スポンサーリンク

固形石鹸からポンプ付きマジックソープに変えたら、お風呂場での使い勝手が格段に良くなったという話

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

この度私は、ずっと使っていた固形石鹸を辞めて、昔に使用していたマジックソープに戻すことにしました!

今回はその経緯と、マジックソープに合ったポンプの取り付ける工程の詳細を載せていきたいと思います(^^)

ちなみに取り付けたポンプは

マジックソープのレビューにさんざん露出していた有名なものです。

では、まずは固形石鹸を辞めようと思った経緯からお話します(^^)

スポンサーリンク

固形石鹸を辞めようと思った理由

私は結構前から、ねば塾の「白雪の詩」という固形石鹸を愛用しています。

値段も安く、余分なものが入っていませんし、汚れもよく落ちるので

体を洗うにも、洗顔にも、メイク落としをするにも、手ぬぐいを手洗いするにも、オールマイティーにこの石鹸を活用していました。

…ですが。

正直、この石鹸の保管方法に小さなストレスがありました。

それは

その大きさゆえ、サイズの合う石鹸ネットがなかなかないということです。

石鹸置きであれば問題なく使用できますが、私は…どうしても石鹸ネットを使用したかったんです。

理由は、

お風呂場でつるつる滑って使いくくならないように、ネットに入れたまま使用したかったことと

そのままぶら下げて保管できれば、水切れもよくて合理的だと思っていたからです。

サイズが合うものがなかなかない中で、やっと見つけた安価な石鹸ネットは

セリアで購入した「泡立てネット兼石鹸ネット(下の穴から入れるタイプのもの)」でした。

これに入れておけば滑らずに使うことは出来ましたが、固形石鹸があまりに大きいからか、水切れはあまり良くありませんでした…

水切れが悪いせいで、石鹸がふやけてどんどんぬめってくるという…

「小さな悩みの種」とまではいきませんが、ずっともやもやしていたんです。

スポンサーリンク

昔はマジックソープを使用していた私

それに変わる石鹸として今回購入したマジックソープですが、実は固形石鹸にする前はしばらくマジックソープを使用していました。

その時はどうして使うのを辞めていたのかというと…詰め替えるのが面倒だったからです。←

というのも

私は当時、泡で出て来るタイプのディスペンサーに詰め替えて使用していたんですね。

泡で出るタイプのディスペンサーに詰め替えるには、マジックソープを精製水で希釈する必要がありました。(希釈せずに原液で使用すると、泡ポンプが詰まります。)

プッシュしたら泡になって出てくるというのはすごく便利で気に入っていたんですが、

残量が少なくなってきて補充する際、マジックソープを精製水で薄めて液体を作らなければなりませんでした。

そして一度で使い切れない精製水は、保管することに…。(安かったので捨てても良かったのですが、気持ち的に捨てづらかった)

色々と管理することが面倒になった私は、

結局マジックソープを使い切ったと同時に、精製水もディスペンサーも手放してしまいました。

スポンサーリンク

大容量ボトルにポンプを付け替えるだけなら、管理がぐっと楽に

「またマジックソープを買おうかなぁ。」

そう思ってレビューを読んでいると、大容量のボトルを購入して、そこに直接ポンプを付けているという方が何人もいました。

そこで私は、はっとしました。

「私が何年も使ってるアマトラのシャンプー、いつもそうしてるじゃん…

何故今まで気づかなかったんだろう。」

そう。

私が使用しているシャンプーは、1Lの大容量ボトルです。

「大容量ボトルにポンプだけを付け替えれば、詰め替える手間もなくて楽ちん♪」

なーんて記事を、過去に書いていたじゃないですか…。

3年浮気なし!私が高級シャンプー「アマトラ」を使い続けている理由

「灯台下暗し」とは、まさにこのことだ…。

私、どんまいw

ということで

付け替えの詳細、いってみましょー(^^)笑

付け替えた手順

まず、用意したものはこちら。

・マジックソープ 944ml

・つめかえ用食器洗剤専用ポンプ P-696

手順

まずこのボトルのキャップを取ります。

次にポンプの下部分を外します。

ポンプの下部分を外せば、マジックソープのキャップの直径と同じになります。

取り外した方はこのまま処分します。ばいばーい。

次に、ストロー部分をハサミで切ります。

どの位切ったらいいのかわからなかったので、少しずつ切ってみた結果…

3cm位がちょうど良かったですよ!

ストロー部分をカットしたら、そのままつければ…

完成!

あっとゆーまに付け替えることが出来ました。

マジックソープには色々な香りがありますが、私はティーツリーが大好きなのでしばらくこれをリピすると思います。

香りを変えなければ

シャンプーのポンプ同様、そのまま付け替え出来そうなので管理が楽ちんです(^^)

あーすっきりした!

スポンサーリンク

最後に

今回は長らく使用していた固形石鹸から、液体石鹸のマジックソープに戻したというお話でした。

ちなみに私は泡で出るディスペンサーを使用する前にもマジックソープを使っていまして、

その時は初期のキャップまま使っていたんですが…

ボトルを持って、キャップの蓋を開けて、逆さまにして、ボトルを置いて…

という動作が面倒だったのを思い出しました。(キャップの形状をみたら、記憶がフラッシュバックしましたw)

それが、このポンプに付け替えるだけで

ボトルを置いたままチョップ(チョップである必要はない)するだけで使えるようになるとは…

最初に見つけた人、天才ですよ本当に。感謝です!

ということで、

私のバスアイテムは「1Lのシャンプー」と「約1Lのオールマイティー液体石鹸」に落ち着き、まるで巨人のバスルームのようになりましたとさっ。(?)

めでたし、めでたし。(??)

…ではでは〜。笑

コメント