好きなモノ「だけ」に囲まれて暮らしたい、買い物好きなミニマリストの雑記ブログ

電磁波関連

【電磁波】脱水症状?電磁波?…電気毛布を寝る時に使うのは良くないかもしれない。

投稿日:2017-11-01 更新日:

ご訪問ありがとうございます。かるめです。

先日購入した電気毛布で毎日ぬくぬく幸せに眠っていた私ですが、連日使用しているうちになんだか体がだるくなってきました。風邪か…?でも体温を測っても熱はないし、なんなら寝起きの数時間だけいつもだるい感じなのです…。

…。ふっ。何をとぼけてるんだと思いますよね。ええ、原因はわかってるんです。でも私は信じたくなかった。このだるさが電気毛布のせいだなんて…!

     スポンサーリンク




電磁波、ばっちり出てますよー

少し前に電磁波について調べました。そこにもね、しっかりばっちり書いてあるんですよね。「電気毛布からも電磁波出ますよ」って。

でも私は電磁波の存在を知る前に追加購入したばかりだったんですよぉ…!だから電磁波の項目の「電気毛布」だけは見てみぬふりをしようとスルーしてました。←おい

だって寒いし…買ったばかりだし…

10月の最初の方から連日雨だったこともあって、ここのところずっと寒かったですよね。冬場は私、雪女のように手足がキンキンになるので夜の布団は本当に辛い…。だから、電磁波が出てるってわかってても手放せなかったんです…!(←言い訳)

ちなみに去年は電気毛布が一枚しかなかったので、2人の足元に渡して使ってました。なので体の下半身だけ温めていた感じですね、その頃は別にそこまで体がだるいなぁとは感じませんでした。というか敷いているのが足元だけだから、暑ければ下の方に蹴っていたというか。笑

一応メモにイメージ書いてみましたが、安定の画力ですみません。(死体の白線ではないです)

それが今年から1人一枚使えるようになったので、連日の寒さもあったため首からつま先まで敷いて毎晩使っていました。寝付く瞬間は本当に暖かくて幸せなんですよねー。「贅沢とはこのことだ〜!」といいながら調子に乗ってました。

でもね…やっぱり寝起きが…ねー。

試しに3日だけ辞めてみた

雨が過ぎ去って暖かさが回復したこともあり、電気毛布がなくても眠れそうだなーと思って試しに電気毛布を使わずに寝てみました

最初の数十分は寒かったんですけど、布団に入ってすぐ寝付くことができました。寒くもなく暑くもない秋の気温って最高ですよね、ずっとこの温度ならクーラーも電気毛布もいらなくてエコなのに…。←

するとその3日間、寝起きのだるさがまったくなかったんです。ここまで効果テキメンだと面白い…。笑
本当に原因が電気毛布だったのかを確かめるために4日目に電気毛布の使用を復活させたら、翌朝まただるさが戻ってきました。わかりやすいなー。

電磁波の単位。mG(ミリガウス)

前回は電磁波の数値を調べてなかったので、この機会に改めて確認してみることにします。

まず、電磁波にもちゃんと単位があるんですね。その名もmG(ミリガウス)。これが小文字になるとmg(ミリグラム)…意味が変わってくるので間違えないようにしましょう(^^)

ちなみに世界保健機関(WHO)は4mG以上で小児白血病のリスクを認めているそうです。へー。目に見えない電磁波ですが、ちゃんと影響がでるという基準値は設けられてるんですね!電磁波の影響の信憑性が一気に上がります。

電気毛布の値は?

さて、では早速各家電の値を調べてみましょう。あくまで参考値なので正式に測ったものとは差があるかもしれませんが、強さの順番や度合いなんかはおおよその目安になると思います。

では、比較してみましょう!

代表的な家電製品の電磁波比較

・電子レンジ  80mG
・ドライヤー  7mG
・掃除機    5mG
・テレビ    3.8mG
・冷蔵庫    0.5mG
・パソコン   0.4mG
電気毛布   100mG

…ん?…まって。電磁波が高いといわれている電子レンジより電気毛布の方が高いってなんだ…!?

一応、発生源から離れることで電磁波の量は減るらしいので、電子レンジの計測も少し離れたところで測ったものかもしれませが…。そもそも睡眠時に体に密着する電気毛布ってもろに影響受けません?

しかもWHOが害があるかもよーって認めてる値って4mGでしたよね。…えーーーーーー!?ちょっとわかんない。どうしてこうなった…。

他の要因を考える

ま、まぁ、電磁波に過敏じゃない人はそこまで影響ないかもしれませんし、私の体のだるさの原因も他のことが要因かもしれません。他の原因も2つくらいさくっとあげてみましょう。

脱水症状のせい?

人は寝ている間にコップ一杯の汗をかくというのは誰もが一度は聞いたことがありますよね。そこに電気毛布を使うと、体がさらに温まって必要以上に汗をかくことになります。

寝返りをうっても敷布団にしている電気毛布からの熱は逃げないので、一晩中汗を過剰にかくわけです。

そう考えると、脱水症状になるのはもはや必然ですね。(汗)

安眠できてないせい?

布団が温かいと一見ぽかぽかで安眠出来そうですが、眠りについてから体温が自然に下がることで人は熟睡することができます

電気毛布を使用すれば体が温まって寝付きは良くなりますが、寝た後も体温が下がなければ浅い睡眠になりがちに。その結果、寝ているのになかなか疲れがとれないという状況に…。自分では気持ちよく寝ていると思ってたんですけど、もしかしたら睡眠浅かったのかもしれませんね。

タイマー付きの電気毛布なんかだったら、寝た頃に電気が切れるように設定しておくことで熟睡は出来そうです。

スポンサーリンク

最後に

電気毛布は一時間0.5円(温度は中設定)という超破格で暖をとれる優れものですが、反面、寝る時に(長時間)使うには体への負担が大きいようでちょっと心配ですね…。でも私は未だに電気毛布大好きだし、今回酷評しておきながらも未練たらたら状態です。

・電気毛布を使う時は就寝前に布団を温める時だけにする。
・布団に入るときは電気毛布のコンセントを抜くか、電気毛布を毎回布団から避ける。
・それでも寒ければパジャマを厚手のものにするようにする。

自分の体温で温まるのが一番いいのはわかってますが、冷え性の私は就寝時に使う場合は以上の3点を意識して使おうと思います。

ではでは~!


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前:御山 宮(おやま みや)
東京都在住。1990年生まれ。

最近の興味:
Kindleで読書、通販、断捨離、低血圧と塩、干し梅、メイク、カモミールティー、100均、ウール、ほうじ茶ラテ。

私を一言でいうと?:
「低収入でいいから時間が欲しい人」
「アファンタジアの人」
「とても低血圧な人」