読んで満足した骨格診断の本や、使って満足したメガネの曇り止めなどを手放しました。

Ads by Google

ご訪問ありがとうございます。みや(御山宮)です。

最近またちょこちょこ手放したモノがあったので、今回はそれのまとめ記事です。

雑貨類はわりと高頻度で手放してるんですけど、久々に本も手放してみましたよー(^^)

Ads by Google

あしゆびパッド

キャンドゥで購入した足の指を開くためのパッド。

ペディキュアを塗る時に便利だったり、外反母趾とかで縮こまった指をぐわーっと広げてくれる健康グッズとして知られているこちらのアイテム。

…これ、たまにやりたくなって数年に一度位の頻度で購入しちゃうんですよね。笑

最初は「足の指を広げるのって気持ちいいし、これをはめるだけで健康になるならいいじゃん!楽ちんー!」なんて思いながら指にはめるんですが、私の場合、10〜15分はめただけでもう耐えられない…痛い!

忍耐力がない私はわりとすぐに外してしまうんですよねー…って、意味あるのそれ?

そんなこんなで使う頻度が下がってきてしまったため、ここらで一度手放そうと思いました。笑

「痛いの全然大丈夫!」という方はこのあしゆびパットはおすすめです。固めなので耐久性あるし、指も強制的に開いてくれますよ。笑

次は…健康サンダルでも買おうかな…。←全然懲りてないやつw

Ads by Google

シートマスク

ネットなどで評判がよくて購入した、クオリティファーストのシートマスク。

一度だけ使ったのですが、皮膚科に通い始めた頃くらいから全然使用してませんでした。

これを使用していた時期は、肌荒れを「足し算(普段のスキンケアにシートマスクを足すとか、美容液を足すとか)」でどうにかしようとしていたんですが…

ここ数ヶ月、猛勉強&試行錯誤した結果、自分にはやっぱり「引き算(クレンジングを辞めるとか、余計なものは塗らない)」に重点を置いたケアがいいんだと確信しました。

なので、このシートマスクが悪いとかではないんですが、手放すことにしました。

スキンケアにちっちゃな楽しみをくれてありがとう。

Ads by Google

水クレンジングシート

宿泊先や出先であると便利なクレンジングシート。

オイルフリーなのによく落ちるし、肌に低刺激な感じがするので、クレンジングシートを使うならこれ一択!というくらい気に入ってて、常にポーチに入れていたんですが…

「せっかくクレンジングを辞めると決めたんだし、徹底したいな」と思ったので、手放すことにしました。

ただ、これに関しては母が使いたいそうなので、捨てずに渡しました。

ベタつく使用感が嫌い&さっと拭ってメイク落としを済ませたい母は、普段から水クレンジングを使用しています。

「がっつりオイルクレンジングするほどのメイクはしない」、「別にクレンジング剤使っても良い」という方には使い勝手がいいと思いますよ(^^)

Ads by Google

メガネの曇り止めジェル

コンタクトが無い時や目の調子が悪い時に、職場にメガネをする時に必需品だった曇り止めジェル。

私のメガネは丸メガネなので、マスクをする時はこれがないと…吐く息を取り込みまくって面白いように曇る…!笑

「この曇り止めジェルがあると便利だし、メガネ出勤することでコンタクト代が浮くしいいじゃん!」…最初はそう思っていたんですが…

私の場合、職場にメガネで行くというのがデメリットだらけで、一切メガネで出勤しなくなりました。

・たくさん動き回る時にずり落ちて邪魔になる
・あちこち目配せする必要があるのに視界が狭くなる
・メガネだと職場の人に気づいてもらえない(笑)

メガネで職場の人に気づいてもらえないのは慣れの問題だと思うんですが、業務に支障が出るのはちょーっといただけない。ということは、メガネを職場で使わない…

そうすると、もう曇り止め使わなくなっちゃうんですよね…家でラーメン食べる時位かな重宝するのは

このままでは宝の持ち腐れなので、メルカリでドナドナしました。笑

普段ずっとメガネを使用している方でメガネが曇るのに困ってる方にはおすすめします。こちらはドラックストアなんかでも比較的売っているので手に入れやすいのもいいです(^^)

Ads by Google

本)本当に似合う服に出会える魔法のルール

「ムダな服は、もう買わない!」という言葉に惹かれて購入した、骨格診断とパーソナルカラーを組み合わせた最強のファッション本

私が購入した当初、この本はメルカリだかAmazonで値段が跳ね上がってた記憶があります。(私は近所の書店で定価で購入することが出来ましたが)

体の特徴によって似合う服の形や素材、柄やネックレスの長さまでわかるし、この本は骨格だけではなくパーソナルカラー診断もついているので、洋服の色選びからポイントメイクの色まで幅広く知ることができました。

洋服を「好きな傾向」ではなく、「似合う傾向」から選ぶというのが斬新で面白い!と思い、かなり読み込みました。

ちなみに、私が個人的に診断した結果は(多分)ウェーブタイプ ✕ サマータイプ。

ウェーブタイプなので、洋服選びの時はかっちりしたワイシャツやハイネックのものよりもクルーネックを買うことが増えました。

パンツを選ぶときも、だぼっとしたシルエットや硬い素材のものよりも柔らかくて細身のデザインを選ぶようになりました。

色選びも少し変わって、赤やベージュよりも、ちょっとくすんでいる色味や紫陽花のようなカラーを選ぶようになりました。

この本を読んだおかげで、効率よく洋服選びの選択肢を減らすことができて悩む時間が減りましたし、もともと持っていた手持ちの服も、結構な数を処分することができました。

「繰り返し読んで要点は抑えてるし、もう手放しても問題ないかな…」と思ったので、次の読み手さんの役に立つといいなーと、メルカリに出品。後日買い手が見つかり、無事手放すことができました(^^)

どのタイプか診断するのが難しいところではありますが、書いてある内容はかなり実用的なので、ファッションに興味がある方ならば一読の価値ありだと思います。

Ads by Google

最後に

モノを「最後まで責任を持って使い切る」ということは大事だとは思うんですが、私はモヤモヤしながら使うくらいなら、いっそ自分が満足した時点で手放すのはアリだと思います。

なんなら、使えるうちに次の人に循環させるというのも、一つの手だと思うんです。(メルカリで売るのもそうだし、周りの人に譲るのもそう)

「そんなにぽんぽん買ってぽんぽん手放したら、お金が勿体なくない?」と思うかもしれませんが、お金を支払うことで読んだ本の知識が、使ったモノの経験や喜びが、購入して失敗した時の反省から自分の中の基準が何かという学びが得られます。

生きる時間は限られているのに、お金が理由で経験や体験を諦めるのは、それこそ勿体無いような気がします。…「低所得の私がよく言ったもんだ」とは、我ながら思いますけど。笑

切り詰めたり何かを我慢しながらコツコツお金を貯めるより、(取り返しのつかないような大きな額でなければ)気になることにはどんどんお金を投資して、楽しみながら多くを経験していきたいなーと思う私なのでした。(好奇心で破産しないように気をつけますw)

ということで今回はこのへんで!

ではではー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました