

コメント