「こんなに小さくても、ノイズはノイズ!」私が年末に手放したモノ。

Ads by Google

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

年末なので、手放します!

が、捨てるのはかなり細々したモノばかりでした。

いつか使うかな?と思いつつ取っておいたモノや、なんだかんだで使う頻度が少ないモノが対象になりました。

それでは、さくっと公開していきます。

Ads by Google

洋服を購入した時についてきたボタン

ユニクロのツイードニットコートを購入した時についてきたボタンです。

「もしボタンが取れてしまっても、縫い直せばまだ使える!」と思って取っておいたんですが、ボタンって(自分の場合)あまり取れたことがないし、なにより、取れる頃には洋服ごと買い直すことが多いんですよね。

別にボタン1つくらい保管しても大したスペースは使わないし、取っておいてもいいとは思うんですが…

私の場合、結構な頻度で手持ちのモノを見直すので、その都度「これはいるか、いらないか…」と考えることになるんですね。

毎回そうしているうちに、ボタン1つのために悩むそのちょっとした時間がだんだん面倒になってきました。(←笑)

ということで、手放します。

もし取れてしまったら、洋服の寿命が来たと割り切ればいいや。うん(^^)

Ads by Google

なかなか使ってないキラキラのヘアピン

こちらもいつか使うかもと思って取っておいた、キラキラのヘアピン。

昔はちょっとしたお出かけなんかにも、サイドの髪を耳にかけて固定する時にさして使ったりしていたんですが、最近は全然使ってませんでした。

というのも、そもそも外に出かけない上、最近使用しているアクセサリー類もほとんどシルバーカラーで、つけてみてもなんだかチグハグ。なにより、最近「クール」「モード」「メンズ」っぽい服に惹かれているので、髪だけキラッキラにすることもないだろうし…。

「うん。これは間違いなく使わないだろうな。」

そんな結論に至りました。笑

あまり高いものでもなかったし、使いたくなったらその時に買うことにしました(^^)

Ads by Google

ゴールドのクレセントコーム

上のヘアピンと似たような理由でつけていなかったクレセントコーム。ダイソーのモノなので、珍しいものでもありません。

それなのに手放せなかったのは、ただ「月が好き」だから。どちらかというと、実用品ではなくてコレクション的な扱いだったのかもしれません。

「コレクションなら取っておいてもいいかな?」と思う反面…「収納する際に結構嵩張るのが、なんだか癪だ」とも思っていたんですね。笑

「月が好き」ということだけがこのクレセントコームを持っている理由でしたが、結局のところ使っていないし、収納に嵩張るのにもイラッとしてるということで、今現在「快」でいられる選択をして、手放すことにしました。

使いたくなったら、髪が伸びた時に買い直そう!100円だしね。笑

Ads by Google

ディスクタッチペン(キャンドゥ)

こちらも100均商品。タブレットやスマホに字や絵を描く時に使う、タッチペンです。

このタッチペンは、ディスク部分が透明になっているので、狙ったところに書くことができるので非常に便利なんです。

…「便利なのに何故使わないのか」って?

そりゃあ…私は絵を描きませんし(!)家にいる時も、このディスク状の部分の蓋を取り出す外してからメモ帳を開いて画面に書くより、ボールペンとブロックメモを使って書く方が早いですからね。…つまり、好奇心で買って失敗しました。←

画像をモザイク処理する時だけは細かく書けて重宝しましたが、モザイク処理もそんなに頻繁にするわけでもないし…私には使いこなせないということが、よーくわかりました。笑

ただ、これは妹の職場で使えるかもしれないとのことで、引き取ってもらえました。

私も「使ってみたい」という好奇心を満たすことができたので、満足して手放しました(^^)

Ads by Google

無印のパフ

メイクをする際、長らく愛用していた無印良品のパフ。

別に嫌いになったというわけではないのですが、最近別のパフを使用するようになったので、折角だからそちらに統一しよう!と思ったという…それだけです。笑

ちなみに最近使っているパフというのがこれ。

キャンドゥで購入した「もちもちパフ」というものです。

これ、巷で大人気のパフ「エバーソフト」にそっくりなんだそうです。(本家には敵わない!というレビューも多いですが)

私はエバーソフトは使ったことがないんですが、そのあまりの人気さゆえ、もともと300円のお品がアマゾンで高値で売られているのだとか…。

調べてみたら、現在(2018年12月)1700円で売られてました…まじか。汗

定価の300円であれば本家の使い心地を試してみたいと思ったのですが、1700円もするメイクツール(しかも消耗品)は庶民にはなかなか手が出せない…!ということで、私はキャンドゥのもちもちパフを選択したというわけです。悲しきかな。

本家との比較はできませんが、無印良品のパフと比べるとかなり薄付きで粉がつく感じがします。なかなかいい感じ(^^)

ただ、もちもちパフは厚みがあって弾力もあるので、ファンデのケースに収まらない!蓋は、運が良ければしまります。

少し話が反れましたが、とりあえず無印良品のパフは一旦手放すことにしました。

Ads by Google

コスメ類

「相変わらずマキシマムな私のコスメポーチ。年末だし(?)、ちょっと引き算しようかな…。」

そう思って手放す対象となったのが、「アイシャドウパレット」と「チーク」の2つ。

アイシャドウパレットは、まだまだ残っているカラーはあるものの、一番好きなカラー(右上のモーブ)が底見え

「捨てるのは勿体無いけど、私多分、この色がなかったらこのアイパレットは使わないだろうな…。」

そう思ったので、思い切って手放すことにしました。

一応アイシャドウは手持ちにアディクションの「9 1/2(ナインアンドハーフ)」があるので、現在はこれにセザンヌのジェルアイライナー(バーガンディー)を足して使ってます。

上下にアイシャドウ塗って、目尻と下まぶたにジェルアイライナーをくの字に引いて、ぼかすだけ。実際はこんな感じです。↓

バーガンディーを使ってるけど、ぼかせばそんなに派手じゃない(はず)。

チークに関しては、「もう少し時短メイクできないかな…」と思ったことと、(肌荒れしてるから)肌に塗る色物コスメを少しでも減らしたかったことが、手放そうと思ったきっかけです。

それと、マスクをした時にがっつりマスクに色がうつるのも、実はちょっと気になってました。

「チークなしメイクって、ありなの?」と思って調べてみたら、血色のいい人や、アイメイクとかリップにポイントを持ってくる人はつけてないということもあるようですね!セレブの間でも一時期流行ったりしたそうです。

私は顔の血色は良くないけど、チークよりもリップにポイントを持ってきたい派なので、辞めても全然大丈夫そう。ということで、一旦手放すことにしてみました。

これで思う存分、マスクできるぞっ。(←?)

Ads by Google

最後に

「いつか使うから取っておこう」と思って取っておくモノって、ほとんど使われることはないです。

それどころか、使ってないモノはどんなに小さなモノでも目にするだけで、自分の中で「これは、いつか使うから取っておいてるの!」という言い訳みたいなものが頭によぎるようになります。

しかも、目にするたびに毎回、自然と頭の中で繰り返されるので…地味〜にストレスになります。(それがストレスになっているとは、自分では気づきにくいものだけど)

でも、ストレスを感じていたことに気づいてしまえば、あとは簡単です。

「どうやって使おう…いつ使おう…」とウンウン頭を使うより、「元々使ってなかったのだから、ないものとして扱おう」と潔く手放す方が、やっぱり楽なんですよね。

小さなノイズを捨て去ったことで、また少し、頭の中が軽くなったような気がします!(←あまり良くなったように聞こえない表現w)

ということで私の「年末プチ手放し」は終了ですが、これを機に、あなたも「年末プチ手放し」で小さなノイズを取り去りませんか?

昨日よりちょっとだけ身軽になって、共に良い年末を迎えましょう(^^)

ということで今回はこの辺で!

ではでは(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました