雑記

家計簿、辞めます。

投稿日:

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

 

唐突ですが、長らく続けてきた家計簿を辞めようと思います。

私ごとですが、今回はその理由についてつらつら書いてみたいと思います。

     スポンサーリンク




なんとなく続けてきた習慣、家計簿

私が一番最初に家計簿をつけたのは…えっと…

…いつだっけ?(←冒頭からど忘れ)

確か…

本当に最初に家計簿をつけ始めたのは、私が20代前半の頃。

小さなメモ帳にその月に何を買ったのかを記録するだけの簡易なアナログ家計簿でした。

お金を貯めるためというより、何に使っているのかを把握したかったのが付け始めた動機だったと思います。

 

手書き家計簿が習慣になった私は、次第にスマホアプリを使ってより細かく記帳するようになりました。

家計簿アプリを使い始めると、いつでもどこでも記録ができるようになりました。

それはもう毎日欠かさずコツコツとマメに記録し続け、そして今日に至るわけです。

ちなみに

私は数字が好きで、ガジェットも大好きです。

 

なので、

家計簿アプリに日々のお買い物を記録したりするのはちょっとしたゲーム感覚で、続けることは全然苦じゃありませんでした。

それどころか

収入や支出がある度にこつこつ記帳するのは、なんだか自分が出来る人になったみたいで、ちょっぴり嬉しかったりして。笑

 

大好きなスマホを弄れるという、正当な口実にもなりますしね。(別に口実がなくても触ってますが。笑)

 

…だけど。

「私、そもそもどうして家計簿をつけてたんだっけ?」

私、つい先日iPadを買いまして。

大画面で家計簿を眺められたらいいなーと思って、家計簿アプリを眺めていたんです。

 

ちなみに

私が使っている家計簿アプリは、クラウド上でリアルタイムで同期ができないもの。

ブタのアイコンが可愛くて気に入ってて、以来ずーっと使用しています。

 

ここで私は葛藤が始まりました。

 

「iPadでもスマホでも家計簿をつけるなら、リアルタイムで同期できるアプリじゃないと意味がない…。」

「じゃあ、今から新しく『同期出来る家計簿アプリ』を探してダウンロードして、過去のデータを移行する…?」

「移行するのもいいけど、全部手入力になるな…楽しそうだけど大変だな…」

ここで、ふと思いました。

「膨大な時間をかけてまで得られるモノってなんだ?…そもそも、私なんで家計簿つけてたんだっけ?」

 

…。

何故つけていたのかわからないですと?

 

自分にドン引きだよ!

楽しいからずっとつけてたけど、家計簿として活かせてない

そもそも家計簿ってなんでしょう?

 

ググってみました。

家計簿(かけいぼ)とは、家計において一家の収入・支出などを記入する帳簿のことである。 確固とした基準が無いため多種の様式が存在する。 … 一般的な目的としては収入以上の買い物をしないようにし、家計を健全に保つために用いられる。 日本で発達したものであり、世界ではあまり見られない。

Wikipediaより参照

へぇー。日本で発達したものなんですね。

 

しかし、これを読んでみて私は思いました。

「私、帳簿として全然活かせてなくね…?」

 

そうなんです。

家計簿はつけていたけど、過去のデータを元にお金の収支をどうこうしようと思ったことは、正直…あまりありませんでした。

そもそも使ったお金のことはあまり振り返らない。笑

 

もちろん

最初は「お金の管理をしっかりやるぞ!」という動機で始めました。

管理といっても、したかったことは「出費」と「1ヶ月の収入」の把握くらいですが。

 

ですが

今の私にとっての家計簿とは、

・スマホを操作できる口実
・何をいついくらで購入したかがすぐわかる
・記録からその日誰とあったかわかる
・毎月の収支がぱっとわかる

という感じのもの。

 

うーん。

もはや数字がメインの日記ですね。笑

 

自慢ではないですが、家計簿の記録を見るだけで誰とどこで何をしたかという詳細が思い出せるくらい、本当にきっちり書いていました。

なんなら、この詳細まで書いた家計簿のおかげでスケジュール帳を手放したくらいです。

 

そんな情報たっぷりの家計簿ですから、なんだか私にとって、とても価値があるような気がしてきます。

ちょっとした財産みたいな。笑

 

しかし、冷静に考えてみると…

「私にはそんな家計簿、いらないんじゃないかな?」

そう思ってきました。

 

というのも…。

 

Q.何をいつ購入したか?

A.ほとんど通販なので楽天やアマゾンの買い物履歴に残る

 

Q.収支の記録は?

A.100均と交通費のパスモ以外はほぼデビットカードで決済しているので、おおよその収支はネットバンキングで確認できる。

 

Q.日記はどうするの?

A.ブログを書いてるので、過去を振り返りたかったらら遡ったらいい気がする。

 

Q.スマホ弄りの口実は?

A.家計簿つけなくてもどうせ触る。←w

 

という感じです。

 

うん…

やっぱり、要らないかもなぁ。

もしかしたら、無意識でストレスになっていたかも…?

ブログを始める前から、

低収入になる前から、

断捨離をする前から、

気がついた頃から、ずーっとなんとなく続けていた習慣である家計簿。

 

書くのも続けるのも苦ではないけど、

プラスになっている実感は正直あまりない。

 

確実に減るものといえば、「記帳する時間」と「お金の出入りに常に気を配る精神力(注意力?)」

 

もしかしたら

根が真面目な私(自分で言うw)は

一円たりとも記入漏れがないように気を張って、気がつかないうちにちょっとしたストレスを溜めていたんじゃないかな?

と思い始めました。

…あまり自覚はないけど。

 

少なくとも

家計簿をつけるのを辞めたら、お金に対してもっとゆったりした気持ちでいられることは確かです。

 

なんだか

言葉にしたら、そっちの方が良い気がしてきました。

 

…もうマイナスじゃなければ、今はいいや。

根が真面目な私(2回目w)なら、絶対マイナスまで使うことはないでしょう。

…それで十分!

 

ということで、

これを機に家計簿、辞めます!

アプリ削除の儀!

そうと決まれば

アプリを長押しして

バッテン印を押すだけ。(iPhoneユーザーな私w)

…ぽちっ

はい!

アンインストール完了!

 

これで過去数年書きためた記録はまっさらです。

 

…あーあ。笑(←え)

 

スポンサーリンク

最後に

大変なことをしてしまった気がすると同時に、気持ちがスッキリしている自分もいます。笑

習慣を辞めるって、それが長ければ長いほど、ちょっと勇気がいりますよね。

これで何か変わるといいな。うん。

 

ちなみに

アプリは削除しましたが、この家計簿はすごく使いやすくてずーっとお世話になってました。

感謝です!

 

…さて。

私は今回、数年単位で当たり前になっていた習慣を手放してみましたが

あなたもスマホを開いて、なんとなくで開いているアプリを手放してみませんか?

アプリの断捨離であれば結構お手軽にスッキリできますしね!

 

習慣やデータの断捨離、おすすめです(^^)

 

ということで今回はこのへんで!

ではでは〜♪


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【1/f ゆらぎ】あなたのストレスをゆるめたい!かるめのおすすめ自然音3つ!【異論は認める】

ご訪問ありがとうございます。かるめです。 ここのところすっかり寒くなり、おまけにずっと雨続きでしたねー…でも私、家の中から聞く雨の音は嫌いじゃないですけどね。(←上から目線か) 雨の音といえば、今この …

石油ストーブで火傷!精油を利用した「自己流湿潤療法?」でどこまで治るか実験。

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。   「あっつ!!!」   石油ストーブの置き場所がいつもと違うのに気づかなかった私は、 あろうことか石油ストーブに思いっきり腕を押 …

初献血に行ったら車椅子でベッドに連れていかれたw 「V」になった人のレポ(需要あるのか?)

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。 本日、私は都内の献血ルームに行ってきました。   正直、私は今まで生きてきた中で一度たりとも「献血しに行こう」と思ったことはありませんでした …

【砂糖断ち】それでも食べたいんだもん!ストレスを溜めずに砂糖を少なくする or 摂らない食材をまとめてみた。

ご訪問ありがとうございます。かるめです。 前回の記事では、大好きな甘いものを好き勝手に摂った結果体調を崩したので、食べすぎない為の戒めとしてデメリットをあげていきました。(←自己管理ェ…) 私は「我慢 …

リュックの「あの紐」が邪魔だったので、ヘアゴムでまとめてみたらそっこー解決した話

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。 少し前に購入したリュックが気に入りすぎて 大した荷物もないのに、毎日大きなリュックを背負って通勤している私ですが(←変な子w) 1つ、あることが気にな …

名前:御山 宮(おやま みや)
東京都在住。1990年生まれ。

最近の興味:
Kindleで読書、通販、断捨離、低血圧と塩、ヨガ、ソウルメイト、スクイーズ、100均、ティラミス作り、投資。

私を一言でいうと?:
「低収入でいいから時間が欲しい人」
「アファンタジアの人」
「とても低血圧な人」