スポンサーリンク

マグネシウムを大量購入して、洗濯が楽になる「マグちゃん」を自作してみた。

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

前回紹介した洗濯用品の「マグちゃん」ですが、相変わらず愛用しております。

マグネシウムでの洗濯があまりにも快適なので、母や職場の仲良しさんにも伝えてみたところ、ソッコーで興味を持ってました。

家事のスペシャリストである母世代主婦も、やっぱり洗濯の悩みはあるんだなぁ…。

…よし!日頃仕事に家事に頑張ってる母世代に、マグちゃんをプレゼントしよう!

…そう思ったのですが。

いかんせん私は低所得。

マグちゃんを山ほど購入するほどの余力が、ない。(笑)

なので、マグちゃんより安価な「マグネシウム洗濯剤」を自作しておすそ分けすることにしました(^^)

ということで、今回は「マグネシウム洗濯剤の作り方(テキトーな私バージョンw)」を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

自作「マグネシウム洗濯剤」に使用したモノ

主に必要なモノはこの3つです。

・マグネシウム
・小さな洗濯ネット
・キッチンの排水口ネット

一つは、マグネシウム。

前回のマグちゃんでの記事でも紹介しましたが、私が購入したマグネシウムはこちらのものです。

500gあたり3000円程度で購入することが出来ます。(2019年4月現在)

もう一つは、洗濯ネット。

洗濯ネットに関してはマグネシウムが入ればいいので、どんなサイズでもOKです。

でも、出来るだけ小さい方が洗濯の際に扱いやすいと思います。(ちなみに私はキャンドゥで購入しましたが、一番小さいのでもこのサイズしかなかった…。笑)

最後の一つは、キッチンの排水溝ネットです。

正直、これはあってもなくてもいいと思いますが、今回私が洗濯ネットがあまりに大きかったため、マグネシウムがバラバラに散らばらないように思いつきで使用しました。笑

これは私が家にあったものを使用しただけなので、もう少し強度が欲しい場合は他のモノで代用すると良いと思います。

極端にいえば、「洗濯中にマグネシウム粒がバラバラになったらどうしよう…」という不安がないのであれば、小さくて厚みがある洗濯ネット一つで作成してみてもいいかもしれません。(私は不安なので一応使ってます。笑)

スポンサーリンク

「マグネシウム洗濯剤」の作り方(画像つき)

ということで…

さっそく以上の3点で「マグネシウム洗濯剤」を作りたいと思います。

難しいことは何もないのですが、よりわかりやすいように画像つきで説明したいと思います。

マグネシウムを排水溝ネットに移す

まずはマグネシウムを排水溝ネットに移します。

袋は真空になっているので、マグネシウムをこぼさないようにハサミを入れて開封して…

2重にした排水溝ネットに移します。

ちなみに今回は「母用(200g)」、「職場の方用(200g)」「自分用(100g)」の3つに分けました。

秤がないのでテキトーですけどね←

で、入れ終わったら口を縛ります。

排水溝ネットなので水分には強いはずだし、このまま(酸化皮膜を落とすための)お酢につけられたら楽だよなぁ…なんて期待を込めつつ、キュッと縛ります。←

まとめたマグネシウムを洗濯ネットに入れる

マグネシウムをまとめたら洗濯ネットの中に入れていきますが、洗濯する時はこの洗濯ネットごと洗うことになるので、ある程度厚みがある方が安心かと思います。

私はWメッシュの洗濯ネットを選んでみました。

これにマグネシウムを入れて…

チャックを閉めて、完成!

…にしても大きいな。私の手より、大分大きいぞコレ…。笑

ちなみに私の方は、マグちゃんとマグネシウム100gをまとめるため、一緒に入れました。

洗濯機に引っ掛けてみても…

…うーん…!不格好感は否めない!

【番外編】洗濯ネットをブラ用ネットにしてみた

「もっとコンパクトな洗濯ネットはないの!?」

往生際の悪い私は、またまた近所のキャンドゥで更にコンパクトな洗濯ネットを探してきたのですが…

もうね。ブラ用ネットしかなかった!

しかも広げたらそこそこ大きいしさオワタ

「自作マグネシウム洗濯剤」がスタイリッシュさの欠片もなくなりましたが、仕方ないので完成させます。(←もはや投げやり)

完成!

カップを保護するカバーがいい感じにマグネシウムを守ってくれそう!手で持てばコンパクト!これぞ機能美!(?)

でも…

洗濯機に引っ掛けたら広がってめちゃ不格好になりました。

ということで

水色の洗濯ネットはおすそ分け用になり、我が家はブラ用ネット入りのマグネシウム洗濯剤になりましたとさ。めでたしめでたし。

…。

いつか絶対コンパクトで可愛い洗濯ネット探して出してやる←

スポンサーリンク

最後に

以上、マグネシウム洗濯剤の作り方でした♪

簡単に言ってしまえば「ただマグネシウムを洗濯ネットに詰めるだけ」なので、誰でも簡単に自作出来ると思います。

興味があれば、是非試してみてくださいね(^^)

ちなみに、母は今使っている洗剤がなくなり次第マグネシウム単体で洗いたいと言っていたので特に説明はしなかったのですが、

職場の方のように「洗剤と併用したい派」の方は、マグネシウム洗濯剤を使用する際、ちょっとだけ注意が必要です。

どういうことかというと、「塩素系・酸素系の洗剤や漂白剤との併用は不可」とか「火気厳禁」という注意点がいくつかあるからです。

ただ、今回購入したマグネシウムにはありがたいことに「マグネシウムを取り扱う際の注意書き」のようなものが同封されていたので、職場の方にそのまま渡すことが出来ました!

これで贈った後も安心です(^^)

今回のような不格好な見た目(笑)ではなく、完成度の高いマグネシウム洗濯剤が必要な場合は「ランドリーマグちゃん」をおすすめします(^^)

こちらはマグネシウムがちょっと少なめだけどカラフルで可愛い「ベビーマグちゃん」。ちょっとした贈り物にも良さそう。

ということで、今回はこのへんで!

ではでは〜♪

コメント