臨時収入)ちょっとした募金やストックのお裾分けでも、空白の法則は有効だった話

Ads by Google

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

数日前、ふと「空白の法則」のことを思い出しました。

簡単に説明すると「要らない物を手放し(譲るか捨てるか)てスペースを開けると、手放したモノより良いモノや、その人に必要なモノが入ってくる」というような感じです。

「今回は、人が喜びそうな手放しで空白の法則を試してみようかな」

と思いついたので、自分が持っているモノの中から、誰かが喜びそうなモノを譲ってみることにしてみました。

意図的に空白を作っても空白の法則がはたらくのか、実践です!

Ads by Google

意識して「周りが喜びそうな空白」をつくってみた

私は定期的にモノを処分していますが、最近は「捨てる」という方法はあまりしていませんでした。

捨てずにどうしているかというと、実家の家族に譲るか、メルカリで売る…というような感じ。

家族に「欲しい?」と聞くとだいたい欲しがるのですが、理由は多分「捨てるのがもったいないから、まだ(or いつか)使えるから」だと思うので…実際、喜んでいるのかは不明。笑

あとはメルカリで手放す方法ですが、「売る」ことでできたスペースをお金で埋めてしまうため、空白の法則ははたらかないとされています。

それを前提に、今回私が行ったことは…

私が大好きなレチノールを、レチノール好きの人へプレゼントした

少し前に、職場で「肌に何を使っているか」という話題になった時に「レチノールが好きだ」という方が一人いました。

私も、壮絶なフェイスラインのニキビから救ってくれたレチノールが大好きです。

なので、最近色々な種類を試した中でも一番好きなiHerbで購入したレチノールセラムのストックを、一つおすそ分けしてみることにしました。

全然要らないモノではないんですが(笑)、相手が喜んでくれたので渡してよかったなぁと思います(^^)

いつか行こうとしていた銭湯の回数券をお風呂好きの人へ譲った

昔、友達と通っていたスーパー銭湯があったんですが、その友達とは疎遠になったので、行く機会がなくなりました。

「彼と行くかも?」「実家の家族と行くかな?」

そう思ってとっておいたのですが、彼も私も基本的に引きこもりですし(笑)、実家の家族とも行くタイミングが見当たりません。

なので、「色々な銭湯に行くのが趣味だ」という方に譲ることになりました。

「ちょっと遠いけど、日帰り旅行的な気分で行くかも!もらっていい?」とのことだったので、

「もし使わなかったら捨てるか、フリマで売れば数千円にはなるから、好きにしてちょ」と伝えておきました。

モノを渡す時は、相手の負担にならないように「渡した後は(捨てようが売ろうが)好きにしていいからね!」と、きちんと伝えてから渡しています。

この一言は自分が言われると楽なので、あえて相手に伝えるように心掛けています。笑

コンビニに寄ったついでに募金箱に寄付

私は定期的にコンビニスイーツにハマります。

今まさにハマっているのでよくコンビニに寄るのですが、ふと、コンビニのレジ横に募金箱が置いてあるのに気が付きました。

私は基本的に支払いはデビットカードで済ませているので、コンビニで小銭を使う機会はあまりなく、募金箱の存在をすっかり忘れていました…。(書いてて心苦しい。苦笑)

「募金箱に寄付してもお財布に空白が出来るし、これも誰かが喜ぶ手放しになるかも?」

そこで、今回はあえて現金でお支払いしてお札を崩し、100円単位で寄付してみました。(「1円とか10円などの端数が出たから寄付した」ではなくて、寄付するためにあえて小銭を作った)

これからはちょこちょこ寄付します…。(視野が狭くて反省中。笑)

Ads by Google

まさかの臨時収入、きた。

「空白の法則」を試したくなって、実際に行動し始めたのが8日と9日。

ちなみに内容は8日は寄付、9日は各アイテムを仕事仲間に譲り、帰りにまた寄付…という感じです。

あまり大したことはしていないんですが…なんと、そっこーで結果が出ました。

それは10日。

いつも水曜は仕事なんですが、数カ月ぶりにたまたま休みだったのでスヤスヤと寝ていた朝、父からの電話で起こされました。

気持ちよく寝てたのにぃ〜

私「お休み中になんじゃ!」

父「おー、休みだったのか。ちょうどいい。旅行の手配、してくれ。」

私「(何がちょうどいいんじゃ…!?という心の声を押し殺しつつ)ぐっ…ワカッタ。」

そしてちょこちょこ電話で相談しつつ、なんだかんだで6時間くらいかけて飛行機と旅行の予約が完了しました。

私「全部終わったよ(私の休みもオワタ)。ちなみに飛行機の代金だけ立て替えてあるヨ。」

父「わかった。じゃあ今から現金渡しに行くわ。」

そして渡された金額が多かったので、

私「旅館代は現地払いだから、当日払いでいいんだよ。」

と返そうとすると、

父「それは今日の手間賃としてお小遣いだよ。ありがとう(^^)」

そう言って、車で颯爽と帰る父。

私、ぽかーん。(゜o゜)

私「臨時収入きた…多分これ、空白の法則だわ。」

翌日、貰ったお金の一部で彼にヤスダヨーグルト(ちょっと高級な飲むヨーグルトw)を買ったり、職場で頑張っている女の子にドライフルーツを差し入れてみたり、私が大好きな蒙古タンメンを購入したりしました。

あと、蒙古タンメンを購入したときに寄ったセブンで、また緑の募金に寄付しておきました。今回はちょっと多めに。

また良いことあるといいな(^^)

今度、父にも何かお返ししよう。

Ads by Google

最後に

特に捨てるモノがなかったとしても、「空白の法則」は気軽に試せるんだということが今回よくわかりました。

「これいいよ!」といって自分が好きなモノをおすそ分けしてみたり、特に手放すものがなくても、寄付でスペースをつくるのもいいみたいです。

私が寄付したきっかけは「空白の法則を試してみたい」という、よこしま(?)な動機でしたが(笑)、逆に、アンテナを張っていたおかげで募金箱に気付けたので、結果的には良かったな、と思います。

(あと、小銭を見渡しやすい長財布に買い替えて良かった。笑)

ちなみに、あれから寄付に興味を持ってネットで色々調べています。

外出したりわざわざ小銭を作らなくても銀行から振り込むこともできますし、ネットショッピング等で「寄付」や「募金」と入力するだけでもいくらでも寄付先が出てくるんですね。

しかも、ポイントなども寄付出来る場合があるので、手元のお金を減らすことなく小さく始めることも可能。気軽にできるのは、嬉しいですね!

あまり大きな額だと続けにくいので(低所得者なもんで。笑)、これからも無理がない程度に定期的に続けようと思います(^^)

最後は寄付の話になってしまいましたが(笑)、まずは手軽にできるコンビニ募金箱で、空白の法則を試してみてはいかがでしょうか?

というこで、今回はこのへんで!

ではでは〜♪

〜追記〜

また臨時収入がありました。

多分蒙古タンメンを購入した時の「空白」が埋まったのかも?と、自分では思っているんですが、どうなんでしょう…?

とにかく!寄付による「空白の法則」は強力そうです。

以上、追記でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました