「ブルーレット置くだけ」の代わりに、タンクに重曹を入れてみた結果…!

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

先日「憎き湿気を、電気代がかからない3つの方法で撃退!」という記事を書いたんですが、結局、一番手軽かつ置いておくだけでオシャレっぽくなる「重曹+フェイクグリーン」が気に入り、あちこちに飾って取り入れてます。

「いや、せっせと飾るのはいいけど、その大量の重曹はどう消費するの?」

…って感じですよね、わかります。笑

あの記事を書いた当初は「全部どっかの掃除で使うし!め、めっちゃ掃除頑張るし!」みたいなことを書いていたんですが、あまりに現実的ではないので(笑)しばらく消費する方法を模索してました。

結果、湿気った重曹はトイレ掃除に活用するのが最強!と判断しましたので、さっそくご紹介したいと思います(^^)

Ads by Google

「ブルーレット置くだけ」が手放せなかったトイレ掃除

我が家のトイレ掃除に欠かせなかった掃除用品の一つである、「ブルーレット置くだけ」

引っ越してから欠かさずに設置していたおかげか、トイレブラシを使用していないにもかかわらず、未だにサボったリング(黒ずみ)が発生していません

香り付きのモノを選べばほんのり香る芳香剤代わりになるし、何より掃除自体がめちゃくちゃ楽になるから好きだった…

んですが!

結構減りが早くて、2週間くらいするともうなくなってるんですよねぇ…。(いつも気が付かないうちになくなっている。笑)

コスト的にも一ヶ月500円〜600円というのは決して安くない気がしたので、使い切ったタイミングで代替品を試してみることにしました。

その代替品が「重曹」というわけです。

使い方としては、トイレ後、タンクにちょろちょろ流れる水に重曹をさらさら流す。しかも、気が向いた時だけ。←笑

すると…

なんと!一ヶ月経った現在もサボったリングが発生してない…!?

(試すのが一ヶ月じゃぬるいのかな…?もう少し試してみて問題ありだったら追記か更新しますね。)

しかもこの方法なら使いたいタイミングで重曹を投入出来るし、湿気取りで使った重曹を無駄なく再利用できるので、とっても経済的!

私、これ気に入った!←?

ということで、より使いやすく、少しでもオシャレにしようとした結果がこちらです。

Ads by Google

ぱっと見インテリア!だけど結構実用的なトイレ掃除アイテム

ネーミングセンスの神が降臨しなかったせいでひどい見出しになってます。スミマセン。笑

…はい!

ではまずフェイクグリーン口の細い瓶を用意します。(仕切り直しw)

ちなみにこれはどちらもダイソーで購入しました。

次に、予め部屋に設置していた湿気った重曹を用意。

これは洗面台、トイレ、浴室が近くにあるという過酷な場所へ配備された子なので、割と早い段階で固まりができてました。な、なんかごめんよ…

フェイクグリーンを避けると、ちょいと固まった重曹発見。

湿気を吸って固まった重曹は、かき混ぜて崩すことであと何回か湿気取りに使えるらしいんですが、今回はトイレ掃除用にしたいので全部瓶に移し替えちゃいます。

オレガノブッシュで塊をぶっしゅしてるところ。

これを移すときはロートがあると便利だと思うんですが、私は持っていなので紙を丸めてロート代わりにして重曹を移しました。(そして小さなメモでやったせいで結構こぼしたw)

〜追記〜

その後キャンドゥにて、おとなしくロート、買いました。笑

我が家ではバスマジックリンやアルコールなどの洗剤類をリットル買いします。

ポリタンクから小さな容器に移し替える機会が多いので、「別にロートあってもいんじゃね?」という結論に至りました。(私も重曹こぼすし、彼もバスマジックリンこぼすし。笑)

〜追記終わり〜

そして、詰め替え終わった瓶がこちら。

瓶のせいで怪しい粉に見えますが重曹です。

そしてオレガノブッシュを挿したモノがこちら。

なんか…立派!笑

これを、いつでも使えるようにトイレに置きます。

少し古いお家なのでガラスがサビサビですが、スルーでどうぞ〜

普段はこうして飾っておいて、使う時はオレガノブッシュを抜き、タンクに水が流れているタイミングで瓶を傾けて重曹をさらさら〜と流し入れます

重曹が固まって出なかったら、オレガノブッシュで塊をぶっしゅすれば簡単に出るようになるので、重曹入りの瓶を単体で置くておくよりも使いやすい気がします。

ちなみに注ぐ分量はいつも適当です。タイミングも、気分です。

そんなんでもトイレがキレイなんだから…重曹ってすごい!

Ads by Google

最後に

ということで、「ブルーレット置くだけ」の代わりに重曹を使ってみたら、意外に効果がある!ということがわかりました。

先程も書きましたが、まだ一ヶ月程度しかたってないので、これから変化があるかもしれません。まだまだ様子見段階ですが、このままキレイだと嬉しいな〜(^^)

ちなみに、少し前までブルーレット置くだけの他にスクラビングバブルも試していて、その残りが今もトイレに置いてあります。

これは一度に使う量が読めないせいで使いすぎてしまうため、単体だと結構コストがかかりそう…という印象があったんですが、重曹との併用だったら全然ありかな!と思いました。

いつか「重曹だけではもうお手上げ…!漂白したい…!」ってなったら最終奥義的な位置づけで使用すると思います。たまにしか使わなければ、そんなに高く感じませんしね(^^)

ちなみに「漂白はしたいけど汎用性も欲しい」という方はキッチン泡ハイターなんかもいいですよ!(中性のブルーレットと併用しても全然OK)

ということで今回はこのへんで!

ではでは〜♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました