コスメの使用期限って知ってる?使用期限を基準に手放してみた

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

私には、「無性にコスメを見直したくなる時期」というのが定期的にきます。

毎日使用しているモノでさえ、「この中から何か一つを手放すとしたら何が要らないだろう…?」なんて考えてしまいます。(主に時短のために減らしたい。笑)

…まぁ、どれもこれも毎日使用しているので全然捨てられてないんですけどね。←

スポンサーリンク

プレストパウダーが底見え。角にまだ残っているけど…捨てる?捨てない?

で、つい先日もメイクポーチを見直していると、プレストパウダーが底見えしていることに気が付きました。真ん中の方が底見えしているけど、周りには残ってる状態。

そこで疑問が湧いてきました。

「コストのことを考えるなら周りに残っているパウダーも使った方がいいよね。いや…でもブラシ類は全部手放したし、パフじゃ均一に粉を取ることも出来ないしなぁ…。

…そもそも、正式な捨て時っていつなんだろう…?」

もやもやした私は、黙々と検索。

ある人は「最後まで綺麗に使い切る」

またある人は「底が見えた時点で捨てる」

様々な意見があって迷っていたのですが、「これだ!」と納得した説(?)がありました。

それは「コスメの使用期限を基準に捨てる」というもの。

なるほど。使用期限…!

これまでは「使用頻度は高くなけど、いつか使うような気がして処分できなかった」というアイテムも、これを基準にしたらごっそり手放せるはず…!

ということで、早速調べてみることにしました。

スポンサーリンク

コスメの使用期限、知ってますか?

防腐剤が入っていないコスメに関しては「使用期限は開封後○ヶ月以内」というような表記が入っているのかもしれませんが、一般的なコスメの使用期限って、記載されていないものが多いですよね。

というのは、「製造から3年を超えて品質が安定しているコスメには使用期限を記載しなくてもいい」という薬機法というのが適用されているからなんですって。へぇー。

しかし!

「3年を超えて品質が安定している」というのはコスメが未開封の場合だけであって、開封後は使用期限がぐんと早くなるそうです。

開封後は空気に触れて酸化しますし、使用しているうちに雑菌も入るでしょうしね。

そこで、どれくらいコスメが使えるのか簡単にまとめてみました。

衝撃(?)の使用期限の目安は、こちら…!

2年以内

・チーク
・フェイスパウダー(粉) 等

水分や油分が少ないパウダーという形状であることと、基本的にファンデーションの上から使用するこれらのものは、雑菌や酸化はそこまで気にしなくてもいいらしいです。

ただ、チークに関しては色んな質感のものがあるので注意が必要。クリームチークやウォーターチークといった水分多めのものは、もっと早めに捨てたほうがいいかもしれません。

1年以内

・パウダーアイシャドウ
・パウダーファンデーション
・ペンシルアイライナー 等

やはり水分や油分が少ないパウダー系コスメは長持ち!

それでもファンデーションのパフやアイシャドウのチップは清潔に保つ必要がありますので、油断大敵です。

アイライナーに関しては、リキッド系のモノよりもペンシルや繰り出し式の方が衛生的には良いみたいです。(消費したり削ったりすることで、都度新しい部分が出てくるため)

6ヶ月以内

・化粧水やクリームなどのスキンケア用品
・洗顔、クレンジング
・日焼け止め、化粧下地、コンシーラー
・リキッドファンデーション 等

肌に直接触れるスキンケア用品、下地、リキッドファンデーションなどは半年が使用期限だそうです。

日によって複数のクリームや美容液を使い分けている、という人ほど期限に注意ですね。(かくいう私もレチノール系コスメを2つ併用して使用しているw)

ちなみに、個人的に意外だなーと思ったのが、洗顔やクレンジングの使用期限も半年だったということ。

確かにお風呂場で使用したり、水で濡れた手で扱うことを考えたら…納得できるような気がします。

3ヶ月以内

・マスカラ
・リキッドアイライナー
・リップグロス、口紅 等

水分や油分が多く、粘膜に使用するこれらのアイテムは雑菌が増えやすいので、特に注意が必要なアイテム!

ただ、水分が少なくて繰り出し式である口紅に関しては半年〜2年は大丈夫というような意見もありました。変色や臭いで「あれ?」と思った時点で捨てるのが良さそうです。

スポンサーリンク

以上を踏まえて私が手放したコスメは?

以上がざっくりとしたコスメの使用期限でした。

それを踏まえた上で、手持ちのコスメを見直してみました。

プレストパウダー(1〜2年以内)

私が捨てようと思っていたプレストパウダーは開封してから約6ヶ月なので、まだ使えるということになりました。

…でも。

「やっぱり底見えした時点で捨てる方が、パフ使いの私にはいいのかも。」と思って、結局手放しました。

そして、セザンヌのUVシルクカバーパウダー(01:明るい肌色)を購入しました。


やっぱり新しいコスメは気分があがりますね(^^)

ちなみに前に使用していたUVシルクフェイスパウダーより若干値段は上がりましたが、より紫外線をカットしてくれる仕様になったみたいです。

相変わらず石鹸で落ちるし、お肌にも優しい使用感。

個人的にはとても満足してるし、おすすめしたい一品(^^)

パッケージがキャンメイク(おもちゃっぽくて可愛い感じ?)っぽくなった気がしますが、これはこれでいい感じ(^^)

コンシーラー(6ヶ月以内)

肌荒れが悪化して以来、ずーっとお世話になっていたザ・セムのコンシーラーも、6ヶ月位使用していました。

なので古いモノは一度手放し、新たに買い替えました。

ちなみに今回はワントーンあげたライトベージュ(1.25)にしてみましたが、私はこっちの方が肌なじみがよくて、買い替えて良かったです!うん。

安くて優秀なので、かなりおすすめ。

最近は新たな肌荒れはなくなってきているものの、ニキビ跡があるのでまだまだお世話になります(^^)

練りタイプのハイライト(6ヶ月以内)

RMKのグロースティックの使用期限は6ヶ月位。

ですがメルカリで中古で購入したため、トータルの使用期間がわからないという難点が…。

ということで、一度手放すことにしました。

日によって使ったり使わなかったりだったので、必要性を感じた時点で今度は新品で買い直したいと思います。

乳液(6ヶ月以内)

この乳液はスキンケアとしてではなく、主にコンシーラーなどの石鹸落ちしないメイクを拭う「クレンジング用」として使用していました。

が、開封してから6ヶ月以上経過している上に、使用頻度もそこまで多くなかったので、そのまま手放すことにしました。

リキッドファンデとかウォータープルーフマスカラを使っているわけでもないので、なんだかんだメイクはマジックソープだけで十分落ちている…と、思っています。(←思ってるだけかもw)

リップティント(3ヶ月以内)

こちらはケイトのカラーセンサーリップティント。なんと、開封から1年経っていました!

でも、使ってなかったわけではないんですよ。

仕事に行くたびに必ず!欠かさず!塗っていたんです。にもかかわらず、1年経っても中身が残っているという…。(週3程度しか働いてないせいで、なかなか減らなかったというのもあると思いますが)

頻繁に使っているアイテムとはいえ、使用期限的にあれなので…さすがに手放すことにしました。笑

でも発色も持ちも良かったので、「日常使いしたいけどコスパも重視したい」という方にはおすすめのアイテムですよ(^^)

私位の頻度だと3ヶ月では使いきれなくて勿体無いですが。笑

スポンサーリンク

最後に

使用期限を基準にコスメを見直すメリットは、「あまり使ってないけどまだ残っているから…」とか「高かったのに捨てるの勿体無いから…」という感情を無視して半自動的に手放せるということ。

コスメ一つ一つと向き合っていると、どうしても捨てられない理由を集めがちですが、この方法だとあまり深く考えずに手放すことができるので楽ちんです(^^)

それに結局のところ、「古くなってきたなぁ」と自覚しているコスメをちまちま使っていても、気分は上がりませんしね…。

実際に肌荒れに直結するデメリットもありますし。

ということで。

今後はこの判断基準で手放しをしていきつつ、各アイテムは期限内に使い切れるだけの1軍しか持たないように心がけます。

あなたのポーチに入っている一番古いコスメはどれでしょう?是非チェックしてみてくださいね(^^)

それでは今回はこのへんで♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました