好きなモノ「だけ」に囲まれて暮らしたい、買い物好きなミニマリストの雑記ブログ

殿堂入りの愛用品

眉アイテム一新!私が選んだ「プチプラパウダー」+「名品ブラシ」はコレ!

投稿日:

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

 

今までの私の眉メイクはエテュセ「チップオンアイブロウパウダー」と、ちふれ「アイブロウペンシル」で仕上げていました。

 

「エテュセ」と「ちふれ」での眉メイクがコスパ最強で簡単!私の眉メイク事情を語ります

 

簡単に説明すると、ペンシルで輪郭や足りないところを描き、中をパウダーでふんわり埋めるような感じです。

 

そのメイク法でも特に不満はなかったのですが…

ひょんなことから、アイブロウコスメを総入れ替えすることにしました!

 

今回は、そんなお話です(^^)

     スポンサーリンク




アイブロウコスメを総入れ替えしたくなったきっかけ

ちょうどチップオンアイブロウを使い切った頃、「他にいいアイブロウパウダーはないか」とネットで検索しまくっていると、たまたま眉メイク動画のページにたどり着きました。

その動画の内容は、アイブロウパウダーとアイブロウブラシ、スクリリューペンだけで眉をささっと上手に描いている女性の姿でした。(確かyoutubeではなかった気がする…)

その女性が描く眉のスピードが、まぁ早いこと早いこと…。笑

 

「いやいや…眉ってブラシでそんな簡単にかけるものだったっけ?」

というのも

私は過去(多分10年位前?)、あの有名なケイトのアイブロウパウダーを使っていたことがありました。

確か、付属のブラシでせっせと描いていたはず…

 

まぁ…もともと不器用な私ですから

当然、上手にかけていた記憶はありません。(ドヤ

というか、適当に描きすぎて眉を前髪で隠していたような気さえしてるよ…

 

どうにも上手に描けないので、試行錯誤の上、ペンシル型やチップオンパウダーを組み合わせる形に落ち着いたわけですが

その動画を見てからというもの…

困ったことに、またブラシで眉を描いてみたくなってきました。

 

「なんだとー!おめーぶきっちょのくせに!」(←私の心の声。笑)

 

「また失敗したら嫌だなー」とか思いつつも、「眉が楽しく描けるようになるなら、試してみてもいんじゃない?」とも思いまして…

少しだけぐるぐるした後、

 

「だめならまた戻せばいいや!とにかくれっつとらい☆」

 

という結論に至りました。笑

眉メイクを上手に仕上げるポイントは?

ということで、眉メイクを上手に仕上げるポイントを色々調べてみました。

 

自分なりにまとめたのがこちら。

・単色より複数の色を混ぜた方が自然な眉に仕上がる
・ブラシの幅は細めに描ける方が使いやすい
・ブラシの毛量は密度高めだと、粉含みがよい
・ブラシの固さは固めの方が、パウダーを眉に絡ませやすい
・ブラシの柄は長めが描きやすい

 

「同じ粉を使ってもブラシ1つで仕上がりが変わってくる」という意見があまりにも多かったので、ブラシだけはこだわることにしました。

アディクションとセザンヌの「HIGH&LOWコンビ」!

色々考えた末、購入したのはこの2つ。

・アディクション「アイブロウブラシ」

・セザンヌ「パウダーアイブロウR」

です(^^)

アディクション「アイブロウブラシ」

私の眉メイクの大本命アイテム。

上で挙げたことを全部叶えているアイブロウブラシです!

自由自在の太さで描ける、優秀ブラシ

このブラシ、正面から見ると一見大きいようですが…

真横から見るとこの細さ!

伝わるかな…こう…

指でつまむと(何故つまむ?)こんな感じです。

薄さを伝えるのに必死な私w

 

とにかくすご~く平べったい!

 

幅広で薄いブラシだと何がいいのか。

実際にパウダーをブラシに含ませて腕に描いてみます。

角度を変えることで、色々な太さの線をかき分けることができるんです(^^)

 

つまり何が言いたいのかというと…

 

「これ一本あれば、なんとかなる!」ということです。←

セザンヌ「パウダーアイブロウR」

パウダーに関しては「色が複数あればいい」という条件の元で選んだので、今回は最低限の2色あるアイブロウパウダーを選んでみました。

(しばらく使ってたので、使用感たっぷりですみません。笑)

 

ちなみにこのパウダーには付属のチップが付いているのですが…

私は使わないので(使いこなせなかったのでw)、手放しました。

そしてチップが入っていたスペースは…

濃い色と

薄い色を取って

ここで混ぜ合わせつつ…

ブラシにパウダーをなじませるのに使っています(^^)

描き方

1.眉の中間から眉尻に線を描く(アンダーラインみたいな感じ)

2.眉尻と眉山をつなぐ

3.眉尻の形が決まったら、その線の内側をパウダーで埋める。(ブラシを左右に小刻みに動かして、パウダーが眉毛の根本に付くようにする)

 

これで終わり(^^)

使用するのはブラシだけなので、眉を描く工程が楽になりました♪

まだ残っているちふれのアイブロウペンシルは…?

まだ少し残っているアイブロウペンシルが手元にありましたが、現在私が使っているパウダーと色が微妙に合わなかったので、母に使ってもらうことになりました。

モノは使いやすかったのでまた使用する機会があるかもしれませんが、ひとまずは「今」フル活用してもらえる母の元へ手渡すことにしました(^^)

ありがとう、ちふれ!

 

スポンサーリンク

最後に

「あんなに謙遜してたアイブロウパウダー×ブラシの組み合わせだったけど、付属品じゃないブラシを使うだけで、こんなに簡単に描けるものだったんだ…!」

と、不器用な私、歓喜。笑

 

ブラシのお値段がちょっぴりお高め(3500円位)でしたが、思い切って試してみてよかったです♪

それに、ブラシは消耗品ではないので、今後はパウダー1つのみを管理すればよくなりました。

しかも、セザンヌのアイブロウパウダーは破格の450円…!

ちゃっかり節約出来そうな予感(^^)笑

このブラシはもともとメイク上手な方やプロの方が愛用していることで有名なブラシですが

不器用な私でも簡単に、それなりに見られる眉を描くことができたので、使いやすさはお墨付きですよ(^^)

 

え?

ぶきっちょのお墨付きなんて要らない?

…。

たしかに!w←

 

ということで今回はこの辺で!

ではではー(^^)ノシ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前:御山 宮(おやま みや)
東京都在住。1990年生まれ。

最近の興味:
Kindleで読書、通販、断捨離、低血圧と塩、干し梅、メイク、カモミールティー、100均、ウール、ほうじ茶ラテ。

私を一言でいうと?:
「低収入でいいから時間が欲しい人」
「アファンタジアの人」
「とても低血圧な人」