スポンサーリンク

結局、ナチュラル洗剤って何なの?初心者におすすめの本と3つのアイテムを紹介。

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

いきなりですが…

大掃除、終わりましたか?

「年末近くまで仕事あるし、毎日の家事が忙しくて、なかなかそこまで手がまわらないよー!」

なんて方、多いんじゃないでしょうか。

…そんな忙しいあなたに、朗報です!

今回紹介する本に書かれているナチュラル洗剤を駆使することで、今までよりラクに家中をピカピカにできるかもしれませんよ!(^^)

スポンサーリンク

「そもそもナチュラル洗剤って何?」

あなたが持つナチュラル洗剤のイメージって、どんな感じですか?

「環境にやさしい?エコ?経済的?…うーん、想像してみてもふわっとしていて、よくわからない。」

多分、こんな感じかと思います。というか、私がこんな感じでしたw

では、まず本書に書かれているナチュラル洗剤のメリットを紹介します。

・合成洗剤による肌荒れがない
・そうじ場所によって洗剤をわけずに済むので経済的
・汚れに対して洗剤を使い分けるので、収納場所もすっきり
・入念なすすぎや拭き取りが要らないのでズボラでもOK
・合成洗剤ではないので赤ちゃんにも安心

ざっとあげるとこんなところです。

ちなみに、我が家で普段から使用しているのはアルコール、重曹、過炭酸ナトリウム、石鹸などです。…結構色々あるような、ないような。

そこでふと疑問が。

「…ナチュラル洗剤って結局、何種類くらいあるんだろう?」

「それに、正しい使い分けがよくわからない。全部アルコールでシュシュ!って、済ませちゃだめなの?←」

…せっかくナチュラル洗剤に興味を持ったのに、このままではズボラな私は、どんどん間違った方向に行ってしまう…!せめて基礎知識だけでも学んでおかねば。

ということで、こんな本を買ってみました!

スポンサーリンク

「ナチュラル洗剤そうじ術」

この本、初心者の方にもとてもわかりやすくておすすめです!

では、まずは内容をちょこっとだけ紹介しますね。(本のリンクは最後に張ってあります)

ナチュラル洗剤は何種類あるの?

まず、私が疑問に思った「ナチュラル洗剤は何種類あるのか」ということですが、この本に関しては6種類あれば十分という感じでした。

その6種類とは…

・クエン酸(酸性)
・アルコール(中性)
・重曹
・石鹸
・セスキ炭酸ソーダ
・過炭酸ナトリウム

です。(下にいくほどアルカリ性が強い)

中には聞き慣れたモノもありますね!

ちなみに、本書の最初の方に各洗剤の詳細が載っていま。

アルカリ性・酸性などの性質や、その洗剤の得意とする汚れ・苦手な汚れ、また、どのような素材に使えるのか水に溶かすべきか、そのまま使った方が効果が高いのかということも、わかりやすくまとめてあります。

このページのおかげで、自分が持っているアイテムでどのような場所が掃除できるのかをすぐに把握することができるので、すごく便利だなぁと感じました!

洗剤の使い分け

これら複数の洗剤の使い分けはどうするのかというと、汚れの性質によって使いわけることが大事なんだそうです。

つまり、酸性の汚れにはアルカリ性を。

アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うことによって、効果的に汚れを落とすことが可能!ということです。

ちなみに、家の汚れの80%は酸性の汚れなんだとか。

「それならアルカリ性の洗剤1本あればいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、アルカリ性の強さの度合い水への溶けやすさによっても掃除に適している場所が違うようです。

スポンサーリンク

ちょー簡単(だと思った)掃除術3選!

この本には「場所やモノ別の汚れの落とし方」について、大きな写真とともに簡潔に書かれています。

なので、「オーブントースターの汚れ落としは何がいいんだっけ?」「電気ケトルの掃除方法は?」という風に、気になった都度パラパラっと開くだけで、まるで辞書のように解決方法が見つかります。

中でも、ズボラな私が「これはいい!」と思った掃除方法を、本書から3つ挙げてみたいと思います(^^)

風呂釜・小物の除菌

・過炭酸ナトリウム 2カップ

お風呂場に置くものはなるべく少ない方がいいとは思いつつも、シャンプーボトルや椅子、洗面器や桶など、小物が増えがち。

そしてちょっと掃除をサボったが最後、湯垢や初期のカビに悩まされるなんてことも…。

…しかし!

お湯を張った浴槽に過炭酸ナトリウムを入れ、すべてのアイテムを浴槽にぽいぽいっと放り投げる(乱暴w)だけで、つけ置き洗いになるんだとか!

手軽に除菌ができるので、定期的に行うことでお風呂掃除の手間がぐっと減りますね。

枕・クッション・スリッパなどのファブリック小物

・アルコールスプレー 適量

日常で結構使っているけど、毎日のようには洗えない枕やファブリック小物のお手入れって、どうしたらいいのか迷いますよね。(カバーなら洗濯できるけども…)

そんな時はファブ○ーズのようにアルコールスプレーをまんべんなく吹きかけて、風通しの良い場所で天日干しするのがおすすめ!

汗や皮脂の匂いもアルコールですっきり除菌できます。

とりあえずかけとけばOK!というのはとっても手軽ですし、ズボラな私も大歓喜です。笑

水筒やティーポットなどの茶渋

・過炭酸ナトリウム 小さじ1〜大さじ1

水筒やティーポットなど、手が届かない部分や細かい部分を綺麗に洗うのって一苦労ですよね。

そんなときも風呂釜と同様、お湯につけておけばいいんです!

50〜60度のお湯に水筒やティーポットを浸し、少量の過炭酸ナトリウムを入れて、お湯が冷めるまで放置するだけで除菌完了!

ハイターなんかと同じような扱いをすればいいので、取扱も難しくないと思います(^^)

スポンサーリンク

私が使っているおすすめアイテム3選!

この本を読む前から私が活用しているアイテムがあるので、ついでに紹介したいと思います。

汎用性が高い上に、値段も良心的なのでどれも好き!

本書でも活用できるアイテムなので、迷ったら検討してみてください(^^)

アルコール(ハイアルコール)

今年に入ってから、我が家では掃除をする際に業務用のアルコールを活用するようになりました。

木板を打ち付けたや、押し入れの中スマホやパソコンなどの家電窓や鏡のお掃除、布類の除菌など…

とにかく、どんな場所にも大活躍!

ちなみに、ジェームズマーティンの容器が可愛いので、これに詰め替えて使っています。

100均などで売っているスプレーボトルは、アルコール耐性がないモノが多いので、購入する際は素材に注意!

過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウムの中でも、現状一番安く買えるんじゃないかな?というのがこの商品。

我が家にも4kg位ストックがあります。

これは主にキッチンハイター代わりに使ったり、洗濯洗剤代わりに使ったりしてます。

洗濯洗剤に使用する際は、ウールや色物などには使わないよう、注意!(あまりの漂白効果で、うちでは枕カバーがやられましたw)

ちなみにキッチンアイテムの漂白は本当に楽しいですよ。

ガラス製のコーヒーサーバーとか本当にピッカピカになります!お試しあれ(^^)

石鹸(マジックソープ)

結構前から愛用している液体石鹸、マジックソープ。

これは主に洗顔やボディーソープ代わり、メイク落としの時なんかに使っていますが、オーガニック素材のマスクや手ぬぐいなんかを手洗いするときはこの液体石鹸が活躍します。

やろうと思えばシャンプー、歯磨き粉、洗濯洗剤、食器洗いまでなんでも使えるのですが、あまりコスパがいいとは言えないような気がして積極的には使っていません。←

ただ汎用性は抜群なので、一本あると便利(^^)

私は、殺菌効果とすっきりした香りが特徴のティートリーがお気に入りです。

スポンサーリンク

最後に

「ナチュラル洗剤って使うのに色々ルールがあって、なんだか面倒そう?」

「エコ洗剤ってあまり汚れが落ちなさそう…」

使う前はそんなイメージがありましたが、実際に使ってみると全然そんなことはなく、むしろ「こんなにシンプルな成分でも、めっちゃ汚れ落ちるんだ…!」という驚きのほうが大きかったです。

また、この本を読むことで「どうしてこの洗剤でこの汚れが落ちるのか」ということもわかるので、自分に全く情報がない状態でもストンと頭に入ってきて、納得しながら実践することができます。

良書は読むとすぐ試したくなるというのは真理ですね。

実際に自分で試して経験してみるというのはとても大事だなぁと、改めて実感しました。わかると楽しいですしね(^^)

…そうそう。

洗剤も比較的身近で手に入るものばかりですが、実はこの本自体も手に入りやすく、近所のファミリーマートで手に入れたものです。笑

もちろんネットでも入手できますので、気になる方は是非チェックしてみてください(^^)

年末のお掃除の総仕上げに何か試せるものがないか、この本を母と改めて眺めてみようと思います♪

ということで今回はこのへんで!

ではでは〜(^^)

コメント