スポンサーリンク

アファンタジアと瞑想の相性って実は良い?私がびっくりした「呼吸が止まった瞑想法」のやり方とは

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

年末辺りからまたちょこちょこ瞑想するようになりました。きっかけは「瞬間ヒーリングの秘密」という本を読みはじめるようになってからです。

ちなみにこちらは瞑想することを目的として手に取った本ではなくて、最近の私の興味が向いている分野の「波動」や「周波数」がどう人間に働いているのかを探している最中に見つけた本です。

この本の全体の内容としては気功やレイキなどのヒーリング系のイメージが近いと思いますが、今回は瞑想のことだけを取り上げたいと思います。

この本は現時点ではまだ読んでいる最中ですので、本の内容を紹介するとしたらまた別の機会に…!(すんなりと理解できなくて読破するのに時間がかかっていますw)

スポンサーリンク

私が前に読んでいた瞑想の本

私が以前読んでいた本では、主に「呼吸を意識する」「マントラを用いる」「会陰の呼吸」「光の呼吸法」といった瞑想法が記されているものでした。

それらはどれもイメージ(頭で想像すること)は付きものでした。

頭の中で「蓮の花が開いたり閉じたりするイメージをする」「オーンナーム、スヴァーハー。と心の中で唱える」「目の前に光があるのをイメージしながら呼吸する」…と言ったもの。

ちなみに私はアファンタジアなので、これらの想像が一切できません。常に目の前が真っ暗です。笑

それに加えて不器用な私(エピソード)

そして私は基本的に1つのことにしか集中できないタイプです。

例えば、

友達と焼肉の話をしながら仕事のメールを打とうとすると「明日の仕事は【焼肉食べたい】」というように入力してます。会話していることや思ったことを無意識で打ってしまうことがよくありす。(送信する前に確認してないと大惨事w)

あとは…

数年前に人生初のヨガの体験教室に行った時も、先生が

「はい、ゆーっくりと地面に手をついて体を伸ばしてきますーそのまま呼吸を止めないでー動きを止めずにだんだん姿勢を変えていきますよーはい!吐いてー」

なんて立て続けに言うもんだから、私は呼吸もポーズもついていくのに必死!

最後のシャバアーサナ(屍のポーズ)の時には、横で友人が「あー。気持ちよかったねぇ♪」なんて話しかけて来ますが…私はもうぐったり。本当に亡骸化してました。笑

さて、話を戻します。

そんな私ですから、アファンタジアである前に「呼吸」+「イメージ」のうちの「呼吸」に集中することが既に精一杯でした。

「吸う、吐く」に合わせて「心の中でのイメージ」を一生懸命見ようとする…私にはこれすら難易度が高い。

なので次第に瞑想すること自体、遠のいていました。(やっても集中出来なかったりしたので)

スポンサーリンク

「瞬間ヒーリングの秘密」の瞑想法

私は瞑想法と書きましたが、この本には実際には瞑想法とは書いてありません。

どういうことかというと、この本に書いてある「QE」を実践するための練習としてまず「思考を止める」と書いてあるだけです。

読んでいる内に「あれ?これ瞑想じゃん」と思ったので私がそう言っているだけです。(探してみたら、一回だけ「瞑想」という単語が出てきましたが)

方法としては今までの瞑想と似たような感じなのですが、全体的にこちらの方がすごくシンプルです。そして大きく違うところ、それは「呼吸」に関することが書いてないことです。

「思考を止める」方法

ざっくりというと、

「目を閉じ、ポジティブな言葉を思い浮かべる。その文字がどうなるかをただ見守る。15秒に一度、故意的に自分に質問して『思考を止める』止めた瞬間自分が無になっていることに気付く」

それを1分間だけ、気がついた時にでもちょこちょこやってみてね。「無」がわかってきたらすぐ次の段階いってよいよ!

…みたいな感じで書いてあります(あくまで一番最初の通過点なので軽い感じで書いてある)。

呼吸のことは書いてありません。

スポンサーリンク

アファンタジア流瞑想だとこうなるw

では、私がチャレンジした方法を紹介します。

ちなみに私は「アファンタジア」「2つのことが出来ない不器用人間」ということが前提です。

「目を閉じる。文字を思い浮かべようとしても何も見えないので暗闇をじっと見る。あわよくば何か見えろ!と思いながらひたすら暗闇を見る。…それでも文字が見えないから雑念らしい雑念が沸かない。そして呼吸のことは書いてないから意識しない。ただ暗闇を見る。」

以上です。笑

「どーせ見えないならとことん暗闇見てやりますよ!」みたいな感じでちょっとムキになってます。笑

これを数回試してみて、私がどうなったか

気がついたら呼吸が止まってて、びっくりして息を吸い込んでた。しかも時計をみたら一時間経ってた。

ちなみに呼吸が止まることに関してはここ最近だけで3回ありました。ちなみに過去の瞑想ではこんな体験はありませんでした。

このことから私が思ったこととは…

スポンサーリンク

「もしかしてアファンタジア、瞑想向いてる?」

ということ。

今までは呼吸に意識を向けたり、想像することばかりに目がいってましたが…

瞑想の本当のゴールは「無心になること」でしたよね。(ゴールという概念自体が無かったり、人によるところなので捉え方は変わると思いますが)

アファンタジアだと想像のしようがないんですが、同時に何も見えないならその暗闇だけ見てれば雑念の湧きようがないことがよくわかりました。

私の場合は「あわよくば何か見えろ!」という雑念ありありでしたが(笑)、逆に「何か見えるまで目を開けてやりませんからね!」ということが集中力に繋がったのかもしれませんw

呼吸が止まることに関しては

私はそこまで瞑想している方ではないので知らずに焦って呼吸していましたが、どうやら焦る必要はあまりなさそうです。

熟練した方には結構見られる光景のようで、深い呼吸になっている時はそのまま呼吸が停止することがあるそうです。

α波(リラックスしてる時や集中している時)からθ波(寝る直前のまどろんでいる時)の状態になる時に、代謝が下がって脳が休息してるらしいのです。

私はそれを知らなかった為に、急速に呼吸をして「うわ!呼吸しなきゃ!」となり逆に心臓がバクバクしてましたが…。笑

体に負担がかかるので、急に動いたり焦って無理に呼吸したりするのは止めておいた方がいいと思います。笑

私はそこまで瞑想の経験があるわけではないので到底その域には達しないだろう、と油断してましたが、知っていれば焦らずに済んだんでしょうね…単純に勉強不足でした。

…はぁーびっくりした。笑 ←(本音)

スポンサーリンク

最後に

久々にアファンタジア系のお話でしたが、今回の出来事で「発想さえ変えてしまえば案外アファンタジアも活かせるかもしれない…?」と、ポジティブな考え方が出来るようになりました。

想像が出来る人には想像できる人の、想像できない人には想像できない人の強みというものがあるのかもしれません。

いつかはちゃんと映像で想像出来るようになりたいなーとは思っていますが、現段階ではアファンタジは存分に瞑想に活かせそうなので、もう少し瞑想の頻度をあげたいな…と思いました。

いつかは「光の呼吸法」等もやってみたいです(^^)

アファンタジアの方、この機会に瞑想やマインドフルネスは試す価値は大ありかと思いますよ♪

1分からでも思考の整理に役立つかもしれませんので、興味のある方は是非お試しを(^^)

おまけ

ちなみに一番最近の瞑想の時には「松果体」について調べていて、その流れでなんとなくバイノーラルビートの音を聞きながら瞑想してみました。これです。

(英語わからないので内容が間違ってるかもしれないけど)この動画では最初は14Hertzから始まり、14分後には83Hertzに到達するそうです。(←到達する83Hertzが「うねり音の差」なのか単純に「周波数」なのかよくわかりません)

どうやらその83Hertzというのが松果体(別名サードアイ?)を活性化させるらしいのですが、私が一時間後に(呼吸が止まっていることに気がついて)瞑想を止めてから確認してみると、15分20秒あたりのところで動画は止まってました。

多分私が無意識に止めたんだと思いますが、「14分から本番よ!」というのに一分ちょい聞いて止めるなんて、一体どういうことなの私

「無意識の内に私の嫌な音があったのかな、なんか面白い発見ないかな?」と思ってこの数字についてちょっと調べてみましたが、検索してみてもその周波数に関することはよくわからず…。(あっても英語っぽいのでわからなかった。泣)

現時点ではよくわかりませんでしたが、無意識で止めるってどれだけ嫌だったんでしょうね。笑

いつかわかるといいなー。この件はとりあえずここに記して保留にしておきます。笑

おわり。

コメント