好きなモノ「だけ」に囲まれて暮らしたい、買い物好きなミニマリストの雑記ブログ

モノ

3年浮気なし!私が高級シャンプー「アマトラ」を使い続けている理由

投稿日:2018-01-11 更新日:

ご訪問ありがとうございまず。みや(御山宮)です。

先日Amazonにて注文していたシャンプーが本日届きました。あと数回分で無くなりそうだったんですよね…!危ない危ないw

届いたついでに、今回は私が長らく愛用しているシャンプーをご紹介したいと思います。

私が約3年もの間浮気せずに使い続けているのは…

     スポンサーリンク




「アマトラ クゥオ ヘアバス」

じゃん!こちらのシャンプーになります。

私は過去に黒髪ロングヘアだったんですが、その頃(お金をかけていた頃)は2週間に一度トリートメントしていたり、色々なヘッドスパに行ってみたり、2万超えのブラシを試してみたり、頭皮のトリートメントからクレイシャンプー、石鹸シャンプーまで買って試しまくってました。

それが今はこのシャンプーのみ…そう、トリートメントは使ってません

…我ながら、極端にシンプルなケアになったなーと思います。笑

さて、このシャンプーを愛用している理由をさくっとあげていきたいと思います。

美容師さんも勧めるアミノ酸系シャンプー

まず最初に、このシャンプーに興味を持ったのはアミノ酸系のシャンプーだったからです。

美容師さんとの会話の中でも「アミノ酸系のシャンプー」をおすすめしている、または取り扱っていることを売りにしているサロンは多いと感じました。

その理由とは

・弱酸性で髪のキューティクルを引き締める
・洗浄力が強すぎないので頭皮と髪に優しい
・ヘアカラーの持ちがいい
・適度に潤いを保たせるのでくせ毛にも良い

というのが大きいところです。…多分。笑

 

美容室に行くとよくトリートメントを勧められますが、最近の私はトリートメントは重視してません。

どういうことかというと、極端にいえば「カット+トリートメント」で5000円のところよりも「カットのみ」で5000円のところに行くということです。

湯水の如くヘアケアに使っていた昔に比べたら今は大分冷静になって、数カ月に一度のトリートメントよりも、毎日のシャンプーにお金をかける方がいいと思うようになりました。

ゆえにここ数年の私はそんな感じです。はい。

ノンシリコン(アミノ酸系)なのに泡立ちが良い

ちなみにこちらのシャンプーはノンシリコンです。ノンシリコンシャンプーはアミノ酸系であることが多いですが、その特徴の1つとして「泡立ちの悪さ」があげられます。

良く言えば「洗浄力が弱いから髪を優しく洗える」わけですが、それだと「さっぱりしない」、「洗えた感じがしない」と思う人もいるようです。

が!このシャンプーは「きめ細やかな泡が立つ」のが特徴であり、魅力です。

私が今まで使ってきたノンシリコンシャンプーで泡立つものだと、比較的さっくりとした泡立ちをするものが多い印象でした。

しかしこちらのシャンプーのは「もっちりとした泡立ち」という表現がしっくりきます。

一度で洗ってみて泡立ちが悪いと感じたら、一度流してから二度洗えば少量でも「もこもこ」になります

 

ちなみにこの泡質であることが使い続けている別の理由につながっています。

それは…

「泡パック」が出来るからトリートメント要らず

そう。トリートメントを使用していない理由はこの「泡」にあるんです。

アマトラの公式サイトにも記載されていますが、成分が上質で浸透性もあるのでシャンプーだけでも高いトリートメント性があるんです。

私はカラーリングをしていないのでそこまで傷んでないと思ったので、最初の段階からこのシャンプーのみを使用してみました

バサバサになったらトリートメントを追加で購入しようと思ってましたが、なんだかんだ必要なくてこれ一本で済んでます。

「シャンプーとリンスはセットで使う」という概念が崩れた瞬間でした。

さて、高いトリートメント性があるということは(人によりますが)これ一本だけ使えばいいということです。

するとここから更に3つのメリットがあります。

時短になる

お風呂に入って髪を濡らしたら、シャンプーしますよね。泡立てますよね。普段ならそれを流して、水気を軽く切ってからリンスやトリートメントをして時間を置いたりしますよね。

地味に過程が多い…。

というか、前までそれが当たり前だったから長いとも思っていませんでしたが。笑

しかし、アマトラのシャンプーなら泡立てたまま放置できます。

その間に顔を洗ったり体を洗ったりして、最後に頭からザーッと流したら終わりです。

この楽さを覚えたらそりゃーこれ以外を使いたくなくなります。笑

リンスのボトルの管理をしなくて済む

通常だと、シャンプーとリンスって同時に使い切ることって無いじゃないですか?

どっちかというとシャンプーの方が先になくなってリンスだけ残るというか…。

でも、買う時は「シャンプーとリンスのセット」の方がお得だからって同時に買いがち。すると、リンスのストックだけ増える…みたいな。

アマトラの場合はリンスは買わなくていいので、リンスの残量の管理が必要なくなります。

シャンプーが無くなったらシャンプーを買えばいい。わかりやすいですよね。

もう一個いうと、ボトルも一本しか置かなくていいので省スペース!

ここ、ミニマリストポイント高いです。笑

コスパがいい(大容量ボトルを購入)

アマトラのシャンプーはアミノ酸系なので、どちらかというと高級な方…お値段が高めだと思います。

通常サイズの容量は400mlで、通販では大体3000円前後で売られていることが多いです。

↑こんな感じのサイズ感

でもこれを思い切って大容量(1000ml)にすることでどうなるか。(現在の価格は約4500円です)

 

Amazonで前回の購入履歴が残っていたので、新しく購入する前にスクショしておきました。

その画像がこちら↓

髪をショートカットにしたからか脅威のコスパ…!

これ見て自分が一番引きました。

だって最後にシャンプー買ったの去年の4月ですよ…?w

今は1月なので、これ一本で約9ヶ月もったことになります。すると一ヶ月あたり500円で使えていたことになるんです。

高級シャンプーなのに、1日16円で使えてる…!

ロングヘアの場合

ちなみにロングヘアの時だと約半年でした。

それだとしても一ヶ月750円です。1日25円ですね。

その当時の写真が残ってたので(メルカリ用に撮ってた)、載せておきます。

シャンプーだけのケア(ロング時代)はこんな感じでした。

これはコンディショナーもアウトバストリートメントもなし。ドライヤーとつげ櫛のみの仕上げです。

綺麗かどうかは置いておいて、シャンプーだけでもストンとまとまってくれるのは良かったです。

これでアイロンとあんずオイルすれば完璧な艶髪になるんですけどね…!あんずオイルについての記事はこちら↓

私がロングヘア時代に溺愛していた「あんず油 髪つやつやスプレー」を猫っ毛&ロングヘアの女性におすすめしたい

※ただし、専用ポンプを購入する必要あり

ちなみに大容量ボトルにしたい方は、専用のボトルポンプを別途購入する必要があります。

最初はちょっとお金がかかってしまいますが、私は約3年使っていますが一度も壊れてません。

買い直してなので更にコスパは上がるばかり。なので、「長く使いたい人」には大容量ボトルの方を強くおすすめしておきます!

セットで販売されているのが狙い目。

香りが良い

これは好き嫌い個人差があるところではありますが、柑橘&ハーブ系のいい香りがします。

ほんと、美容室で香っている「ザ☆高級なシャンプー」という感じの香り

公式サイトには「地中海の風のようなブリージング・シトラス」とありますが、ベルガモットやレモングラスの香りのようですね。

私は好きです!

…ただ好きです。

…言いたいことはそれだけです。笑

スポンサーリンク

最後に

途中からこんなズボラケアにしたにも関わらず、行く先々の美容室で「髪キレイだねー。何か特別なもの使ってるの?」と聞かれてました。

ただ…そこで「アマトラ」の名前を出しても、1人も知ってる人いなかったんですよね。(驚)

こんなに良いモノなのに、知らないとはなんと残念なことか…!

まぁ…大々的に広告を出している感じではない商品なので、髪に気をつけてアンテナを張っている一部の人しか知らないような商品なのかも…。知る人ぞ知る、みたいな。

いつかこのシャンプーを知っている美容師さんに出会えたら語らってみたいです。

その人となら私、絶対楽しくキャッキャウフフ出来る自信があります。(←知らんがな)

シャンプーは人によって合う合わないが大きく現れるものだと思うので、試したい方はまず小さいサイズを購入することをおすすめします。(少し割高ですが…)

現在シャンプージプシー中の方は、この機会に試してみてはいかがでしょうか?(^^)

あなたの新しい選択肢の1つになれば幸いです♪

 

では、今回はこのへんで!

最後までご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前:御山 宮(おやま みや)
東京都在住。1990年生まれ。

最近の興味:
Kindleで読書、通販、断捨離、低血圧と塩、干し梅、メイク、カモミールティー、100均、ウール、ほうじ茶ラテ。

私を一言でいうと?:
「低収入でいいから時間が欲しい人」
「アファンタジアの人」
「とても低血圧な人」