【症状のまとめ】何気なく「電磁波」を調べたら、気が気じゃなくて眠れなくなった。

ご訪問ありがとうございます。かるめです。

最近、夜眠る時になんとなく枕元に置いてあるスマホとKindleがやけに気になるようになりました。というのもこやつらは私の娯楽なので、家の中でもこの2つはいつも私と一緒です。寝るときも添い寝状態です。

でも昨晩、気まぐれで「枕元 スマホ」で検索したんです。本当になんとなーく。

スポンサーリンク

都市伝説?電磁波??

そしたら気になるワードが出て来る出て来る。「電磁波」「脳に悪影響」「健康被害」。うぅ…穏やかではない羅列だ。

私はスマホ依存してるし、電磁波とかもどこかで聞いたような単語だったけど…それを知ることで楽しくネットサーフィン出来なくなりそうで、今まで見てみぬふりをしていました。

でもこれを機に調べてみるか…と思って、まず何から電磁波が出てるのかを調べてみました。これが後に眠れなくなるきっかけとなった…

スポンサーリンク

電磁波はこんなモノから出てるらしい

・スマホ、携帯電話
・パソコン(デスクトップよりノートPCのが電磁波が多い)
・Kindle(嘘だろ…)
・電子レンジ
・IH調理器
・テレビ、ラジオ
・ドライヤー
・こたつ、電気毛布(なかぎしの買い足したばっかりだよ…)
・蛍光灯、日光
・電線やWi-Fiからでる電波も…!

などなど…ざっと数分調べるだけでこれだけ出ました。え。いやいや待って。

スポンサーリンク

現代人は回避不可でしょ…

ふつーに生活してたら大体の人こういうの使ってません??そもそも普通に生活してるだけでも、こういったものに囲まれてるじゃないっすか…

で、でも「それらを使ってても何も影響なければいいんじゃないの?」と思ってたらまた新しい言葉が出てきましたよ…

電磁波過敏症

それはなんぞ!?そういう病気?症状?があるのを始めて知りました…何せ私鈍感なんで。(キリッ)

スポンサーリンク

電磁波過敏症とは?

「電磁波過敏症」とはどういう症状が出るものなのか、これまた調べてみました。パーツごとにまとめた、主な症状がこれらです。

「電磁波過敏症」症状まとめ

  … 頭痛、記憶喪失、鬱、焦り、めまい、吐き気
  … 火照り、むくみ、水疱、乾燥
  … 視力低下、痛み、うずき、乾き
  … 耳鳴り、耳づまり、鼓膜の痛み
  … 鼻づまり、鼻水
  … 鉄分(金属)の味がする、口内炎
皮膚 … ちくちく、赤くなる、発疹
  … 肩こり、首の痛み、関節痛、腸の調子が悪い
呼吸 … 動悸、呼吸が浅い、呼吸困難、
疲労 … 集中力の低下、異常な疲労感

  … 睡眠障害、精神的ストレス、手足などの痺れ

…いやいや。ありすぎー。

「自立神経失調症」と「電磁波過敏症」

体は確かにつらいのに、病院に行っても「何も問題ない」と言われる。そんな「原因不明の症状」は「電磁波過敏症」なのかもしれません。

しかし「電磁波過敏症」と診断されることはまず無くて、代わりに「自律神経失調症」と診断されることが多いようです。ただ、「自立神経失調症」の原因が電磁波のせいだったという事例は結構多いようです…はたしてどちらが先なのか…。どちらにしても、双方には深い関係がありそうですね。

ちなみに敏感な人だと、スマホを触る指だけがびりびりした感覚になったり、通話のためにスマホを耳につけると頭痛がしてきたりするようですよ。

スポンサーリンク

いきなりですが私の電子機器歴、晒します。

調べる内に他人事な気がしなくなってきたので、この章では私の場合に当てはめてみます。何せ電子機器という電子機器が好きなんです。手放ししてモノの全体数は減りましたが、何せ手放せないものの中にはデジタルものが多い…。依存してる?かも。

あ。この章はワタクシゴトなので興味のない方、「絶対参考にならん!」と思う方は飛ばして大丈夫ですよ!笑 ざっくりまとめると、もろ現代人の男の子っぽい生活してました。以上ですw

では、私が育つ環境でどれだけの電子機器と関わり、現在27歳女の私の体調はどのようなものなのか、簡単に綴りまーす。

私のガジェット使用経歴(1990年生まれ/女)

小学1年生

テレビゲームが大好きで、家でも外でもゲームやテレビに親しんで育ちました。ちなみにポケモン世代です。64で友達とスマブラもしました。女子なので「たまごっち」もしたことはあったけど…私にはマメさが足りず、すぐ死ぬのでやらなくなりました。

小学4年生

ちょっと早いけどプリペイド携帯を持ち始めました。自分だけの小さな通信機器を所有してる感覚は、まるで大人のようで嬉しくて。周りに連絡相手はほとんどいなかったけど毎日触ってました。。

高校生

商業校だったため毎日パソコンを使用した授業をしていました。うちにはパソコンが無かったのでタイピングが全くできず、入学したての頃はほぼ毎日放課後ギリギリまでパソコンを触りました。

高校生にもなると周りの皆は当たり前のようにガラケーを持ち歩き、通学時には音楽プレイヤーが欠かせない。そしてこの頃はネットの定額料金が出来ていたので、周りの友達とブラウザゲームをすることがブーム。モバゲーのデップショーが最高にシュールで大好きでした。

最近(2017年)

ここ一年ではスマホを2台ガラケーを持ち、KindleにノートパソコンWi-Fiも所持という電磁波のフル装備…。ワイヤレスなヘッドフォンを買ってみたり、PSP3DSも所有したり…(最近携帯ゲーム機は触ってませんが)。

自分で本格的に稼ぐようになってから、昔から好きだったこともあって一気にガジェットが増加したように思います。便利だし、触っていて楽しいですからねー。

結果。振り返ったらひどかった

というわけで、私の人生は常にガジェットと生活を共にしていることが明らかになりましたね。まぁ幼少期もきっとテレビアニメとか好きでしたしね…物心ついてからずっと電磁波と仲良しです。

このような生活だったので、電磁波が私の体に及ぼす影響は…まぁ…どう足掻いても0ではないでしょうね…うぇ。←

まぁここ数年の体調不良が「電磁波だけの原因」とは限らないとは思うんですけど、せっかくなので今現在の体調不良も同時に振り返っていきます。さぁ、こんな生活をしてきた私は今どんな状態でしょうか。←

スポンサーリンク

当てはまる症状

さて。私が最近当てはまる症状がないか思いふけってみます。

記憶喪失(軽い物忘れ?)、むくみ、ほてり、乾燥、視力の低下、鼓膜の痛み、鉄分の味がする、肌がちくちく、肩こり、首の痛み、腸の調子が悪い、動悸、呼吸が浅い、異常な疲労感、鬱っぽい、睡眠障害…などなど。

先に記述したような症状に、わりかし当てはまってる気がします。

上記の項目にはありませんが他には、頭がぼーっとする、暑くないのに汗をかく、たまに頭や腕が痺れてる(血行不良?)…以上です。

これ、まんま自律神経失調症な気がするけど…

病院ではっきり言われたわけではないのですが、私自身「自律神経失調症」なんだろうなーという自覚はぼんやりとはありました。どれもこれも「原因不明の不調」だし、ネットで検索すれば大体「自立神経失調症」だよって書いてあるんです。

でも「原因はストレス!」みたいにざっくりしたことしか書いてないから、改善のしようがなかったんですよね。だって、特別ストレスを感じてるわけじゃないと思っていても体調が悪かったりするんですもん…。

なので自分で出した結論は

「自分はストレスを感じやすい体質」なのか、「自分のストレスがわからないくらい、自分に関して鈍感」なのか、どちらかだと思ってました。

でも調べれば調べるほど、この慢性的な体調の不調は「電磁波」のせいであり、「自立神経失調症」ではなくて「電磁波過敏症」なんじゃないか?と、確信してきました。

「電磁波なんて影響無いよ!」と言ってる人も結構いましたが、私は「影響ありそう」だと思う派です。

私は基本的に目に見えないこと信じちゃう人ですし、何より「私はもともと原因不明のストレスを感じやすい人間だ」と信じるよりも「私が無意識のうちに電磁波の方から干渉してきている」というほうが説明がつくというか、しっくりくるんです。

でも…電磁波があるなら…

スポンサーリンク

あらゆる人が電磁波にさらされている

ということになりますよね!

だって私みたいに「ガジェットに囲まれるのが好き!」とかじゃない人でも、生活しているだけで家の家電から電磁波の影響を受けることになります。

仮に「家に電子レンジも炊飯器もスマホもないよ!」という人がいたとしても、一歩家から出れば通勤中の電車、乗客がスマホを使用してるのは当たり前。なんならビルや住宅街のテレビのアンテナなんかから受けます。どこにいても電磁波の影響は避けられない。

外に出ない引きこもりな私も、家という区切られた狭い空間の中で色んな電磁波の影響を受けているんだと思うと…今まで快適だだったのに考えただけで体がちくちくしてくる気がする。

…しないか。w

スポンサーリンク

私たちに出来る対策は?

とりあえず、家で出来るような対策を考えてみます。電気さえ通ってなければ電磁波は帯びません。多分。←

使ってない家電のコンセントは抜く

毎度コンセントを抜き差しするのは面倒そうですが、プラスに考えれば待機電力の節約にもつながりますよね。使用頻度の低いドライヤーとかなら、なんとかできそうかも?

こつこつとした小さな習慣が身につけられる人はアリだと思います!…私はちょっと自信ないな…(←ズボラ女子)

あらゆるガジェットを機内モードにする!

これは他の方のブログにも書かれてました!電磁波を0にすることは出来ないけれど、大幅にカットできるんだそうです。

スマホを目覚まし代わりにしてる人とかは枕元に置きたいですもんね。機内モードにしておけば寝てる時に電話やメールも受信できないので、朝まで静かに眠れそう…。

端末によっては「おやすみモード」なるものがあるらしいので、毎回機内モードにするのが面倒な人にはいいシステムですね!さらに、寝るよりも早めの時間に設定しておくことで意識的にスマホをいじれなくなります。ブルーライトカットでより安眠につながりますねー。

ノートPC派はしっかり充電してから使うべし!

パソコンを触る人限定の対策になります。

特にノートPCを使っている人!トラックパッドやキーボード、画面が全部一体化しているので、コンセントを刺したまま使うとACアダプタからもろに電磁波の影響を受けるそうです。

まさに今私がやってるんですけどぉ…?(泣)

デスクトップの場合はキーボードやマウスが本体と直接つながってないので、影響はノートPCよりも少ないそうです。やったね!

ということでノートPC派の方はしっかりと充電し、なるべく「コードレス状態」で使ってあげましょう!それでこそノートPCさ!

電磁波対策グッズを買う

これは家ですぐ出来るわけではなくて、グッズを購入するとうワンクッションが必要になってきます。その代わり本気の対策なので、しっかり選べば効果は見込めるかと思います!

電磁波対策の専用グッズ、私は知らなかったのでどんなものがあるのかちょっとだけ調べてみました。これらはその一部です。

電磁波放電カード

カードを触ると溜まった電磁波を放電できる

アース

パソコンやコンセントに接続すると電磁波をカットできる

エネルギーバランサー

置物の周辺の電磁波をカットしてくれるらしい(まるで結界!)

その他

エプロン、メガネ、カーテン、イヤホンのような普段使っているものを置き換えるだけで効果を期待出来るものもありました。

専用グッズは使ったことがないのでイマイチぴんとこないものが多いですが、カーテンなんかはすごく遮断してくれそうなイメージがありますね!ただ専用グッズを買う場合、私は二点問題を感じました。

買い替えや購入するに当たって結構コストがかかる

カーテン、メガネ、エプロンなど…一つ一つ対策をしていくには電磁波を発しているモノの絶対数が多いように感じます。それぞれに対応するものを置き換えて購入した場合、最終的なコストはいくらになるのか…?怖くて考えられない…!

いわゆる「ニセモノ」の心配

電磁波って、基本的に目には見えないものですよね。電磁波に過敏な人は体感的に「このグッズは効果がある。これはないな…」ってわかると思うんです。それに、信用性のあるグッズを理解して選んだりすることも可能だと思います。

でも「電磁波を感じるわけではないけど、なんとなく防ぎたいと思ってます!」という方の場合、対策グッズを買って効果があったとしても目に見える効果はないわけで…。目に見えない効果を逆手に取ってまがい物を取り扱ってる業者も…ないとは言い切れませんよね。そんなこと考えたくないけど…!

わたしたち消費者側の対策としては、より確実な情報の収集を徹底し、間違いないモノを見極めて購入するしかありません。

うーん。勉強あるのみ。警戒度MAXでいきましょう!

スポンサーリンク

最後に

ということで「電磁波について調べたことをざっくりまとめようー」の回でした。なんか、調べ始めるとどんどん不安になってきますよねこうゆーの。笑

信じる信じないは個人差があるかと思いますが、私はこれから先関心を持って生きたいなーと思いました。

まぁガジェットはこれからも好きだと思うので、ガチガチになって電磁波を避けるようなことはないとは思いますが…。小さく出来ることから対策を始めて、電磁波と上手く付き合っていけるような方法を模索していきたいと思いますよ!

ということで今回はこれで終わります。よかったらまた遊びにきてくださいね(^^)

ではでは~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました