スポンサーリンク

男性に贈りたい「本気のクリスマスプレゼント4選」を考えてみた

ご訪問ありがとうございます。かるめです。

前回は「Sheage(シェアージュ)」の記事の中からオシャレそうなプレゼントを選んで紹介してみましたが、正直めちゃ楽しかったです。笑

私、人にあげるプレゼントを何にするか考えるのが楽しくなっちゃう人みたいです。

ということで、

今回は「男性に贈りたい本気のクリスマスプレゼント」を提案してみたいと思います!

どれもお値段は張りますが、本物志向の人に褒められそうな名品ばかりだと思います。

もちろんその世界を突き詰めていけばもっと上はあるとは思いますが、モノにこだわる最初の一歩としては十分なクオリティだと思います!

ではどうぞー。

スポンサーリンク

お酒が大好きな男性に

能作の錫100%のビアカップ

錫(すず)という素材を知っていますか?

錫は金属でありながら酸化や腐食に強く、抗菌性も高いことから金属アレルギーになりにくい素材と言われている素材で、

金、銀に次ぐ高価な金属だそうです。

ちなみに私が「能作」を知ったのは酒器と花瓶とお香立てを調べている時で、綺麗だなーと思ってモノが全部「能作」の商品だったんです。

通常の錫(すず)商品は仕上げ加工をするために数%違う金属を混ぜるところ、能作の商品は純度100%の錫を使用しているそうです。

特に花瓶を調べている時に知ったのが「錫に入れた水は腐らない」というお話。

錫は分子が荒いため、水の不純物を吸着してくれるんだそう。

少し前の番組でマツコ・デラックスさんも錫に入れたお水を飲んでみて「全然味が違ーう」と驚いていた様子でした。

お酒やお水などを器に入れるだけで雑味を取り除いてくれるのでお手軽。

酒器にこだわるだけで、いつも飲んでいるお気に入りのビールやハイボール、焼酎の水割りなども更に美味しく感じられることでしょう。

上記の形であればお酒以外の飲み物にも対応出来るので汎用性も高いと思います!

ちなみに私もお世話になっている方に贈ったことがあります。

お酒好きの方は本当に喜んでくれますよ(^^)

マドラーもあります

「まず試してみたい」という方は、錫のマドラーから始めるのがオススメです。

お値段はお安めですが、しっかり錫100%で出来ています。

これで飲み物をくるくる混ぜるだけでもまろやかな味わいになるそうです。

ちなみに錫は軟らかいので、力を入れると曲げて形を変えることが出来ます。

曲げる時に錫鳴き(すずなき)といって「ピキピキ」という音が聞けます。

お…思ったより「ビキビキ」言ってましたね(笑)。

では、次!

スポンサーリンク

スーツでもオシャレを楽しみたい男性に

セッテピエゲのネクタイ

私が男性だったら「一生に一度は付けてみたいなー」と思うモノの一つに、セッテピエゲのネクタイがあります。

いつ知ったのかは覚えてないのですが、何かで読んで以来この特別なネクタイが頭から離れないのです。

ちなみにセッテピエゲは「7 pieghe」と書きますが、イタリア語で七つ折りという意味なんだそうですよ。

その名前の通り、四角い生地を職人さんが七つ折りにして裁縫していきます。

生地の量も普通のネクタイの2倍使っているので、とーっても贅沢。ゆえに値段もお高めです。

芯地がないため慣れないうちは結びにくいかもしれませんが、つけるとスカーフのようなふんわり感とシルクの光沢がとても素敵な雰囲気。

普通のネクタイとは違い立体感があるので、一本持ってればネクタイ通の方にも「お!わかってるねー」と褒めてもらえるかも知れませんよ♪(彼がね!)

ちなみに今回は本気チョイスなので、シルク100%で選びたいと思います。

私が選んだものはデザインは極力シンプルなもの素材が良いものです。

色々なスーツに合わせられるよう、使いやすそうなものを選んでみました。

アラサー女子のチョイスなのでブランドはメローラでいきます。

メローラ ネイビー × ピンドット

ネイビーという使いやすい色にピンドット柄。

これ位さりげない柄なら何にでも合わせやすいし、素材のおかげでカジュアル過ぎないと思います!

ネイビーって清潔感もあるし好感度高い色ですよね…the王道

メローラ ブラウン × ソリッド

無地のブラウンですが、このカラーってちょっとレア感ありませんか?

というのも、男性は革バッグや革靴、ベルトでブラウン系を使用してる人は多いと思いますが、ネクタイでブラウンを取り入れてる人は少ないのではないかと。

小物で茶系を使っているのであればネイビーやグレーやブラックのスーツにもすんなり合わせることができると思いますし、プレゼントしてもきっと彼の手持ちのネクタイと被らないはず!

一見地味そうに見えますがこちらの素材はシルク100%。

上質な光沢のおかげで無地でも存在感があり、品のよいオシャレ感を楽しむことが出来る一本だと思います。

個人的に一番おすすめしたいお色です(^^)

スポンサーリンク

音楽が大好きな男性に

JVC HA-FX850 WOODシリーズ カナル型イヤホン

数年前からかなり有名な、どんぐりのような見た目が特徴の木製イヤホンです。

この商品は家電量販店で見かけて知った人が多いのではないでしょうか?実は私もその内の1人です。

当時 家電量販店に行った私は、自分用のイヤホンを買いに色々なイヤホンを視聴していました。その中に「JVC HA-FX850」もあり、自分の中ではとても印象に残っていました。

最終的には予算の問題で「RHA MA 750」を購入しましたが…。←

二年前に視聴していた時のことをまだ引きずってる私が、改めてこちらのイヤホンを推させていただきます。笑

まず飽きを感じさせないデザインが素敵です。

木と金属の組み合わせは楽器を思わせる外観で、温かみと高級感を同時に楽しむことが出来ます

音はどちらかというと重低音の方がはっきりと聞こえる感じですが、木が程よく音を吸収してくれているおかげなのか高音域もキンキンすること無くまろやかに聞けました。

「何でこのイヤホンがこんなに好きなんだろう?」と思ってネットを調べてみると納得しました。

このイヤホンは「ジャズ好き」にささりやすいイヤホンのようです…!(私はジャズが好きなんですw)

とはいえ、あらゆる音楽との相性がいいオールラウンドタイプのようなので「どんなジャンルも聞くよ!」という方にはまず間違いないのではないかと思われます。

より音にこだわったり遮音性を求める方はヘッドフォンを購入するのかもしれませんが、持ち運びの際はイヤホンの方がさっと使えて便利なことが多いと思います。

彼の好きな音楽をリサーチして、それにあったイヤホンを贈るのも素敵なのではないでしょうか(^^)

スポンサーリンク

文字を沢山書く男性に

「始めての万年筆だけど、どうせなら一生モノになりえる本格的なモノがいい…」そんな万年筆を贈りたいなら、この一本をおすすめしたいです。

「スーベレーン」はドイツ語で「優れもの」という意味で、その使いやすさと知名度の高さで王道の万年筆と言われているんです。

万年筆は、紙の上にペン先を置けば力を入れなくてもインクが紙の上をするすると滑るように出てくるので、沢山字を書く人でも手が疲れにくいです。

というか、沢山文字を書かない人でも是非万年筆を持っていてほしい…!

だって、万年筆で何かを書いてるだけで「大人ー♪」な気がして、ちょっとかっこよくないですか?(←おすすめの理由になってない)

もしも万年筆を贈るのであれば使用用途を先に考えてから選んであげると良いと思います。

そしてもし仕事メインで使うのであれば、細かい字が書けるように EF(極細字)がおすすめです。

もうちょっとインクフローを楽しみたいなら F(細字)がおすすめとなります。

ペリカン スーベレーン M400 茶縞 EF 限定色!

一番手に入れやすい価格帯。

どちらかというと女性や手の小さめの男性におすすめです。

M600よりも小さめボディですが、限定カラーの茶縞なら存在感抜群!スーツとの相性も良さそう。

ペリカン スーベレーン M600 緑縞 EF

こちらはM400より少し大きめのサイズなので、手が大きめな男性ならバランス良く持てるはず。

この緑縞は透け感があって美しく、インクの残量も確認しやすい一番人気のカラーです。

よく「初めての人には標準であるM(中字)がおすすめ」という説明がありますが、ペリカンの万年筆は外国製です。

国内の万年筆と違ってローマ字を書く用に出来ているので、ペリカンの万年筆はちょっとインクが太めに出る傾向にあるようです。

漢字を書く時に文字が潰れてしまう可能性があるので、細めを選んだ方が使いやすいのではないでしょうか。

しかし万年筆はぬらぬらーっと書けることが醍醐味なので、大きめの字を書く人、書く楽しさやよりインクフローを味わいたい人にはM(中字)をおすすめします!

名入れで愛着が湧くかも!

ちなみに名入れが出来る場合は名前を入れてあげた方が喜ばれるかもしれません。

男性は(一般的には)結婚しても名前が変わりませんし、ずっと使っていける品なので彼専用の万年筆をプレゼントするのもいいかと思いますよ!

まぁ名入れはあくまで好みですけどねw

スポンサーリンク

最後に

今回27歳(女)の私が、男性への本気のプレゼントを考えてみました。

といっても結局4つ位しか紹介出来ていませんが…厳選したということで。笑

男性へのプレゼントとしてのおすすめでしたが、私個人でも欲しいと思うモノが多いです。こ

の記事が少しでもあなたのプレゼント選びの参考になれば幸いです(^^)

もし読んでくれているのが男性だとしても、この記事との出会いをきっかけに「モノにこだわりたくなった!」「なんか、新たな趣味になりそう!」なんて思ってもらえたら幸せなことこの上ないなって思いました。うん。

ということで今回はこのへんで!ではでは〜

女性編はこちら

アプリ編はこちら

コメント