スポンサーリンク

ダイソーの2in1充電ケーブルがモバイルバッテリーのお供にぴったり!

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

昨晩のこと。

モバイルバッテリーと併用していた充電ケーブルを、うっかり壊してしまいました。

ものの見事に、根本からぽっきり…泣

ちなみに

私が持ち歩き用に愛用していたのは、2in1タイプの充電ケーブル

2in1というのは、一本のケーブルでライトニング端子とmicro−B端子が付いているもので、ケーブルを二本持つ必要がないので荷物を減らすのに貢献してくれる優れものでした。

気に入っていたので同じものが欲しかったのですが、この充電ケーブルは、先日プレゼント企画に応募した時に当選した際にいただいたモノでして

探してみましたが、どこで売ってるのかよくわからなかったんですよね…。

なので

この際、別のケーブルを探すことにしました。

スポンサーリンク

新しい充電ケーブルを探してみる

いつも通りネットで検索してみると、1本1000円前後のモノがたくさんありました。

レビューを見つつ色々比較してみたんですが、あまりに数が多かったのでだんだん面倒に…。笑

そこで、通販での購入は一度諦めて、近所にある100均で探してみることにしました。

すると…

めっちゃ良さそうなの、ありました!

早速買ってきたのが、こちら。

スポンサーリンク

ライトニング micro−B 充電・通信ケーブル

こちら、ダイソーで購入しました。

商品名にもある通り、この一本でiPhoneとAndroidが充電できるとのことです。

早速開封してみます。

見た目はいたって普通の充電ケーブル。

2種類の端末を充電できるらしいけど…二股に分かれているとか、そういうわけではないんですね。

どういうことなのか、ケーブルの先端をよくみてみると…

A(Android)

裏返してみると…

i(iPhone)

との表記がありました。

つまり

充電したい端末の機種の頭文字を上にして差すことで、各々の端末が充電されるという仕組みになっているようです。

これはすごい…!

コンパクトだし、とても便利!

裏表を間違えるともちろん充電されませんが、文字が立体的になっているので、指で触るだけでも「i」か「A」かを認識することができますので

よほどのことがなければ、特に差し間違いはしなそうです。

暗闇で充電しなればならない時(あまりないかもしれませんがw)にも指で文字が確認できますし、そこは地味にいいなーと思いました(^^)

スポンサーリンク

最後に

今回は、持ち歩き用の充電ケーブルをダイソー商品に変えてみたというお話でした。

接触不良がすぐに起きなければいいな…

こればかりは使ってみないとわかりませんが、現時点ではとてもいい商品だなーと思います♪

ただ、

ケーブルの長さが50cmしかないので、自宅の布団でゴロゴロしながら使ったりするのには(短すぎて)使いづらいかも…?

その分、モバイルバッテリーのお供としては抜群に使いやすい長さであるとも言えますけどねっ(^^)

「多くのガジェット(スマホ、Bluetoothイヤホン、Kindleなど…)を持ち歩きたいけど、充電ケーブルはたくさん持ち歩きなくないんだ!」

という方にはおすすめのケーブルです♪

ということで、今までお世話になっていたこちらのケーブルは手放します。

半年間という短い期間ではありましたが、その間、とても快適に使わせてもらいました。

今までありがとう!

そして今後はダイソーケーブル、よろしくね!

より一層コンパクトになったなー。

すっきりです(^^)

ということで今回はこの辺で!

ではでは(^^)

コメント