スポンサーリンク

【パリ流 おしゃれアレンジ!&パリジェンヌのお気に入り】私がシンプル服&バレエシューズを愛用し始めたきっかけの本2冊とオススメバレエシューズを紹介する

ご訪問ありがとうございます!かるめです。

私は今年、バレエシューズというものにハマりました。というか以前から好きだったことは好きだったんですが、しばらく履いてませんでした。

私のバレエシューズ再ブームのきっかけは、少し前に流行ったGUのポインテッドバレエシューズの赤があまりにも可愛かったことから!

…と言っても、今となってはみんなこぞって履いてますし、別に目新しさも何もないかもしれませんが。笑

「でもでも!私は、GUが流行らせる前から好きだったんです〜!」(←なんの主張だw)

という関連書籍とオススメの靴屋さんを紹介したいと思います。(マイペースだな…)

スポンサーリンク

私がバレエシューズを好きになったきっかけ

そもそも私が人生で初のバレエシューズを購入したきっかけは、確か22歳位の頃にある2冊の本を読んでから。

ちなみにそれまでは「7センチハイヒール命!」で毎日ハイヒールを履いてました。冬のブーツもハイヒール。夏のサンダルもハイヒール。ちょっとでも足を長く見せるため、かかとがない靴は履けない!ヒールがないと生きていけない!(さすがにそんなことはないけど)

そんなヒールばかり履いていた私がぺたんこ靴を履くようになったのはこの2冊の本の影響があまりにも強い

この本を読んでからというもの、私の中の価値観やファッションは大きく変わりました。

当時は電子書籍の存在すら知りませんでしたので、この本は書店で紙の本を購入しました。

まぁファッション系やイラスト中心の本は順を追って読むわけではないので、電子書籍ではない方が読みたいところをぱっと開けてよかったんですけどね(^^)

にしてもこれがなかなか可愛い本なんですよね〜!

確か全部カラーで書かれていたはず…ちょっとうろ覚えで自身がありませんが。こちらはイラストがほとんどなので字はそこまで多くありませんが、その分「これでもか!」という位可愛いパリジェンヌ達の着こなしや表情、ポージングが見られます

どれここれもあんにゅい〜。

一年前に断捨離を始めた頃、2冊をセットにしてメルカリでドナドナしてしまいましたが、結構最後の方まで手放すかどうか迷っていた本でした。(安野モヨコさんの美人画報と共に残していた。)

だって時間がなくてもさっと読めるし絵が可愛いから楽しかったんですものー!

あ。タイトルにシンプル服と入ってますが、私の憧れているファッションのルーツは、実はこのフランスのパリジェンヌだったりします。笑

もう27歳なので…ずーっと自分の好みが変わってないんだなぁと、なんかしみじみ。笑

スポンサーリンク

GUのおかげでバレエシューズの再ブーム到来!

でもこれだけ「バレエシューズが好き!」と言っておきながら、GUのポインテッドバレエシューズを買うまでの間は履いてませんでした。

昔に履きつぶしたバレエシューズを処分してしまってから、冬はショートブーツしかはかないし、ちょっと暖まってきたらすぐサンダルを履くようになってしまっていたからです。

バレエシューズはその季節のちょうど中間的な存在だと思いますが、購入する機会がなかなかなかったんですねー…。

あとは…ちょっとマニッシュなおじ靴なるものが気になり、春や秋はそちらに浮気をしてたこともバレエシューズ離れの原因です…w

が、今年の春からまたバレエシューズを購入したことをきっかけに手放せなくなったのでした。

スポンサーリンク

現在愛用しているバレエシューズ

ちなみにこの秋、GUのバレエシューズを履きつぶしてしまったので、新たなバレエシューズをami amiにて新調しています。

赤も可愛いけど、パイソン柄もマイブームだったりするのです。可愛いなー。

GUはサイズが合えばお買い得

ちなみに今回はどうしてGUで買わなかったかというと、単純にサイズが合わなかったからです。

ちなみにGUの靴はサイズ展開が簡単に分かれています。

S・M・Lという3つの展開なのですが、私の足はMとLの間位だったんですね。ちょうどいいサイズがなかったけどどうしても諦められなくて、Mの中でちょっと大きめに作られてそうなものを履き比べて購入したんです。

履いてるうちに伸びることを期待していたのですが、長時間歩いてると指が押されて痛いのなんの…。伸びた頃には靴の底に穴が開いてしまった、というわけなのです。(強引に履くからだよw)

安かろう悪かろうとは思っていませんが、サイズ選びは本当に大事ですねー…この件で痛感&反省しました。

ami amiはサイズ展開が豊富

デザインはGUと似ていて、細かいサイズ展開があり、なおかつ安めのところを探していた結果、ami amiにたどり着きました。

GUはサイズが合えばお買い得だけど、ちょっとでもサイズが合わないなーと思ったら足のために、デザインも似ているこちらで購入することをおすすめします!

0.5cm刻みなので合うものがあるはずですよ♪

ちなみに外国のサイズ表記ですが、24cm位の私の足だと38がちょうど良かったです。

GUはエナメル素材のものを履いていたからなのかわかりませんが、このパイソン柄はびっくりするほど軽い…!インソールもふわっとしていて履き心地もとてもいいです。

私は手持ちの洋服はほとんど無地です。しかもベーシックな色が多いので、赤や柄モノを靴に持ってくるとそれだけでバランスがよくなるんですよね!

「いつも地味だけど、足くらいはいいじゃんおしゃれしたって!」という感覚です。笑

これさえ履いてればオシャレっぽくみえるという便利アイテムは、モノを多く持たない私からしたら大変重要なアイテムなのです!うんうん。

スポンサーリンク

最後に

ちなみにGUの赤いバレエシューズはこのパイソン柄バレエシューズが届いたと同時に断捨離しました。ので、現在持っている靴は3つ。その内訳はこのバレエシューズ、ニューバランスのスニーカー、ミュール(夏用)です。

…お分かりいただけただろうか。

冬なのに冬用の靴がない&ミュールは封印してるからたった二足しか履けないという、この私のおかしな状況を…!笑

いや。オシャレ用ブーツと兼用の雨靴が欲しいなぁとは思うんですけどね、私あまり外に出ていないので…まだしばらくはこれで事足りそうな予感がしちゃって…。笑

まぁ、タイツ+バレエシューズの組み合わせで雪の時期までしのげるようだったら、しばらくはこれで様子を見ようかと思いますー。

というか、ズボラを極めるにつれて年々どんどんたくましくなっていく気がする…。私は人間として色々と大丈夫か?

ということで、今回はバレエシューズや関連書籍についてでした!ではでは〜

コメント