我が家のお風呂場は11個のモノだけで語れる。

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

今回は我が家(彼と二人暮らし)にあるお風呂場のモノを全て晒してみようと思います。

最初に言いますが、特に大したものはないと思います。←

ただ…

私はアラサー女子なんですが、モノの選択肢がちょっと男性寄りだったりズボラなところがありまして、多少ツッコミどころが見受けられるかもしれません。

「女子なのにお風呂場にクレンジングないの!?」
「気分上がりそうなモノ、なんもなくない!?」
「なんか色々少ない…。汗」

と、中にはドン引きするオシャンティー女子もいらっしゃることとは思いますが(笑)、よろしければ楽しんでってくださいね(^^)

それでは、行ってみよー!

スポンサーリンク

我が家のお風呂場にあるモノ、全て

早速、お風呂場にあるアイテム11個を紹介します。

ちなみに実際にお風呂場に置いてあるモノは7つ、都度持ち込むモノや基本お風呂場の外にあるモノは4つあります。

リンスインシャンプー「ソフトインワン」

泡立ちのいいリンスインシャンプーです。

昔から私のブログを読んでいる方から「いやいや、そこはずっと浮気なしのアマトラのシャンプーじゃないんかい!」ってツッコミが入りそうなんですが(笑)、実は色々あって、替えました。

その理由というのが、彼との同棲

私がまだ実家にいた頃、アマトラのシャンプーを彼に試してもらったんですが、「アマトラはしっとりしてるせいか、自然乾燥が遅い」とのことで、もう少しさっぱりしているモノを探すことになりました。

で、かなり乾燥肌の彼は合わないシャンプーだとフケが出やすいようだったので、色々なモノを試した結果、「ふけ、かゆみを防ぐ」というこれに落ち着いた…というわけです。

シャンプー・リンスがこれ一本で済むのはアマトラ同様に時短になるし、お徳用を買うことでコストの面でもかなり安く済むので重宝しています。

ちなみにシャンプーの色はうす緑っぽい色で、毎回スライムで洗っているような…妙な気分になります。←

…嫌いじゃないけど。笑

液体石鹸「マジックソープ」

マジックソープは実家にいる頃から使っていて、主に私がメイクを落とすのに使ってます。(稀に体も洗うけど)

原液のままだとかなり乾燥するので、手のひらにちょびっとだけとって、たくさんの水でさっくり泡立ててから顔に使用します。

私はそこまでがっつりメイクをする方ではないので、これで十分です。

「私たち、普段は石鹸使ってません。」

ちょっと余談です。

先程「稀に(石鹸で)体も洗うけど」という風に書きましたが、言葉の通り、私も彼も、基本的には体はお湯のみで洗っています。

私は読書やネットを通じて「タモリ式入浴法」「宇津木式」を知っていたのでゆるーくそうしていたのですが、彼は元々元々ボディーソープ+硬めのボディタオルでガシガシ洗うのが好きなタイプの人でした。

でも、彼はものすごい乾燥肌です。

どのくらいの乾燥肌かというと、お風呂上がりや睡眠時にスネあたりをガリガリとかいて、血を出すほど。汗

あまりにひどいので「お湯だけでも皮脂や汚れは落ちるらしいし、一度石鹸もボディータオルも、辞めてみたら?」と提案したところ、すぐに実践してくれました。

それに加えてiHerbのMSMクリームも併用してもらったところ、かきむしってカサブタになっていたスネの乾燥も一週間ほどでつるつるになり、その後も寝ている最中に足をかきむしることもなくなりました。

薬用MSMローション

そんなことがあって以来、彼はあれだけ好きだった「かたいボディータオル」を処分し、必要なときにだけ液体石鹸を使用する今のスタイルに落ち着きました。至って快適そうです。

つまり、この余談で何が言いたかったかというと…

「石鹸を使わない=不潔」というイメージが根付きすぎて、乾燥肌の人が可哀想なことになっているなぁ、ということ。

私のように周りに「ボディーソープ使ってません!」なんて宣言する必要は全くないので(笑)、乾燥肌の人はひっそりと試してみることをおすすめします。改善するかも。

ちなみに私は乾燥肌ではないんですが、同じような方は次の「塩」が参考になるかもしれません。

話が大分反れましたが、本編に戻ります。

塩「あらしお」

極度の乾燥肌の彼とは打って変わって、私の肌はペタつくことが多い肌質です。

昔は「たくさん洗えばさっぱりするんじゃ?」とせっせと体を洗っていましたが、それは「肌の常在菌をこれでもか!といじめているということ」という認識になってから、むやみに石鹸を使うことはなくなりました。

代わりに、さっぱりと洗いたい時には塩を使っています。

使う分だけ塩をお風呂に持ち込んで、それを濡らした肌の上にぽんぽん乗せて…

しばらく置いて粒が溶けてきた頃、よく洗いたい肘や膝などをスクラブのように軽くくるくるしてから、シャワーで洗い流して終わり!

これをたまーにすると、肌がつるつる、ふわふわ、さらさらになるんです(^^)

ちなみにこれは、飽和食塩水を体に塗って、その浸透圧で体の汚れや毒を排出する「塩浴」を参考にしています。

そしてこの「あらしお」は、精製塩とは違ってミネラルを含んでいるお塩。

比較的安価で手に入るので、浄化用だったりたっぷりお風呂に溶かして使用する人も多いようですよ!(気になった方はレビューなんかを覗くと参考になるかもしれません。)

あ。

私が塩で体をこするのはさっぱりしたいからなので、肌が弱い人が試したい場合はこすらないようにしてくださいね。笑

100円の「丸型シャンプーブラシ」

小さい頃から実家で使っていた丸型シャンプーブラシは、引っ越した現在も取り入れました。

特別珍しくもない、セリアで2つで100円のモノなんですが、これをシャンプー前に使うと、頭皮が気持ちいいんですよね。

(今は使ってないけど)リンスを塗り伸ばす時や、洗い終わった髪をシャキッと整えたり…抜け毛を取り去ったりする時にも重宝します(^^)

しかも使い終わってそこら辺に置いておいても、水がさっと切れてすぐに乾くので、衛生的なのも好き。

ただ、一度買うとながーく使えるので、取り替えるタイミングが難しい!

それが唯一の悩みです。笑

100円の「洗面器」

これまたなんの変哲もない洗面器

普段はあまり使用していなくてドアに引っ掛けてありますが、お風呂場で手洗いしたい洋服や手ぬぐい、メイク用のパフなんかを入れる時はこれがないと困ります。

なかったらなかったで大丈夫なような気もしますが…やっぱりあると便利です。

ちなみにお風呂場に置くものはなるべく白にするようにしてます。なんとなく。

カミソリ「シック ハイドロ5」

主に私のムダ毛処理専用です。(彼のお髭は電動シェーバーなので)

私は昔、全身脱毛に通っていたのですが、まだちょろっと生えてくる子がいるので、たまーにカミソリを使用します。

で、どうしてあえて男性用のシェーバーを使っているのかというと…女性用のカミソリよりも上質そうな気がしたからです。

〜以下、購入時の回想が繰り広げられます〜

男性の髭って、比較的かたいよね。

それなのに、デリケートな顔に生えてるよね。

しかも顔だから、凹凸もあって剃りにくいし…。

そんな悪条件の中、男性用カミソリは…デリケートな顔を傷つけないよう、ワンストロークで出来るだけ多くの毛を深剃りしなければならないわけだよね。

だって、何往復もするなんて許されないはず。

何度も顔に刃を当てたら、荒れちゃうから!

以上のことに対応できるように改良を重ねに重ねた男性用カミソリこそ、きっと至高の使い心地のはず…!

そして女性の柔肌にも、きっときっと最高の使い心地のはずだ…!

〜回想終了〜

ということで…

男性の顔用カミソリ、贅沢な気持ちで体に使わせてもらってます。

にしても…

私の頭の中どうなってんだ。

タオル「ヒオリエのビックフェイスタオル」

お風呂から上がったら、体を拭きます。

我が家にはバスタオルはなく、代わりにヒオリエの少し大きめのフェイスタオルが10枚ほどあるので、これを使います。

ちなみにバスタオルではなく、あえてこのビックフェイスタオルを使っているのは、バスタオルと比べて「値段が安い」「洗濯後、乾きやすい」「収納時にかさばらない」「使う用途が多い」という理由があるからです。

タオルはこのカゴ一つで管理してます。

「体を拭くもの」も「キッチンで手を拭くもの」も特に区別はなく、ここに入っているタオルは好きなだけ使い放題というゆるーい感じでやってます。

が!

「補充は後ろから、使うときは前から。」というルールだけは徹底しています。

こうすることで「一枚だけ使われずにしまわれっぱなし…」みたいな状態を防げるので、老化するときも全部一緒です(^^)

お風呂の洗剤「バスマジックリン」

ここからはお掃除関連のアイテム!

基本的にお風呂掃除は彼の管轄で、使ってみたいモノを選んでもらったら緑色のバスマジックリンになりました。

我が家のお風呂には鏡もついてないし、床と浴槽の素材もおんなじ。

なので、基本的にはバスマジックリン一本とスポンジだけで全部お掃除できてます。

「過炭酸ナトリウム風呂にお風呂小物をつけると、全部ピカピカになるんだよ」という情報を与えてみるも、そもそも風呂につけるモノが洗面器位しかないことに気がついたので、過炭酸ナトリウムは実家に返しました。笑

100円の「バススポンジ」

セリアで購入したバススポンジ。

バスマジックリンをシュッ!とした壁や床を、この子でこすります。

…どうしてこれを選んだかって?

なんか、可愛いから!

…ただ、それだけ。笑

カビの防止「お香」

私は元々お香を炊くのが好きで、ストックは欠かさないようにしているんですが、そのお香はお風呂のカビ防止剤としても役立っています。

使い方は簡単。

ただお風呂でお香を炊いて、ドアを締めて放置するだけです。

手が届かない天井や換気扇の奥まで煙が入り込んで除菌してくれるし、何より次にお風呂に入るとほんのりお香の香りがして癒やされます(^^)

「いつやる」という決まりはないんですが、主に週末などの時間があるときに、ふと思い立ったらお風呂で燻らせています。

ちなみに「フランキンセンス」が一番のお気に入りです♪

100円の「髪の毛シート」

ダイソーやキャンドゥに行った際に買い溜める、髪の毛シート。

これを貼っておくと、抜けた髪の毛の処理が楽です。

本当は「髪の毛くるくるポイ」っていうのが使いたかったんですが、うちのお風呂、排水口の蓋が取れないタイプのやつで断念しました。(悲しきかな…)

スポンサーリンク

最後に

ということで、お風呂場にある(使っている)モノ11個でした!

もっとさっくり紹介するつもりが長くなってしまったけど…(笑)、ここまで読んでくださってありがとうございました…!

高価なモノやおしゃれなモノは何一つないですが、気軽に試せるようなモノばかり(100均多かったw)なので、よければ参考にしてみてくださいね(^^)

ということで今回はこのへんで!

ではでは〜(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました