好きなモノ「だけ」に囲まれて暮らしたい、買い物好きなミニマリストの雑記ブログ

Kindle・本

【Kindle Paperwhite】E Inkってそもそも何ぞ?さくっと調べてみた。

投稿日:2017-09-29 更新日:

ご訪問ありがとうございます。かるめです。

あれからずーっとKindle paperwhite読んでます。

ページをめくる時の質感が好きすぎて読む手を止められません。

Kindle unlimited入ってるともう沼にはまりますね。
もっと早く出会っていたかった…!溺愛です。

 

さてさて。

使ってて思ったのですが、このKindle Paperwhiteに使われているE Inkってなんぞや?

すごーく初歩的な疑問なのですが、私、よくわからないで買いました。

現段階ではインクの名前だと思ってます。←

では調べていきます!

私の狂気的なざっくり絵と共にご紹介しますのでご興味のある方はどうそ。笑

 

 

まずE Ink(イーインク)とはそもそも何か

アメリカの会社の名前のこと。(冒頭から私の推測は崩れ去りましたね。笑)

この会社が開発した超薄型ディスプレイの表示技術のことをE Ink技術というそう。

 

E Ink技術ってどんな技術?

↑めちゃくちゃわかりづらいな。

ディスプレイに電子ペーパーを使ってる。

どういうことかというと、小さなカプセルに閉じ込めた「白、黒」のインク外側の電気の力で動かして画面上に表示している。
黒いインクと白いインクが画面に近いか遠いかの差で濃淡を表すことで、私達の目には文字や絵として認識してたんですね。へぇー。

 

そもそも普通の液晶画面はどういう表示法?

すごくざっくりゆーと、

一番下に光るところ(バックライト)があって、その上にカラーの層がある。一番下からぴかーっと照らされて透けたカラーの層が、画面上で影絵(カラー版)のようになる。それを私達が絵や文字と認識しているらしい。

私達の目にも当然まっすぐ光が届くので、光源をじっと見つめてる感じになるから疲れると言われている。

普段の私達の目は太陽光とかが反射したものを色と認識するわけだから、
そりゃ普通に考えたら発光体を直接見ることは自然ではあり得ないですもんね…

 

 

じゃあ目に優しいのはE Ink?

スマホなどの液晶画面だとブルーライトなどが心配されます。

でもでも、E Inkは浮き上がったインクを眺めてるので疲れにくい…?

と思いますが、疲れ方の視点から見るとなんと、どちらも大差ないんだそうです!

ただ、適切な明るさにしておくことは大前提ですよ!バックライトガンガンに付けたらそりゃ液晶画面は眩しくてたまりませんもの。笑

疲れ方を悪化させるのは表示技術云々より低画素密度のものだそう。
画素密度が低いことで、文字の輪郭がぼやけてしまってしっかり認識するまでに目がピントを合わせようと必死になる感じありますもんね…。

文字はくっきりと見えたほうが、目の負担にならない!実にわかりやすいです。

 

スポンサーリンク

 

ちなみに無印KindleKindle paperwhiteの解像度は167ppi300ppi。結構な差があります。
Kindle最高峰のoasis(4万超え!)も300ppiなので、
現段階では価格面と快適な読み心地のバランスを考えてもやっぱりKindle paperwhiteがベストバイなんじゃないかなーと。

 


Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

↑個人的に推しておきます。

 

 

私が思うE Ink最大の特徴は省電力なとこ!

 

購入して最初の方で

「スリープモードの時とか、どうしてわざわざオシャレな画面にするんだろう?これを表示しなければもっと電池持ち良いんじゃないの?」

って思ってました。

↑こういうのですね。

 

結論から言うと、

この画面表示しようが、そのまま読んだ画面で寝落ちしようがバッテリー消費は変わりません。(!?)

というのも、最初の方でE Inkの表示方法について私がきったねー絵を書いてましたが(おい)その時に文字を表示させる為に黒と白のインクを電気の力で動かすって言いましたよね。

電力を使うのはその瞬間のみ。

一度インクを動かして表示してしまえば、それでもう電力は使わないそうです!
それならオシャレな方が良いですもんね。ありがとうAmazon。ありがとうE Ink。

ちなみに2日前に100%に充電してから引きこもって使いまくってますが、まだ3分の1しか減ってないという…E Ink恐るべし。

Wi-Fiどれだけ使うかとか、ライトの強弱にもよるかもしれませんが、基本的に電池残量を気にしなくていいってすごくストレスフリーです!更に読書が捗ります。

 

E Inkの可能性

 

ちょっと調べたら曲がる時計とかスクリーン、更にカラー電子ペーパーなんてものの研究もあるみたいですね…!

私は白黒画面の買ったばかりなんですけど、近い未来にはカラータイプのKindle paperwhiteが実現するんじゃないですかこれ…
そんなのが出てきた暁には、価格によっては絶対大ヒットでしょ…!楽しみですね(^^)

 

とうわけで、
E Inkは会社の名前ということがわかりましたね!(それだけかよ)

バッテリー持ちの良さが最高に気に入ってるので、これから先どんな商品が世に出てくるのか個人的には楽しみであります(^^)

 

今回はこの辺で!

ではでは


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前:御山 宮(おやま みや)
東京都在住。1990年生まれ。

最近の興味:
Kindleで読書、通販、断捨離、低血圧と塩、干し梅、メイク、カモミールティー、100均、ウール、ほうじ茶ラテ。

私を一言でいうと?:
「低収入でいいから時間が欲しい人」
「アファンタジアの人」
「とても低血圧な人」