スポンサーリンク

新居には「水切りカゴ」は要らない。

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

今回は、水切りカゴのお話です(^^)

食事をしたり、ちょっとした休憩にお茶やコーヒーを飲む度に、必ず出る洗い物(食器)。

実家にいた頃はすでに水切りカゴがあったので、何の疑問を持つことなくそれを使用していましたが…

いざ新居で水切りカゴを買おうとして、はっとしました。

「水切りカゴって…結構邪魔じゃない?」

使っている時も使ってない時もいつでもスペースを取られる水切りカゴの存在に、疑問を持ちました。

スポンサーリンク

折りたたみ式の水切りラックもいいけど…

最初はシンクに設置できるタイプの、折りたたみ式の水切りラックを買おうかと考えたのですが…結局買いませんでした。(こんなやつ↓)

「使ってない時にコンパクトになるのはかなり魅力的!」と思う反面、「ステンレスの棒を一本一本お手入れするの、面倒だなぁ…」と思ってしまって、購入に踏み切れなかったんです。(本当にズボラw)

そんなズボラな私が導入したのは、ティータオルとキッチンリネンを使った方法です。

これがすごく便利&快適だったので、紹介したいと思います(^^)

スポンサーリンク

最終的に私が購入した2つのアイテム!

ちなみに私が購入したモノは、かの有名な「ジョージ・ジェンセンのエジプトティータオル」と…

fogのリネンよりも若干お安く買える、「カリエンテのリトアニアキッチンリネン」です。

それぞれの素材は、エジプトティータオルが綿100%

キッチンリネンがリネン100%です。どちらも贅沢!

スポンサーリンク

ティータオルとキッチンリネン、どう使う?

使い方は至ってシンプル。

作業台やシンクなどのスペースに、2つ折りにしたティータオルを敷きます。

この上にどんどん洗った食器を並べていきます。

そう。

ティータオルが「水切りカゴ代わり」なんです。

このティータオルはもともと分厚い上、2つ折りにすることでよりクッション性が高まるので、食器を置いた時にテーブルに「ガン!」と当たる心配がありませんし、食器の水滴をたっぷり受け止めてくれます。

ちなみに二人暮らしでお茶の回数が多めな我が家でも、水が浸透して作業テーブルまでびちゃびちゃになるといったことは未だにありません。

「…でも、そのままティータオルを敷きっぱなしにしたら、水切りカゴと同様にスペースをとられたままなんじゃ…?」

ですよね。笑

そこでキッチンリネンの出番です。

ティータオルに置いた食器を、今度はキッチンリネンで拭いていきます。

そして拭いた食器はそのまま食器棚へ。

大判だけどティータオルよりも薄いキッチンリネンは、水分を吸った後の乾きが早いので、ちょこちょこ出る洗い物にも対応出来るんです。

私がティータオルとキッチンリネンを使い分けている理由は、このへんの特徴にあったのでした(^^)

使い終わったティータオルとリネンは、冷蔵庫横に取り付けたマグネットフックに掛けて、並べて干します。(風水的には冷蔵庫に何か付けるのダメみたいですが…!)

一日の終わりには、2つまとめて洗濯機にぽいっと放り込んで、洗い上がったら干す…お手入れはこれだけで終了。

というか、ただ洗濯しているだけ。

水切りカゴやステンレスの水切りラックをお手入れするよりも、絶対に楽だと思う!←言い切ったw

そして、夜のうちに新しいティータオルとキッチンリネンを冷蔵庫横にセットして、翌朝から使います。毎日この繰り返し。

ローテーションして使うために合計4枚(2セット)持っていますが、今のところ全く困ってません。

むしろ快適すぎて、今後ももう、これしか使えないと思います。笑

スポンサーリンク

最後に

ということで、我が家の「水切りカゴ事情」でした。

水切りカゴって比較的大きなモノだと思うんですが、私の場合、大きなモノを購入する時はまず、「処分方法」と「お手入れ方法」のことを真っ先に考えてしまうんですよね。

これでもしも「使えればなんでもいいや」と深く考えずに大きな水切りかごを購入していたら、捨てる時も大変そうだし、複雑な形状なのでお手入れするにも手間がかかっていたかもしれません。

しかし、結果的に購入したのは大きめな布4枚なので、処分する時は可燃ごみで出すことが出来ますし、お手入れも色落ちさえ気にすればいいので、かなり楽ちんですよ(^^)

これから新生活を送る方や「古くなった水切りカゴを新調したいな」というあなた、一つの選択肢として、ティータオルとキッチンリネンを強ーくおすすめします♪

一緒に楽しましょうw

ということで今回はこのへんで!

ではではー♪

コメント