スポンサーリンク

作業スペース確保問題に終止符!KKaMMのノートパソコンスタンドを「吊り下げる」という発想。

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

今年も残すところあと僅かですね!

でも暖冬の影響のせいでまだまだ暖かい日もあって、極寒の寒さが苦手な私は嬉しい限りです(^^)でも冬どこいった

さてさて

今年に入ってから、パソコン作業の環境を整えるべく色々と試行錯誤してきた私ですが

今回「作業スペースの確保問題」に終止符を打てた気がしたので、最終形態を晒したいと思います。

・実家暮らしで作業スペースの確保が難しい
・ちゃんとしたデスクや椅子などを揃えるお金がない
・作業環境があるのにだらだらしがち、なんだかはかどらない

そんなあなた、必読です。←自分でハードルあげるやつ

※これまでの作業環境に興味のない方は『今現在「パソコンスタンドを吊り下げる〜』から読んでみてください(^^)

スポンサーリンク

私がこれまでに試してきたこと

この一年間、私は「自分の部屋がないTHE☆和室な実家」という環境で、どうしたら快適に作業ができるのか色々なことを試してみました。

1月〜初夏位まで「作業場の王道(基本?)!テーブル+椅子!」

原点がこれです。

母に使っていないテーブルと椅子を貸してもらって、部屋の一部になんちゃって作業場を作らせてもらいました。

が、しばらくして

パソコン画面と目線の高さがあってないからか首コリがひどかったので、KKaMMのノートパソコンスタンドを購入しました。

その後、お尻や腰が痛くなってきたため、「安価でいい椅子ないかな?」と色々探し、ちゃっちかった椅子をバランスボールに買い替えました

これでしばらくの間(初夏まで)は安定していたんですが…

母の唐突な「食器棚壊したい」発言(笑)により、キッチンで食器を置いたり作業スペースがなくなってしまったので、「なくてもなんとかなるか。」(←!?)と、PCデスク代わりだった唯一のテーブルを母に返上しました。

初夏〜ついさっきまで「押入れや食卓などでぷちノマド」

実はここから後のパソコンの作業場に関する記事が全くないのですが、それは見せられる画像や語れるようなところが全くない状況だったからです。笑

もうね、オシャレさのかけらもないです。

…なので口頭で軽く暴露します。(←結局話すんだ…)

唯一の作業用テーブルを失った私は、押入れの上段部分(!)にKKammのノートパソコンスタンドを設置して作業していました。

もしくは、「ipad+Bluetoothキーボード」を食卓(ちゃぶ台?)に展開させてあぐらをかいて作業をする、というもの。

ただここらへんの時期はもう…腰は痛くなるわ、そもそも台の高さがあってないわで…心身共にストレスでした。笑

その後も、「今あるものでベストな環境は作れないものか」と、KKaMMのノートパソコンスタンドを床においてみたり、高さを上げるために下に箱を置いてみたり試行錯誤していましたが…

どれもこれもしっくりきませんでした。

「もう、今の私の環境ではKKaMMのノートパソコンスタンドは使いこなせないんじゃ…?」

そう思って本気で手放そうか、考えていました。

…ほんの、ついさっきまでは。

スポンサーリンク

今現在「パソコンスタンドを吊り下げることを思いつく(これがすごく良かった!)」

この記事を書くほんの少し前に気がついたんです。

「地面から自分に合う高さまで何かを積み上げるんじゃなくて、天井から吊り下げれば、そもそも高さの合う台なんか探す必要なくない?」と。

…いけるか?

そこで私が用意したものはこちら。

・KKaMM ノートパソコンスタンド
・S字フック 4つ

以上。

そして、それらを用いて完成したのがこちらです。

なんだか近未来的なスタンディングデスクに!(壁はかなり年季入ってるけど…)

これが、自分的にはめちゃくちゃよかった。

では、自分が感じたメリットをあげてみます。

かなりの省スペースにパソコンが設置できる

実家暮らし自分の部屋なしの私には一番のメリット!

この簡素な作りで畳半畳も使わないスペースでパソコンが設置できるなんて…なんと恐ろしい素敵なことでしょう…!

しかも、万が一「足元が荷物で埋まっている」という状況でも、壁がすっきりしてさえいれば設置できる可能性があるわけです。(そこで落ち着いて作業できるかどうかは別として。笑)

ちなみに私は、パソコンの下の空いてるスペースに通勤バッグを置いてます。

…別にそこに置く必要性はないんですけどね。笑

自分に合うデスクを探す時間が必要なくなる

自分にあったパソコンデスクや椅子を選ぶ際、自分の座高や身長を加味する必要があるので、色々調べながら商品を選択することになります。

すると探す時間もかかるし、やっと探したと思ったら今度は予算オーバーでまた1から探さなくてはならない…なんてことになることも…。

しかしこの設置方法なら、用意するのはS字フックと「KKaMM ノートパソコンスタンド」の2つだけなので、安価で揃えることができます。

しかも

高さの調節もS字フックを増やしたり、スタンドの脚部分の角度をカチカチ調節すればいいので、簡単に自分好みの高さにすることができます。

私は一番安くて小さいサイズを購入しましたが、必要十分な大きさで満足してます(^^)

Chromebookユーザーにはこのサイズがおすすめ!是非。

椅子要らず

吊り下げ式なので、作業は必然的に立ちながらになります。

すると、椅子が要らないんですね…!(当たり前だけど)

もしデスク使用だった場合、必ず椅子がつきものです。

バランスボールだったら安いんですが、ある程度のモノを買おうとするとコスト的な問題が…。

しかも椅子を引き出して使用する分だけ、奥行きのスペースも必要になります。

「そんな小さいことは気にしないよ!」という方は全然いいんですが、ローコスト生活をしている方やモノを多く持ちたくない人には、スタンディングデスクはかなり魅力的な選択肢になり得るのではないでしょうか。

立つことで健康的&作業効率アップ!

最近まで床にあぐらをかきながら作業をしていた私ですが、バランスボールを使用して作業しているときよりも肩こりや腰痛がひどくなってきていたんです。

そこで私は、しばらく「座ることのデメリット」について調べていました。

その最中にわかったことは、「座りすぎると生活習慣病の悪化や最悪ガンまで誘発する」という健康に悪影響を与えるという内容や、「たった15分座って作業するだけで、集中力や判断力、効率まで下がる」というようなこと。

逆に立ちながら作業するメリットは多くあるようで、すでに海外の大手企業でもスタンディングディスクを導入していたり、メンタリストのDaigoさんも立って作業することを推奨していました。

「立ちながら作業すると自然な姿勢になるので体も変に痛くならないらしいし、作業効率も集中力も増すとなっては…もう試すしかないんじゃない…!?」

と、安直な私は思いましたが

今回はすでに、ひょんなことから偶然にも取り入れることができたので、このまま実践していきたいと思います。笑

スポンサーリンク

ただし、この環境をつくるにはちょっとした条件が必要

ちなみにこの環境にして作業するには、ちょっとした条件が必要です。

ノートパソコン自体がそんなに重くないこと

パソコン自体が重すぎると、パソコンスタンドやS字フックが重さに耐えられない可能性があるので危険です。

私の場合は1kg未満のChromebookですので「大丈夫だろう」ということで、自己責任でやっています。

もしこの環境を試す際は、S字フックの耐荷重が強力なものを選択し、タイピングする際は、肘をかける等(かけるところないけど)で体重をかけないように心がけたほうが良さそうです。

S字フックを引っ掛ける場所が必要

私は「天井から吊り下げる」と言いましたが、厳密にいうと、天井ではなくて長押(なげし)にかけています。

長押(なげし)とは、古い和室ならあると思うんですが、こんな場所。

↑大分古めかしいですね(笑)。要は、ハンガーとか洗濯物かけがちなところです。

私は家にあるもので済ませたくてS字フックを使用しましたが、長押フックなるものもあるようですので、長押の強度によってはそちらを使用した方が負荷が分散していいかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

ということで、今回はかなりマニアックな話題となりましたが

・省スペースでノートPCを設置したい
・モノを多く持ちたくない
・なるべく価格を抑えたい
・気軽にスタンディングデスクを試したい

という「和室(長押付きの部屋)にお住まいの方」へおすすめの、パソコン環境の作り方でした!笑

…余談ですが、私は来年中に引っ越す予定でして、長押がない部屋に住むことになるかもしれません。

その時は、おとなしくスタンディングデスクを購入しようと思ってます。

これなら高さ調節もできて、ワイヤレスキーボードも収納できてすっきりしそう。いい感じ(^^)

…でも今の私には結構なお値段なので(笑)、実家にいる間はこのなんちゃってスタンディングデスクで過ごそうと思います(^^)

とうことで、今回はこのへんで!

ではではー♪

コメント