あえて捨てたくない理由を考える? 捨てにくい「昔の手帳」を手放した方法。

スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

「今ならいける気がする。」

そう思ったので、過去に使っていた手帳を捨てることにしました。

「もう使う(読み返す)ことはないだろう」と頭ではわかっているのに、なんだか捨てられないモノ、「手帳」。

今回は、そんな捨てにくい手帳を捨てた方法をまとめました!

スポンサーリンク

あえて「捨てたくない理由」を並べてみる作戦!

「昔の手帳、そろそろ捨てたいなぁ…」

「でも、いざ手に取るとなかなか捨てられない…」

少し前までの私は、ずっとこの繰り返しでした

勢いで捨ててもいいんですが、どうせならきちんと納得して捨てたいと思ったので、今回は全力で向き合ってみることにしました。

そんな私が何をしたかというと…あえて「捨てたくない理由」を全力で考えました。(本当は、捨てたいんだけどね。笑)

で、その後何をするかというと…

「自分で作った捨てたくない理由」に対して、自分で反論していきます。

そうすることで、だんだん「どうしてこんなに執着していたんだ?」とワケがわからなくなってきて、未練がさっぱりなくなります。笑

実際に、私はこれで手放せました!

ということで…

一例として、これから私が考えた「捨てられない理由」を述べて、自分で反論していきたいと思います。(なんかシュール。笑)

では、いきます。

「過去の思い出、忘れたら困るでしょ?」

一年、また一年と、新しい一年を迎える度に、古い記憶はどんどん忘れ去られていきます。

それらを思い出したい場合には、過去の手帳が役に立ちます。(私の場合は、毎日「一言日記」的なことを書いていた)

ちなみに、手帳はしばらく開いてないので、過去の記憶は当然ほぼ忘れてますが…果たしてこの中に、大切な記憶(記録)はあるのでしょうか?

自分の手帳をぱらぱらめくって、確認してみました。(公開処刑タイム!)

・「元カレと水族館とかバルに行った」(別れた今、心底どうでもいい←)

・「友達と箱根に行った」(これは楽しかった!でも手帳見なくても思い出せる)

・「二日酔いで1日起きれなかった」(どうしようもないこと書くなw)

・その他平凡エピソードetc…

…うん。

私の場合、大半が思い出さなくてもいいような思い出ばかりでした。それに、いい記憶はなんだかんだで手帳なしで思い出せました。

「でも、手帳がないと何年の何月何日にどこどこに行った!っていうのがわからないじゃん!」という「捨てられない理由」も考えたんですが、だいたい「楽しい時」とか「旅行などの特別な日」って写メを撮っていて、グーグルフォトを遡れば画像として残ってたりするんですよね。(画像の詳細を見れば日付までしっかり書いてあるし)

特に、アファンタジアな私の場合は、手帳の一言日記を見るよりも画像の方が思い出しやすくて助かるんですよね。

…そう思うと、手帳はなくてもいいような気がしました。

よし、次!

「当時の収入とか出費もわかって、便利だよ!」

私は過去の手帳に、当時の給料やそこそこ大きな臨時の支出、固定費などもメモしていました。

なので、この手帳を見るだけで「この頃の私は何日出勤していて手取りはこのくらい。スマホ代でどのくらい支払っていて、年金は何日に払っていたんだな。」ということまでよくわかります。

お金や数字に関しては本当に几帳面に書いていたので、もはや簡易家計簿レベル。(一言日記とは大違いw)

だから取っておけば今後、何かの参考になるかも!

…けど、「あら。昔の方が結構稼いでいたな…」とか、「そうそう!昔のスマホ料金、高かったんだよね。」とかがわかったところで…数年後に見返して、何の参考になるんだろう?

現に今、見返してて何かに活かせる気がしません。笑

もっと言うならば過去の収入は確定申告の控えを見ればいいし、支出金額はネット銀行やデビットカードの履歴を見ればいいし、買ったものは通販サイトの購入履歴を見ればいい。

ざっくりしたお金の流れを知りたいだけであれば、マネーツリーのアプリを見れば一発でわかります。(しかもグラフにしてくれる)

スマホ一台あればここまでわかるのに、あえて昔の手帳を残す必要があるか?

…だいぶ手放したくなってきました。笑

でも、もう少し「捨てなくない言い訳」を続けて、自分を論破したいと思います。笑

「大事なメアドとかアカウント、派遣の登録番号は、手帳に控えてるし…!」

手帳の最後の方についてるメモスペース。

私は、

・複数あるフリーメールのアドレス
・たまに使うサイトのログイン情報
・過去使ってた携帯の番号(念のため)
・登録した派遣の登録番号
・wi-fiの契約更新の時期とか、契約情報

なんかをメモ書きしてました。

大事な情報が書いてあるから手放しにくいな…と思っていましたが、そんなの単純に必要な情報は違う紙にメモしておけばいいじゃん…!(←面倒だから今までしなかっただけ。笑)

ということで、全て違う紙に書き写すことにしました。

ちなみに、私が利用したのはダイソーの単語カード(2つ入り)。

本当は小さなルーズリーフが欲しかったんですが、身近で手に入れられなそうでしたので代用してみました!

カテゴリーを作って、情報を書いたメモをどんどん振り分けていきます。小さなサイズなのでちょっとした情報でも気軽にメモできるし、ルーズリーフのように順番を並べ替えるのも簡単

書いた情報が必要なくなったらその紙1枚だけ捨てればいいので、気楽に管理できるし、いい感じです(^^)

いざやってみたら、案外早く終わりました。

ノートに書いてある情報を全部抜き取ったことで、より手放しやすくなりました(^^)

さらに、次!

「トラベラーズノートはオシャレだから手放しにくいよ」

私が選んだ手帳には、ちょっとしたこだわりがありました。

私が一目惚れしたのは、本革の表紙がカッコよくカスタマイズ性の高い、あのトラベラーズノート(パスポートサイズ)です。

↓こんなデザイン。

革の匂いもいいし、コンパクトな見た目も素敵だし、自分に必要だと思うノートを選んでセットできるので、使いやすい。完全に自己満ですが、このかっこいいトラベラーズノートを触る時間が、たまらなく好きでした。

…でもね。そんなこと言いながら私、既にトラベラーズノートの革表紙を手放してるんですね…。(←!?)

手放した理由は、当時持っていたバッグ(某ブランドの革トート)がとにかく重かったから。少しでもバッグの中身を軽くするために、私がターゲットにした内の一つが、この手帳の革表紙でした。

過去にデザインより実用性を優先した時点で「オシャレだから手元に残したい」なんて言い訳はそもそも通用しないわけで。

まぁ、リフィルだけでもオシャレなんですが…オシャレだから手放したくないというなら、革表紙とセットで残すべきだったはず。コレクションとしてど〜しても残したいなら、「使い終わった手帳の為に再度革表紙を購入する」という選択肢もありますが…いや、まずあり得ないですよね。笑

…ということで、いよいよ手放さない理由がなくなってきましたね。笑

だけど、もう1つだけ言い訳をしますね!笑

「持ってても嵩張るモノじゃないから、無理に捨てなくてもいいじゃん!」

最後の悪あがき。笑

「嵩張るものじゃないから、あってもいいじゃん!」というもの。

たしかにこの手帳は、薄くてコンパクトなデザインなので、収納する際もスペースを取らないので嵩張りません。持っててもいいのかもしれません。

でも…「あってもいいモノ」っていうのは、同時に「なくてもいいモノ」でもありますよね。

本当に必要なモノは「あってもいい」のではなくて、「なくては困る」と言い切れるモノなはずなので、昔の手帳はこれに当てはまりません。

仮に、「あってもなくてもいい昔の手帳を、今後も家に置いておく」という選択をするとしても、あまりいいことがないのは、なんとな〜くわかります。

きっとこの先、この手帳を見たり、思い出すたびに、また捨てるか捨てないかを悩むことになるでしょう。それも何回も。脳内で無意識に。あ。ストレス。笑

今後も同じモノのことで「捨てるか捨てないか」を悩み続けるくらいだったら、さっさと手放して他のことに悩む時間をさく方が、脳にも精神的にも良さそうですよね。

いつも「残す」という選択肢を取り続けていたならば、今こそいつもとは違う「捨てる」という選択肢を取る時…!

…よし!

ここまできたら、心置きなく手放せるでしょう(^^)

スポンサーリンク

最後に

以上を踏まえて、納得した上で手帳を手放すことができました!手帳一個捨てるのに時間割きすぎだし、大げさですけどね。笑

とにかく、最初に捨てたくない理由をとにかくあげてみて、自分で自分をぼっこぼこに論破していくスタイル(笑)は、モノととことん向き合うことが出来るので、手放す時に未練が残らないという点がいいところです。

というか、本当は悩み始めた時点で手放すことはほぼ決まっているようなものなのですが(笑)、「どうせなら納得してから捨てたい!」という方は、私のように全力で向き合ってみるのがいいかもしれませんね(^^)

過去の手帳がなかなか手放せない、手放したいけどなんだか手放せないモノがあるという方の参考になれば幸いですー!

ということで、今回はこの辺で!

ではではー♪

雑記
スポンサーリンク
御山 宮(おやま みや)をフォローする
スポンサーリンク
たんかるむ

コメント